「小さな成功は大きな成功につながる」は本当だった

生きているうちにどうしても叶えたいことはありますか?富や名声に関係することでなくとも、あなたが望むことなら何でもいいのです。

それを手に入れることを、ここでは「成功」と呼ぶとします。

成功へ向けて無心に努力できたらいいのかもしれませんが、「どうしたらいいのだろう…」と自己啓発本などを読み漁ったりする人もいるのでは?ヒントを得ようとしただけなのに、様々な意見を目にしすぎて、結局どうしたら良いかがわからなくなってしまったり。

そんな人にはぜひ紹介したい、あるメーガン・マークルのスピーチがあります。彼女の言葉に、大切なことをハッと気づかされた気持ちになると思うのです。

11歳の時に経験した、
「小さな成功」。

その言葉とは、2015年の「国際女性デー」に彼女がおこなったスピーチの中にあります。

スピーチで彼女は、子どもの時にテレビで流れていたある洗剤のCMについて語りました。CMは、「全米中の女性が油まみれの鍋やフライパンと戦っている」というメッセージを発信するものでした。

彼女が学校へ行くと、それを見たクラスの男の子に「そうだ女の人はキッチンにいるべきなんだぞ」と言われてショックを受けたといいます。

家に帰って、彼女は父親に相談しました。そこでもらったアドバイスは、手紙を書いて自分の気持ちを伝えるというもの。

当時11歳だったメーガンは、CM洗剤の会社と頭の中で思い浮かべたある3人の女性に手紙を送ることにしたそうです。そこには当時ファーストレディーだった、ヒラリー・クリントンも含まれていました。

驚きなのは、手紙を送った3人の女性全員から返事が返ってきたということです。さらに言うと、CM洗剤の会社はその後、「全米中の女性」から「全米中の人々」にCM内のメッセージを変更したというのです。

当時を振り返り、彼女はこのように話しました。

「私はその時、自分の行動の重大さについて気づいたのです。11歳にして、男女の平等に対して立ち上がることで、小さいけれどもインパクトを与えることができました」

先にも述べたように、このスピーチは2015年のものだけれど、11月にメーガンとヘンリー王子の婚約が発表されたことがきっかけで拡散したものです。

ここで注目したいのは、メーガンがとった行動。

父親からアドバイスをもらった時に、それに従わないこともできたはず。けれど、彼女は手紙を書き、影響力があると信じた女性たちへ送るという行動にでました。11歳の子どもに力はなくとも、結果、彼女の声はしかるべき人たちにしっかり届いたのです。

その後のメーガンの人生は、女優として活躍したりなど、ご存知のとおり。けれど、こうして20年以上たった後も、胸を張って人前で語れるこの「小さな成功」は、何者でもなかった彼女にとって、揺るぎない自信につながったのではないでしょうか。

仮に、3人の女性からの返事やCMに変化がなかったとしても、当時の彼女にはそれほど“ダメージ”はなかったはず。

初めから大きな成功にめがけて突進していたら、失敗した時のダメージは大きいかもしれません。でも小さな成功であれば、仮にうまくいかなかったとしても、きっと何度もトライすることができそうですしね。

Reference:WHAT WE SEEE
成功の定義は人それぞれあるかもしれません。だけど、「成功した人」は何がそうさせたのでしょうか。ここでは、成功と失敗に対する考え方を変えることで、自殺率が下...
成功者は何をして成功しているのだろう?そんな疑問に答えてくれる「成功している人が行っていること」のリスト。当たり前のことから、そうなんだと頷く事まで自分が...
成功は、運の良い人のところにある日突然パッとやってくるものではありません。成功する人は、運を引き寄せるような生き方をしているのです。アメリカのビジネス情報...
コンサルティング会社に勤め、のべ3,000人以上の成功者を近くで見てきたそう。世で成功をつかんできた人たちの多くは、占い師との交流があったと言います。間接...
世間では今、“ルビー“のような赤きピンクのカラーが特徴の「ルビーチョコレート」が話題。色による新しい楽しさもあって、カワイイ!食べたい!誰かにあげたい!そ...