大きな判断ミスにつながる「4つの感情」ってなに?

「感情」は誰もが持っているもの。でもその感情に振り回されてしまうと、人生を台無しにしてしまうことだってあります。特に何かを判断したり、意思決定をしたりするときは、感情的になっていないかどうか、一度冷静になってみましょう。

13 Things Mentally Strong People Do」の著者Amy Morinは、感情が判断を鈍らせてしまう4つの理由について、以下のようにまとめています。

01.
「興奮」している時は
成功を信じてしまいがち

人は興奮していると前へ前へと猛進していくものです。そうなると、進む先に潜む危険に気づきにくくなり、成功のチャンスを過大に意識してしまいます。

例えば、カジノは眩しいほどの照明の中で大きな音がずっと鳴り響いています。これは客を興奮させて、どんどんお金を使わせるという狙いがあるのです。

自信がある大きな決断をするときほど興奮して進めてしまいがちですが、本当にその先にリスクがないか、落ち着いてもう一度確認するようにしましょう。

02.
ひとつの「不安」は
他へ伝染する

プライベートなことで悩みがあると、それは仕事での意思決定にも影響してきます。「プライベートはプライベート、仕事は仕事」と分けておくことはなかなかできないものです。

不安になると、新しいことや変化を拒むようになります。うまく決断もできなくなるでしょう。

もしプライベートか仕事のどちらかでこういった症状があったら、もう片方の不安に伝染していないかをチェックしてみてください。

03.
強い「悲しみ」は
目標設定を下げてしまう

人は悲しい気持ちになっているとき、目標を低く設定してしまいます。

「気持ちと自信の関係」を調べるために行われた実験によると、被験者に模擬的に「商売」をしてもらったところ、悲しみを感じている人ほど、ものを安く売ってしまう傾向にあったそうです。

悲しいときは、低めにゴールを設定して気持ちを上向きにしたいのが人の常。でも、一時の感情でせっかくの可能性を潰してしまっているとしたらもったいないですよね。もしどうしても悲しみが拭いきれないときは、強気が求められるような仕事をいったん避けるようにしましょう。

04.
「怒り」に支配されると
短絡的に決断してしまう

怒っているときは気が短くなっているため、きちんと検討しないまま物事を決めてしまいがち。

「怒り」は、とても原始的な感情です。これは、人間がまだ野生に暮らしていた頃、素早く身を守るために生まれたものと考えられています。しかし現代社会では、じっくりと考えて決断をしたほうがいい結果になることがほとんどでしょう。

自分が「怒りを感じているな」と思ったら、すぐに行動しようとせず、まずは深呼吸をして、心の中で10数えてください。一旦気持ちが落ち着けば、あとは冷静に対処することができるようになるはずです。

Licensed material used with permission by Amy Morin,LCSW
「ジャッジメントミス」という言葉をご存知でしょうか?判断を要する場面で、情報や経験の不足、思い込みなどによって判断ミスを犯してしまうことです。ジャッジメン...
2017年9月に論文を公表したのは、カルフォルニア大学のAlan S.Cowenさん。神経科学の分野で、機械学習を学んでいる大学院生だ。彼によると、人間の...
全米規模で行われる伝統的なミスコンの「ミス・アメリカ」が現地時間9月10日に開催されました。そこで候補者のテキサス代表のMargana Woodさんがイン...
「感情なんて、あっても邪魔なだけ。必要ないよ!」と思う人もいるかもしれませんが、ネガティブな感情も、全ての「感情」は生きるために大事な役割を果たしています...
「コロナ災禍下も日本橋から日本を元気にしよう」と、日本橋を代表する老舗店舗が一堂に会したオンラインストア「江戸東京一」がオープン。
仕事を進めるうえで、アテンションミス(注意に関するミス)は防ぎたいもの。たとえば、証券会社の営業担当が、数字の入力をミスしただけで数百万~数億円の損害をも...
できるだけ記憶が鮮明なうちに。
コミュニケーションでは、目に見てわかる感情と本人が実際に感じている感情が違う時、相手に思いを伝えられずに話がこじれたりすることがある。そんな時、エモーショ...
不安を感じやすいって悩んでいる人がいるのなら、「Asap Science」の動画を見て欲しい。見たからって決して解消されるワケじゃないのだけど、なぜ不安に...
機能性に加えて“快適性”をコンセプトにした新素材「GORE-TEX INFINIUM™」を採用したアディダス不朽の名作「スタンスミス」。
先日提供が開始された「VUniverse」は多数のストリーミングサイトを統合したプラットフォームアプリ。このアプリ使えば、あなたが視聴可能なすべての選択肢...
「Higher Perspective」で、繊細で敏感な人が知っておきたい4つのことが紹介されています。繊細であるということは弱いと思われがちですが、さま...
今日もイライラ、していませんか?ときには怒りがピークに達して、相手を怒鳴りつけてしまうこともあるかもしれません。一方で、いつも冷静で穏やかな性格の人もいま...
悲しみは誰もが上手く処理できる感情ではありません。私達は、自分の中に溜め込み、傷つき、表面では平気な振りをしてしまいます。しかし、それよりも確実に良い方法...
8月1日、首都カラカスで開催された南米ベネズエラのミスコンテスト「Miss Venezuela 2019(ミス・ベネズエラ2019)」。今回、出場者はスリ...
2019年のCESでアイシン精機が初公開した「i-mobility TYPE-C」。ドライバーの感情を読み取る技術が搭載されていて、気が立っていたら座席が...
米アニメスタジオ「ピクサー」が、ゲイカップルを主役としたアニメーション短編作品『Out(アウト)』を公開。「ピクサー」史上初となる“LGBTQを主人公にし...
今もっともオモシロいストリップクラブは「Lucky Devil Lounge」だ。少し前はダンサーが料理を届ける「Lucky Devil Eats」で話題...
最近、怒ったこと、怒りを覚えたことってどんなことでしょう? 次に書かれた出来事がもし起こったら、どのくらい怒りに燃えるか、0〜10の11段階で点数をつけ...
みなさん、ベンのトピックスにおかえりなさい!僕は一度だけミス・コンテストを見たことがありますが、コンテンストについて正直よくわかりません。女性を外見だけで...
上司からの頼まれごとを失念する…、書類をどこに置いたか忘れてしまう…。どうして自分はメモリーミス(忘れてしまう)をしてしまうのか?原因を探って対策をしたく...
「ネガティブな思考が生まれることを止めることはできません…。しかし、感情をコントロールすることで、嫌な気持ちは片付けられます!」そう語るのは、メンタルコン...
毎日生きていると、楽しいときもあれば、悲しいときもある。そんなとき、マイナスな感情を表に出すのはちょっと…と思いがちですが「そんなときこそ、潔く泣いてしま...
人は感情的になると相手を傷つけたり、それがきっかけで信頼を失ってしまったり、いいことなんてありません。だからこそ「Elite Daily」のライター、Pa...