大きな成功をもたらす秘訣は、19の小さな習慣にあった

成功は、運の良い人のところにある日突然パッとやってくるものではありません。成功する人は、運を引き寄せるような生き方をしているのです。アメリカのビジネス情報サイト「Inc.」では、Nicolas Cole氏が「成功する人の習慣」をまとめていました。

01.
有言実行を貫く

E73404e033b3b4171773c5618ba61118cd2c72f4

言うだけなら誰にでもできます。まずはとにかくやってみる「行動力」こそが成功の秘訣。

02.
日記をつけて
毎日を振り返る

どんなに短くてもかまいません。1行でも数行でも、その日1日を振り返る習慣をつけることが大切です。あとで見返したときに、自分が目標と比べてどの段階にいるのか、把握しやすくなります。

03.
ウソをつかない

398763d974d277a89c1aea18eabf461dd2b9cce7

一度ウソをついてしまったら、絶対にひとつでは終わりません。必ずそのあともウソを重ねることになります。ウソはウソを呼び、最後にはすべての信用を失う結果になってしまうのです。

04.
絶対に友だちと
会う時間をつくる

「友情」は、お金に変えられない最もかけがえのないもののひとつです。どんなに社会的に成功していても、友達がいなければ空しいだけ。

05.
「忙しい」を理由に
趣味をやめない

もし趣味があるならば、たとえ仕事が忙しくなっても続けましょう。音楽や手芸、日曜大工など、どんなにちょっとしたことでも、続けていればいつかそれは特別なものになります。

06.
習慣的に運動をする

1c5e10ecae0ac7281165bbf662d1d4f477b58474

少しでも、定期的に運動する習慣をつけることが大切です。適度な運動は健康面にもスタイルにも良い影響を与えてくれます。元気にはつらつとしている人のほうが、人からの信頼も勝ち取りやすくなるもの。

07.
お手本にしたい人と
友だちになる

人は、近くにいる人から自然と影響を受けてしまうものです。「こうなりたい」という人の近くにいれば、自分もそうなれる可能性が高くなります「こうはなりたくない…」という人からは、離れる勇気も大切です。

08.
本を手にとる

昔から言われていることですが、読書をすることは人生にとって重要なファクターです。知識や経験、共感する心、様々な視点から物事を見る能力など、どんな本からでも多くのことを得ることができます。

09.
目標を設定するだけでなく
達成するための計画を立てる

ただ理想を思い描くだけでは成功できません。目標達成のために、次の3か月にしなければいけないことをリストアップし、具体的なスケジュールを立てましょう。実際に計画を立て、行動することが大切なのです。

