人生で大切なことって?アルツハイマー患者が「絶対に忘れたくない」思い出を語る

認知症の一種である「アルツハイマー病」は、記憶や思考力が徐々に失われ、最終的には日常生活に必要な作業すら困難になっていく病気。

私たちが忘れられない瞬間、忘れたくない瞬間も、彼らにとっては、「次第に忘れていく瞬間」となってしまいます。そんなアルツハイマーの人たちへのインタビューから見えてきた、人生において「大切なこと」とは?

Q.一番古い思い出は?

Ae7c99bf06f8ee5e80ed39009112bd3067a68fb5

「人生で一番最初の思い出は?」と聞いてみると、それぞれからいろいろな話が出てきます。

「小さいころ大雨が降っていて水たまりに夢中になった」

「4歳のときに暑いコスタリカにいて、小川があったかな」

そしてひとりの男性はこう言います。

「当時はそれが僕の世界だった。でも、これ以上は思い出せないんだ」

Q.一番最近の記憶は?

116c3a16e46316fd31a3534e723b9315fa129a6b

次に、一番新しい記憶を聞いてみると、はっきりと答えることができず、女性は悲しそうに目を伏せます。

「すぐには思い出せないわ。アルツハイマーだもの…」

125ff4d365772c7643cb049fdabf035aa47fd43c

こちらの男性は、「今朝どこかに行った」という話をしようとしますが、途中で

「どこに行ったんだっけ?このインタビューが始まる前、何をしていたんだ?思い出せないよ」

Q.人生で一番
悲しかった思い出は?

461e2e7ac42f7272e13be6bf1f5c343fcfc97ddd

悲しい思い出を聞かれて、男性は愛する父を亡くしたときのことを語ります。

「父のことを本当に愛していたんだ。乗り越えるのは本当に大変だった。父が亡くなる時、ベッドサイドで手を握っていたよ」

522ad8901cb8a200207b007793ee0a356b8a539a

「娘が日曜日に電話してきたの。それで、私は明日掛け直すねって言ったんだけど、できなかったの。娘は自殺したのよ」

忘れたいと願ってしまうほど、つらく悲しい思い出。でも、もしも本当に忘れてしまうとしたら……?そう考えると「悲しかった思い出」ですら、彼らにとって大切なものなのかもしれません。

Q.一番忘れたくない
思い出は?

Fa8e9223e00d1cdd1190a153364fc466ccc0471f

お子さんを自殺で亡くしたという先ほどの女性、ここでもやっぱりこう答えます。

「子供のことよ」

722d4fc3621fae90c0a53146ea2e36961672c673

こちらの男性が忘れたくないことは、結婚式の思い出。

「妻との結婚式のことは、永遠に忘れたくない。お互いに見つめあってたんだ。その思い出は、できるだけ長く抱きしめていたいよ」

「忘れたくない、
覚えていたい」

「大切なことを、忘れたくない」「家族のことを、覚えていたい」。

当たり前とも言えるようなことが失われていくのが、アルツハイマー患者の苦悩。

いつか突然、当たり前だと思っていたことができなくなる日が来るのかもしれません。今日はいつもより少しだけ、人生の大切な思い出や家族について考える時間を作ってみては?

Licensed material used with permission by Cut
アルツハイマー病を患うおばあちゃんをもつ少女が開発した、あるアプリの話。
狭い車の中で熱唱する、このイギリス人親子。カーステレオのボリュームをひねり、大音量で歌い続けるのには、ある訳がありました。この車中カラオケは、「父の記憶」...
認知症を発症させた母親との日々。それを赤裸々にYouTubeで発信しているのは、息子のJoeyさん。「Mother and Son's Journey w...
画家でもありフォトグラファーでもあるTony Lucianiさんは、母Eliaさんの写真を撮り続けます。そのきっかけは、「認知症」が関係していました。
9月27日のアイルランド・ダブリン空港では、驚くべきことをした男性がいました。
FCバーゼルのホームスタジアム「ザンクト・ヤコブ・パルク」は、世界中のスタジアムのなかでも異色の存在です。
厚労省の発表によれば2012年時点での認知症患者数は、全国でおよそ462万人。2025年には65歳以上の高齢者、5人に1人が認知症になるとの予測がある。こ...
2014年世界保健機関(WHO)が発表した男女別の平均寿命ランキングで、スイスは男性2位、女性3位の結果。欧州でも、少子高齢化が進む国のひとつです。高齢者...
持っているから「思い出」なのか? 失ってしまうから「思い出」なのか?
記憶と五感を結びつけると、最初になくなるのは「聴覚に残された記憶」からだってよく言われている。そして、一番記憶に残りやすいのは「匂い」。今日みんなに聞いて...
これ、何がスゴいかって、動画を印刷できるんです。だから、『ハリー・ポッター』で見たような“魔法の写真”を手に入れることができます。
スマホに保存したり、財布の中にしまっていたり、自分にとっての大切な写真は常に持ち歩きたい。そうすることで、いつも大好きな人たちとの思い出にひたることができ...
アルツハイマーになる可能性があると医者に診断されたおばあちゃんは、これまで辛いことが多かった人生を楽しもうと決意。孫の力をかりて、世界中を旅行し写真や動画...
愛する人を失った悲しみの中にいる、すべての人たちへ。
この動画の主人公95歳の元ピアニストは、認知症を患い介護施設での生活を続けています。「もう一度ピアノを弾かせたい」介護スタッフの働きかけに、イギリス全土か...
建設コストや温室効果ガスの排出量を減らすことにも成功しています。
9歳の時から写真を撮りはじめたフォトグラファーのNicole Magnoliaさん。生まれつき視力が極端に悪く、彼女が生きてきた世界はいつもぼやけていたそ...
アーティストのフェデリコ・バビーナさんが公開した「Archiatric」という新しいプロジェクト。これは、心配性やうつ症状などの心の病気を、それぞれ異なっ...
ずっと一緒にいると、忘れがちなパートナーへの想い。心の奥にある「キモチ」に気づくのは、もしかしたら2人の間に大きなトラブルや壁が立ちはだかった時なのかもし...
よみがえってくるのは。
「天使のようなかわいさ」とか言いますけど、まさにその通り!でも子どもの成長は早く、どんどん新しい表情に移り変わっていきます。スクスクと大きくなっていく姿も...
コロンビア大学がプロテインの働きを抑制することで特定の記憶のみを削除する薬を開発、動物実験で成功したという。PTSD患者の治療などを目的に記憶の編集・消去...
ついつい持ち忘れてしまいがちな、スマホの充電器。仕事先や旅行先に忘れてしまって、地味に痛い出費に悔しい思いをしながら新しいバッテリーを購入するのは、うっか...
何らかの精神的理由から、食事をとれなくなってしまう「拒食症」。「Me and My ED(私と私の拒食症)」は、そんな病に苦しむ患者たちの“心の声”をイラ...