廃墟化したスタジアム 思い出と踊る「BMX」

ミシガン州ポンティアックにあるシルバードームは、2002年までNFLのチーム、デトロイト・ライオンズのホームだった。

様々なイベントが開催され、かつては毎週末に8万人もの人々が訪れ熱狂していたが、郊外という立地の悪さもありチームの移転が決定。後に売却されることが決まった。

その後、放置されて廃墟と化したスタジアムを、巨大なBMXのステージにしてしまったのは、デトロイトで育ったTyler Fernengel。2012年に16歳でプロになったライダーだ。

小さいころからBMXやモトクロスに触れ、このドームで行われていた大会に毎年出場していた。そんな思い入れの強い場所で、彼が磨いてきた技術を披露した。

85singo_P-20150606-00043_HiRes JPEG 24bit RGBRyan Fudger / Red Bull Content Pool

85singo_P-20150606-00046_HiRes JPEG 24bit RGBRyan Fudger / Red Bull Content Pool

85singo_P-20150606-00008_HiRes JPEG 24bit RGBJoe Gall/Red Bull Content Pool

85singo_P-20150606-00010_HiRes JPEG 24bit RGBJoe Gall/Red Bull Content Pool

85singo_red bull 5Ryan Fudger / Red Bull Content Pool

85singo_P-20150606-00044_HiRes JPEG 24bit RGBRyan Fudger / Red Bull Content Pool

85singo_P-20150606-00015_HiRes JPEG 24bit RGBJoe Gall/Red Bull Content Pool

85singo_red bull 16Joe Gall/Red Bull Content Pool

85singo_P-20150606-00003_HiRes JPEG 24bit RGBJoe Gall/Red Bull Content Pool   

85singo_P-20150606-00041_HiRes JPEG 24bit RGBRyan Fudger / Red Bull Content Pool

85singo_P-20150606-00047_HiRes JPEG 24bit RGBRyan Fudger / Red Bull Content Pool

85singo_red bull 10Ryan Fudger / Red Bull Content Pool

85singo_P-20150606-00039_HiRes JPEG 24bit RGBRyan Fudger / Red Bull Content Pool

彼が最後にシルバードームを訪れたのは9年以上前のこと。Red Bullのインタビューでこんなことを語っている。

「撮影でスタジアムをを見ていたら、いろんな記憶が蘇ってきたよ。最初にここに来たのは3歳の時だ。モトクロスをやり始めた時で、父親や他の子どもと一緒にあそこに座ってたなとか、あそこにはレース用のトラックがあったなとか。全部いい思い出だ。フィールドに降りた時の感覚は、異常だったよ。昔の面影なんて全然ない。まるで戦場みたいだった」

撮影では何度も失敗し、体に青あざを沢山つくった。トリックを決める秘訣は?答えは単純明快だった。

「ちょっと休んでから、アドレナリンでカバーしてもう一度トライする。そのうち"どうしてもやらなきゃ"って思うようになるんだ。そして、もう一度ハンドルを握る」

その他の詳細はコチラから。

Top Photo by Ryan Fudger / Red Bull Content Pool
Reference:Red Bull(YouTube) , Red Bull(Interview)
Licensed material used with permission by Red Bull Content Pool

2020年の東京オリンピック・パラリンピックが近づき、ますます注目度を上げている「BMX」。そんなBMXのブレーキレバーにまつわる疑問にお答えします。
2020年の東京オリンピック・パラリンピックの追加種目に選ばれた「BMX」の「小さなタイヤ」の謎に迫ります。
タフな車体が自慢の「BMX」がサドルに壊れやすいプラスチック素材を採用している理由とは?
2020年の東京オリンピック・パラリンピックの開催が近づき注目度が高まる「BMX」。その車両に装備された特殊なパーツの正体とは?
「リーボック」から今月20日(木)に発売された「DAILYFIT」は、一日中アクティブに動き続けることを可能にするウォーキング用シューズ。
2020年の東京オリンピック・パラリンピックに採用が決定したBMX。その車両のブレーキがママチャリとは反対の「右が後輪、左が前輪」の理由とは?
鏡が張り巡らされ万華鏡となった入り口を通ると、そこには昔懐かしのテレビゲームのような世界が広がっていた。このステージの攻略に挑戦したBMXライダーはクリス...
世界およそ50カ国以上、学生たちが3人一組(計165チーム)で8日間ヨーロッパを旅する。ただし、持っていけるのは最低限の荷物とレッドブルのみ。所持金ゼロ、...
若者たちで連日賑わう遊び場「Szimpla Kert(シンプルケルト)」は、ジドー・ネジェドというユダヤ人街にある廃墟バー。廃墟となって放置されていた集合...
「YouTube」が2020 年の「国内トップトレンド動画ランキング」(音楽を除く)を発表。
今やミルクは選ぶ時代。植物性ミルクを自宅で作って楽しむ。毎朝の新習慣にいかがですか?
YouTubeで受けられる「無料オンラインヨガ」3つを紹介。NIKE、のがちゃんねる、ブスの美ボディメイクのYouTubeアカウントから配信されている無料...
マウンテンバイクを使ったダウンヒルレース「Red Bull Holy Ride」は、今年2017年で6回目で、これまでにも京都の石清水八幡宮や、愛媛の石鎚...
廃墟のもつ“美しさ”に注目し、見ているだけで廃墟のイメージが180度“変わる”写真展「変わる廃墟展 2020」が、3月6日より東京・浅草橋のギャラリー「T...
10月22日(日)から、東京・渋谷で実に1ヵ月にわたって「RED BULL MUSIC FESTIVAL 2017」が開催される。まだその全貌は明らかにさ...
川崎フロンターレのホームスタジアムには、待ち時間ゼロの飲食注文サービス「ダイニー」が導入されているんです。
冬にはマイナス20℃にも達するという極寒地域の韓国・ソウル。そんな土地で話題になっているのがあったか銅マスク「StarMASK」。速暖性、抗菌、消臭とイイ...
Bluetoothを活用した電子銘板システム「お守り de お墓参り」は、共同墓でも参拝者に合わせて表示名を変えてくれる。
アフリカ大陸南部の国ナミビアには、ゴーストタウンと化したコールマンスコップという場所がある。
クリエイティブエージェンシーAKQAのプロジェクトのひとつとして、AIが新たなスポーツ「Speedgate」を作り上げました。
めまぐるしいインターネットの普及やオリンピック種目になるのではないかという話題から、熱い注目を浴びるようになった「eスポーツ」スポーツとして本格的にプレー...
FCバーゼルのホームスタジアム「ザンクト・ヤコブ・パルク」は、世界中のスタジアムのなかでも異色の存在です。
オフロードレースで選手がかぶっているヘルメットの「ひさし」の役目は「日除け」ではない?!
現在、英プレミアリーグの強豪トッテナム・ホットスパーFCが建設中の新スタジアムについてです。