仕事のミスをなくす。「絶対に忘れない」テクニック

上司からの頼まれごとを失念する…、書類をどこに置いたか忘れてしまう…。どうして自分はメモリーミス(忘れてしまう)をしてしまうのか?原因を探って対策をしたくても、具体的にどうしたらいいのか分からない、というビジネスパーソンも多いはず。

宇都出雅巳さんの著書『仕事のミスが絶対なくなる頭の使い方』では、そもそも人間の脳自体がメモリーミスを犯しやすいメカニズムになっているので、それに合わせた対策が必要だ、と訴えています。「忘れやすい自分」とおさらばするには?

物忘れの主犯格
「ワーキングメモリ」って?

記憶についての研究が各所で進み、「ワーキングメモリ」という記憶回路が、覚えた直後に忘れてしまう原因だと分かってきました。

ワーキングメモリとは、脳のメモ帳のようなもので、情報を長期間にわたって貯蔵する「長期記憶」とは異なり、何かの目的のために一時的に貯蔵される記憶領域のことです。ワーキングメモリの容量はとても小さく、新しい情報が入ってくると、古い情報がはじき出され、その瞬間に忘れてしまいます。

 「これは大事だから覚えておこう」と注意を向け、情報をつかみ続けることは可能です。例えば「高橋工業、高橋工業、忘れるな自分!」とつぶやき続ければ忘れることはないでしょう。しかし、職場ではひっきりなしに新しい情報が入ってきます。いくら注意をしていても、不意に新しい情報が入ってくると脳は新しい情報に注意を向け、古い情報である「高橋工業」をパッと手放してしまうのです。

第一歩は、まず「今は覚えている感覚がしっかりあるけれど、この記憶を放したら忘れてしまう」と、ワーキングメモリの特性を認識することが大切です。

メモに残せば
ワーキングメモリを解放できる

よく成功者の体験談で、ふと思いついたアイデアを、紙ナプキンに殴り書きした…といった話が出てきます。たとえ紙ナプキンであっても、それを書いて残しておくかどうかは、大きな分かれ道になります。「人の記憶力は頼りないのだから、ムダな抵抗はやめなさい」という先達の教訓もあるほど、人の記憶はあてにならないのです。

メモは、物事を忘れないようにするための記憶補助ツールです。メモをとる習慣がない人からすれば、メモ自体がバカらしく、その手間を省いて作業の効率をアップしている気になっているかもしれません。しかし、メモに書かず頭で覚えようとすることのほうが、ワーキングメモリのムダづかいで、仕事に対する非効率化の原因になっているのです。

ワーキングメモリは短期的に記憶を保存するだけではありません。作業台の役割もしているので、覚えておかないといけない量が増えれば増えるほど狭くなり、複雑な情報の処理ができない状態になります。その点、メモに書き残せば、即座にワーキングメモリを解放できるので、仕事の精度やスピードはアップします。

とは言っても、相手の言葉を一語一句メモするのは時間のムダです。書くことにばかりに気を取られてワーキングメモリを消費してしまうので、肝心な話の中身を受け止められなくなります。メモは「記憶のフック」として機能すれば十分です。脳のメカニズム上、ひとことでもメモに書いておけば、よほど情報が多いか時間が経つかしなければ、芋づる式に情報が引き出せます。メモのとり方などは気にせず、習慣化してみましょう。

場所とイメージで
覚える「場所法」って?

メモの他にも、物事を記憶する方法はあります。例えば、場所とイメージの活用。人間は、あまたある情報のなかでも、場所とイメージに関する記憶を非常に得意としています。それらを活用した記憶術を「場所法」と言い、これは何かを短時間で覚えたいときに便利な手法です。

場所法 3つのステップ

1. 記憶する場所を決める。
2. 記憶したい項目をイメージに変換する。
3. 1.で決めた場所に2.で変換したイメージを置く。

記憶する場所は、あなたが歩きなれた道がいいでしょう。例えば自宅から最寄駅の駅、バス停、コンビニなどへの道。とりあえず自宅の玄関からはじめて、数個の場所を思い出してみてください。

記憶する場所を
自宅マンションの玄関→集合ポスト→マンション前の駐車場→ゴール
とします。

次に記憶したい項目を
「発注先にメール」「上司に仕事の報告」「会議用の資料作成」

これを記憶したい場所に置いていくと、
・自宅マンションの玄関で発注先へメール
・集合ポストでハガキを見ながら、上司へ仕事の報告
・駐車場の車の中で資料作成

と、このようになります。

単にイメージをその場所に置くだけでもいいですが、状況を面白おかしくしてインパクトを出すと、さらに覚えやすくなります。バカバカしく感じられるかもしれませんが、これは記憶力を競う競技でも多くの参加者が実践しているテクニックです。覚えたいことがあるときは、ぜひ実践してみてください。

