BMXのブレーキがママチャリと反対の「右が後輪、左が前輪」の理由

それほど意識せずに乗っている人も多いと思いますが、買い物や通勤・通学などに便利なママチャリ電動自転車の多くは、右手のブレーキレバーが前輪左手のブレーキレバーが後輪と連動しています。

しかし、スポーツ走行に使われる自転車には、それが反対(右が後輪、左が前輪と連動)に設定されているものが少なくありません。

ダート(未舗装)コースを走るレース車両として誕生・発展したBMXもママチャリとは反対に設定されているものが多いのですが、そこには、アメリカの自転車文化の歴史が深く関わっているんです──。

そもそも、1900年代中盤までのアメリカ製の自転車は、後輪にしかブレーキがついていませんでした。

現在も一部のモデルには搭載されていますが、当時の自転車は「コースターブレーキ」というシステムを採用していました。ペダルを逆回転させることで制動力が発生する「コースターブレーキ」は、構造がシンプルでブレーキレバーやブレーキケーブルを必要とせず、ハンドルグリップを握ったままで減速&停止ができることから強い支持を集めていました。

しかし、自転車を使った“競技”が盛んにおこなわれるようになると、ブレーキには操作性の繊細さ高い制動性が求められるようになります。

そこで新たに開発されたのが、現在のママチャリなどに搭載されている、ブレーキレバーを握ることによってパッドがタイヤを挟み込み、高い制動力を得られるブレーキシステムだったのです。

指先の力加減でブレーキングの強弱を調整できる新システムは、競技用の自転車だけでなく、多くの街乗り用の車両にも採用されました。そして、利き手のほうが握力があり、繊細に動かせるという理由から、当時、後輪にしかついていなかったブレーキは、多くの人の利き手側である右に配置されることになったのです。

その後、さらなる安全性やスポーツ性能を求め、前輪にもブレーキを搭載することになるのですが......みなさん、もうお分かりですね。

BMXのブレーキがママチャリと異なり「右が後輪、左が前輪」の理由──。

それは「BMXはもともと後輪にしかブレーキがなく、新しいブレーキシステムが開発されたときに右手のブレーキレバーと後輪のブレーキを連動させたため、前輪のブレーキは左側につけるしかなかったから」なのです(笑)

......どうにも絞まらない理由ではありますが、小さいことを気にしないアメリカの国民性を考えると、妙に納得できてしまうエピソードだと思いませんか?

※上記、諸説あり。

Top image: © 2019 TABI LABO

関連する記事

2020年の東京オリンピック・パラリンピックが近づき、ますます注目度を上げている「BMX」。そんなBMXのブレーキレバーにまつわる疑問にお答えします。
2020年の東京オリンピック・パラリンピックの開催が近づき注目度が高まる「BMX」。その車両に装備された特殊なパーツの正体とは?
2020年の東京オリンピック・パラリンピックの追加種目に選ばれた「BMX」の「小さなタイヤ」の謎に迫ります。
タフな車体が自慢の「BMX」がサドルに壊れやすいプラスチック素材を採用している理由とは?
4月19日から、オーストラリアとニュージランド間を隔離措置なしで自由に移動できるようになると、ニュージランドのJacinda Ardern首相が発表した。
日本では日常の足として愛されている「ママチャリ」。そんなママチャリがアメリカで普及しないのには、こんな理由があったんです。
鏡が張り巡らされ万華鏡となった入り口を通ると、そこには昔懐かしのテレビゲームのような世界が広がっていた。このステージの攻略に挑戦したBMXライダーはクリス...
ミシガン州ポンティアックにあるシルバードームは、2002年までNFLのチーム、デトロイト・ライオンズのホームだった。様々なイベントが開催され、かつては毎週...
SF映画の金字塔「E.T.」の有名なシーンに、日本メーカー「KUWAHARA(クワハラ)」の自転車が起用された理由!
オフロードレースで選手がかぶっているヘルメットの「ひさし」の役目は「日除け」ではない?!
足けりバイク・キックスケーター・自転車の3つのモードで乗ることが可能な幼児用自転車「Kiccle」が、先週4月5日(月)から発売!
めまぐるしいインターネットの普及やオリンピック種目になるのではないかという話題から、熱い注目を浴びるようになった「eスポーツ」スポーツとして本格的にプレー...
アメカジファッションに欠かすことのできない「ワークシャツ」の丈(たけ)が長い理由って? そこには、野球やアメフトの「ユニフォーム」とも深い関係が!
本格アウトドアシーズンに向けて準備しておきたい「最高においしいビール」を飲むためのギア&グッズを厳選してご紹介! オシャレと実用性を兼ね備えた一品をぜひ!
ニュージーランドを拠点にする企業「Manta5」が水上をサイクリングできるバイク「HYDROFOILER XE-1」を開発。まったく新しいマリンスポーツギ...
クリエイティブエージェンシーAKQAのプロジェクトのひとつとして、AIが新たなスポーツ「Speedgate」を作り上げました。
昨今では電気で動く自転車、いわゆる「E-BIKE」がどんどん進化していて、性能が良いものも出てきています。ここで紹介する「UrbanX Electric ...
「Happy99」はソーシャルメディア上のみで存在するアメリカ発の「バーチャルファッションブランド」。新作発表もバーチャルで発表。バーチャルインフルエンサ...
2020年の東京オリンピック・パラリンピックにも採用されるスケートボード。謎に包まれたスケートボードの発祥をSFアドベンチャー映画「バック・トゥ・ザ・フュ...
大人の男性ならきっと誰もがもっている「ストライプのネクタイ」には、こんな意味と秘密があったのです。

おすすめ記事

2010年に建設が決定した台湾のサステイナブルなマンション「陶朱隠園(Tao Zhu Yin Yuan0」が、今年、ついに完成予定だ。約23000本の樹木...
1月4日、米「中央情報局(CIA)」の公式サイトが刷新され、現代風にアップデートされたロゴが公開された。どうやら若者へ向けた採用活動を大きく進めるためのリ...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
単体で存在するならば、何の変哲もないペーパーアート。しかし、それらを上手く風景と一体化させて、生命を吹き込んでしまうイギリス人が登場しました。ついつい最後...
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
単純に、「すごい」ってなるはず。
先日3日、米「Netflix」が新しいサービス「Fast Laughs」を発表した。公式アプリのひとつの機能として追加されたこのサービスは、「TikTok...
エドヴァルド・ムンクによる有名な絵画『叫び』のオリジナルバージョンには、左上に「狂人にしか描けない!」と鉛筆で書かれたメッセージが1904年に見つかってい...
NBAの「ロサンゼルス・レイカーズ」に所属している選手、アンソニー・デイビスが着用し話題となっていた「ナイキ」のサステイナブルな新作バスケットボールシュー...