10.
絶対に
ひとりで食事しない

8d15f70a8a72714437658e124c2e956b02c79799

食事は必ず、誰かと一緒にするようにしましょう。だいたい、普段よりも会話が弾むもの。そこから得るものや学ぶべきことはたくさんあるのです。

11.
服装に気を使う

見た目に自信がつくと、自分に自信を持つことができるようになります。いつも最高の自分でいられれば、パフォーマンスも最高になるはず。

12.
自分の行いを振り返る

ただ前に進むだけでは成功をつかむことはできません。人は経験から学び、成長していくものです。自分の行いを振り返って、反省する時間を持つようにしましょう。

13.
人に教えるために
自分の考えを整理する

E46a809fb17bbdfadb5ba354049c92ba56803b19

たとえその分野の専門家ではなくとも、後輩やまわりの人に積極的に自分の知識を伝えましょう。そうすることで、自分の頭のなかを整理することができます。

14.
遊ぶ時間を大切に

大人だって、いつも大人ではいられません。時には童心に帰って思いっきり遊びたいのです。つねに「遊び心」を持っていてこそ、面白い人間であり続けることができます。

15.
健康的な食事

毎日の食事を大切にすることは、自分の体を大切にすることにつながります。食事の管理も自己管理のうちと考えて、健康的なライフスタイルを。

16.
様々な年齢の人と
交流する

同じ年代の人とばかり接していては、考え方が偏ってしまいます。幅広い年代の人と交流することで、常に広い視野を持つことができるのです。

17.
芸術に触れる

5dec596aeaa26cfcf03427a103bb5cae0451f9ab

一日中デスクに座っていては、新しいひらめきは訪れません。美術館に行ったり、コンサートに行ったり、積極的に芸術に触れる時間を持ち、感性を磨きましょう。

18.
セットしたアラームの時間に
必ず起きる

前日にアラームをセットしたということは、その時間に起きる!と決めたということ。決めたことは必ずやり通しましょう。些細なことでも、毎日の積み重ねは大切です。

19.
目標は毎日
声に出してみる

目標を決めたら、毎日声に出して言ってみましょう。自分の声を使って目標を「耳」から聞くことで、その言葉は心にしっかり染みついていきます。

Licensed material used with permission by Nicolas Cole
仕事やプライベート。人生における悩みは尽きないものです。ここで参考にさせていただくのは、高田晋一さんがまとめた『自己啓発の名著から学ぶ 世界一カンタンな人...
成功者は何をして成功しているのだろう?そんな疑問に答えてくれる「成功している人が行っていること」のリスト。当たり前のことから、そうなんだと頷く事まで自分が...
2016年もまだ100日以上残したこのタイミングで来年の話なんて、と思う人はそこまで。このデータを目にしてもそう言える?新年に立てた目標を達成できずに終わ...
コンサルティング会社に勤め、のべ3,000人以上の成功者を近くで見てきたそう。世で成功をつかんできた人たちの多くは、占い師との交流があったと言います。間接...
少し前の話ですが、スイス西部のジュネーブの湖畔に舟を浮かべる少女のランドアートが出現しました。それは、難民に関するメッセージを伝えるためでした。
ロンドンのメーカー「FYB」のハンドバッグは、あちこちを忙しく飛び回る女性のセキュリティ問題を、しっかりとサポートするためにつくられた製品です。
成功をしている人たちは失敗ばかりしている、全知全能であって、天性のリーダーシップがあるなど、は誤解であり、そのように信じていることが、自分の成功の機会へ遠...
「少しでも自分の生き方を変えたい!」と思って自己啓発本を手にしても、分厚いし内容が難しそう…という理由で、読むのを諦めた人も多いのではないでしょうか。高田...
女優として活躍し、ヘンリー王子と婚約したメーガン・マークル。婚約を発表したことで、彼女に改めてスポットライトが当たり、拡散したあるスピーチがある。2015...
「これまでの人生を振り返ったとき、ムダを費やしたことは一切なかった。効率的な事ばかりしてきた」なんて人はいないでしょう。高田晋一さんの著書『自己啓発の名著...
注目すべきスペックは遠隔操作でソールの温度調整ができるところ。充電すればエンドレスで使える、お財布に優しいアイテムです。
成功したいーー。それは誰もが胸の奥に抱く夢ですが、実際には「成功する人」と「しない人」が存在してしまうのは、どうしてなのでしょうか。数々の企業や経営者を取...
「TIME」、「Forbes」、「Fortune」、「Business Insider」などビジネス誌、経済誌から引っ張りだこの人気コラムニストNicol...
仕事を成功させる秘訣とはもしかしたら、自分の一生だけじゃなく、次の世代やそのまた次の世代へと引き継がれていくような長く愛し愛される働き方をすることが一番の...
以前TABI LABOでは、世界中の成功者たちが朝の8時前にしていることをまとめた記事を紹介しました。ナイキのCEOマーク・パーカーは朝にヨガをし、ディズ...
かさばるし重くて持ち運びに不便、そして氷の準備。この面倒をすべてを省いてくれるクーラーボックス!
前篇では、GoogleやWeWorkといった企業の事例を交えながら、これまでは趣味・娯楽としての側面が強かったアートがビジネスにおける必須科目となりつつあ...
20年以上勤めていた会社を、いきなりクビになったTyler C. Beaty氏。その後、彼は一念発起して起業。成功者の仲間入りを果たしています。Beaty...
世の中は1%の大成功者と99%の凡人たちで構成されている。とはいえ、肩を落とすことはない。自分の「特性」とおかれた「環境」を理解できれば、間違いなく成功で...
一世代で成功を掴んだ億万長者はみんなエリート、と思いがちですが、実はみんな成績優秀ではなく、中間層や貧困層が出身が多いそう。それは、努力することと苦労や困...
あるチームを“Fortune 100”に導いた経験もあるGordon Tredgold氏は、成功への秘訣を「Inc.」で紹介しています。意識をすれば、自分...
2004年にAppleに入社したHuxley Dunsanyは、社員証の裏に書かれていた「成功のためのルール」を公開しました。その内容を実践したら、自身の...
いま、欧米ではビジネスの場においてアートが注目されています。私自身もGoogleやWeWorkといった企業にアーティストとして呼ばれることも。なぜか?アー...
成功するための基本は行動することにある。これは、ビジネス誌の編集ライターJef Haden氏が「Inc.com」に寄せたメッセージ。多くのビジネスパーソン...