仕事を進めるうえで、アテンションミス(注意に関するミス)は防ぎたいもの。たとえば、証券会社の営業担当が、数字の入力をミスしただけで数百万~数億円の損害をも...
世にある大半の仕事は、一人でできるものではありません。とくに近年のビジネスでは、コミュニケーションの重要性がますます高まっています。それと比例するように、...
「ジャッジメントミス」という言葉をご存知でしょうか?判断を要する場面で、情報や経験の不足、思い込みなどによって判断ミスを犯してしまうことです。ジャッジメン...
脳は生きる上での「司令塔」のような役割を担っています。その司令塔が疲弊していては、最高のパフォーマンスは発揮できないでしょう。脳科学者・茂木健一郎さんは、...
インド・コルカタ発ムンバイ行きのJet Airwaysの機内で、事件は起きました。
心温まる動画をご紹介。
全米規模で行われる伝統的なミスコンの「ミス・アメリカ」が現地時間9月10日に開催されました。そこで候補者のテキサス代表のMargana Woodさんがイン...
『進む、書籍PR!たくさんの人に読んでほしい本があります』著:奥村知花(PHP研究所)をご紹介。
茂木さんの著書『脳を使った休息術』(総合法令出版)は、そのタイトル通り、「いかに脳を休ませるか」について書かれた本。こちらは、今までとは少し趣向が違うこと...
カナダのマウント・セント・ヴィンセント大学が、人間の記憶力にまつわる興味深い研究を発表した。カードの場所を覚える「神経衰弱」をふたつのグループで行い、その...
AirbnbのデザインスタジオSamaraの新プロジェクト「Backyard」。変わりゆく家の所有者や宿泊者のニーズを調査するため、様々なスタイルの家のプ...
考えてみれば、仕事と同じくプライベートでもメモは必要で、なんとなくそれ専用のツールって持ってなかった。
「wemo Ⅱ」は、携帯ケース型のメモ。必要なことを裏にすぐ書き留めておくことができます。ボールペンで書いても消しゴムで消して何度でも使えるから大丈夫!
2015年ミス・アイスランドに選ばれたArnaさんは、2016年、ラスベガスで開催されるミス・グランド・インターナショナルに、国の代表として参加していまし...
同僚や上司、取引先など、周りにいると迷惑な「仕事ができない人」。よく注目してみてみると、仕事ができない人には精神面や考え方、行動などに共通の特徴があること...
一見缶ビールや缶スープのように見える、「Soup Socks(スープ・ソックス)」&「Soup Socks(スープ・ソックス)」。いつもお世話になっている...
仕事を一生懸命することは大切です。しかしそれだけでは、仕事のスキルは上がっても、思考力を成長させることは難しいでしょう。仕事をしつつも合間に脳を鍛えること...
仕事やプライベートで逆境に遭遇したとき、「折れない心をもった人」と「心が折れてしまう人」がいます。特にビジネスにおいては、折れない心は「仕事がデキる人」と...
テレビや新聞など、様々なメディアで活躍しながらも、なかなか表舞台に立つことのない「法廷画家」が語った、世間を騒がせた事件と裁判の真実、そして仕事について。
「wemo」は、手首に巻きつけて使える、シリコン素材の「身につけられるメモ」。油性ボールペンで書き込めて、指や消しゴムで消して繰り返し使用できます。「私は...
仕事で伸び悩む時期は誰にでもやってくるもの。ただし、その壁を乗り越えられるかどうかはその人の行動次第。見事にブレイクスルーを果たしてさらなる成長を遂げる人...
テレビや新聞など、様々なメディアで活躍しながらも、なかなか表舞台に立つことのない「法廷画家」が語った、世間を騒がせた事件と裁判の真実、そして仕事について。
記憶と五感を結びつけると、最初になくなるのは「聴覚に残された記憶」からだってよく言われている。そして、一番記憶に残りやすいのは「匂い」。今日みんなに聞いて...
人はなぜ、間違えて記憶してしまうことがあるのでしょうか。例えば、デートの時に相手がかぶっていた帽子の色が思い出せなかったり、交通事故の証言が人それぞれ食い...