誰よりも早く「2017年の目標設定」を完璧にしておくマインドセット

2016年もまだ100日以上残したこのタイミングで来年の話なんて、と思う人はそこまで。このデータを目にしてもそう言える?

新年に立てた目標を達成できずに終わっている人は、全体の約92%。これは米スクラントン大学の研究結果です。目標を達成できないことで、やる気が削がれたり、挫折感を味わった経験あるはずです。

もともと叶わぬ夢…そう言って、来年もまた同じような目標を立てるくらいならば、残りの8%(つまりは達成できた成功者)が、どう日々を過ごしているかに注目するのも手かも。

人材育成企業のプリンシパルMarcel Schwantes氏は、こんなマインドセットを提案しています。

01.
具体的でやりがいのある
けれど、過酷すぎない目標設定

1ad96b82303fe98234c3cce3378208300da15d08

米心理学会がおこなった研究結果によれば、「具体的」で「やりがいのある」目標に人々が従事したとき、約90%の確率でそれが達成する事実が判明したそうです。

基本的に、具体的でやりがいのあるものであればあるほど、それを達成しようと「やる気」が高まる。逆に抽象的で曖昧な目標では、なかなかそれを達成させることは難しい、と。

たとえば、元日から大晦日までの目標を「9キロ減量すること」としたとき、それはやりがいのあることかもしれませんが、十分に具体的とは言えません。では、こうだったら?

2月までに糖分とファストフードを辞めて2.3キロ減量する。それをしながら毎日20分間のジョギングを取り入れる。目標を明確にするだけで、達成するチャンスは劇的に高まることを忘れないで。

ただし、あまりにもハードな目標にしてしまうと、達成できる可能性も低下してしまいます。高い目標設定で自分を試すことは大切ですが、到底越えられない壁を前に目標を達成できる人は、じつは誰一人いないのです。

02.
情熱を注ぎ、
結果に専念

簡単に言ってしまえば、このプロセスを重要視できる人でなければ、8%の成功者への道は開かれません。つねに自問自答をくり返すことです。今の自分のコミットメントはどれほどか?達成に向けて専念できているか?予期せぬアクシデントが生じたとき、ギブアップしてしまわないか?と。

8%のマイノリティたちは、ゴールに到達するまでモチベーションを維持し続ける心のコンパスがある人。「必要なことに貪欲でいる」という信念は、心の底からやる気を引き出してくれるもの。

いくら目標が具体的であっても、欲求や情熱なくしてそれを叶えることはできません。

03.
フィードバックを利用して、
自分の進展を把握

35ab7b33aefe44f5e62bed9f06451c0477250fcf

人間ですから過去の習慣に逆戻りしたり、ぐずぐずしたり、モチベーションを失うことが必ずあるでしょう。これに打ち勝つには、動き始めたあなたの進展を正しい方向に導いて、調教に応じてそれらを調整するフィードバックを有効活用すること。目標達成のための重要なファクターです。

コーチングの専門職が、昨今ブームとなる背景はここ。達成に向け真剣になっている人たちは、フィードバックが大きなメリットであることを理解しているもの。

04.
すべての目標を連動させる

8%の人たちは、山頂の制覇に向けて短期的な目標と、長期的なそれとを乖離させず、つねに連動させることが習慣付いている証拠。心理学者ケン・シェルドンとティム・カッサーの発表によると、精神的に健やかで幸せな人々の目標には、高い「垂直的一貫性」があると述べています。

つまり、短期的目標を追求することで長期的な目標が進展するように、高いレベル(長期)と低いレベル(短期)がそれぞれリンクしていることを理解している、とも言えるでしょう。

05.
“孤高のヒーロー”にならない
支援者をみつける

99f9f38119446134b4ec5af5b719767c705539b5

専門家からのガイダンスとアドバイスを求めることは、目標達成に大きな影響を与えるもの。成功を手にできる人は、決して孤高のヒーローではないのです。彼らはつねに、メンターやアドバイザーなど強力な支援者に囲まれていて、必要に応じてアドバイスを受けられる体制にあります。

目標へと導く、知恵、インサイト、アドバイスが集まる場で、あなたの想いを共有する。それを習慣にしてみましょう。

06.
マルチタスクは遠回り
1つずつ着実に

最も成功した人たちの例を挙げれば、強い忍耐力をもって「一度に一歩ずつ」のモットーに従うタイプ。加えて多くの物事を同時に行うことも避けています。こう聞いてもまだ、「マルチタスキングこそ成功への戦略」と言えますか?

それはビジネスにおける“神話”のようなもので、実際は私たちの脳に深刻なダメージを与える可能性がある、という研究者も。結局は多くのタスクに焦点を分散してしまうことで集中力を欠き、仕事の質も低下し、目標達成までの期間を長引かせることになる。

複数の小さなタスクに取り組めるだけのスマートさを持つこと。けれど、それも1つ完了してから次に進む。そこを見誤ってはいけません。

07.
くり返しの中から
「習慣」を身につける

21cf6802a34e432277052bbe76962050d3d434fb

では、成功者であるわずか8%の人たちに生まれつきの才能があるのか?いいえ、そうではありません。彼らの有言実行を可能にしているのは「才能」ではなく「行動力」なのです。

我々は自らがくり返して行なう事の産物である。従って優秀とは行為ではなく習慣のこと」、2000年以上前こう語ったとされるアリストテレスは、この点を的確に捉えていた人物。偉人にならってこのスキルを実行することで、あなたの目標達成率は、グンと高まることでしょう。

Licensed material used with permission by Marcel Schwantes
「TIME」、「Forbes」、「Fortune」、「Business Insider」などビジネス誌、経済誌から引っ張りだこの人気コラムニストNicol...
新年になったからといって、いきなり真新しい自分になれるわけではありません。でも、何か目標を持つことで、自然と能動的な気持ちなれるはず。そして、毎日の少しづ...
成功は、運の良い人のところにある日突然パッとやってくるものではありません。成功する人は、運を引き寄せるような生き方をしているのです。アメリカのビジネス情報...
きっと、多くの人が毎年立てているであろう新年の目標。「今年こそ!」とは思っていても、なかなか達成できることは少ないものです。そんなあなたへ。「Inc.」に...
新たに迎える年には、今までと違った自分になるために、目標や抱負をしっかりと立てて頑張りたいと固い決意を持っておられる方も多いと思います。そんなみなさんのた...
夢を叶えた人がいる。夢を諦めた人もいる。一体、その差はなんなのだろう?スキルの違い。環境の違い。場合によっては「運」が違った、なんてこともあるかもしれない...
「新年の抱負」を立てるのは良いけれど、ほぼほぼ放棄してしまっている人、いませんか?どうやら統計的に言っても、新年に掲げた目標を守る人はほとんどいないという...
お互いに対する思いやりもアップしそうな10個の「カップル目標」を提案するのは、「Elite Daily」のRachel Shattoさん。ふたりの関係に新...
2016年はみなさんにとって、どんな1年だったでしたか?不完全燃焼でしたか?充実していましたか?結果はどうにせよ、それぞれ素敵な瞬間もあった1年だったはず...
成功者は何をして成功しているのだろう?そんな疑問に答えてくれる「成功している人が行っていること」のリスト。当たり前のことから、そうなんだと頷く事まで自分が...
桜舞い散るなか、新学期が始まる4月。つまり、2016年も早くも3ヶ月以上が経ち、4分の1が終わってしまったことになります。でも、「Inc.」で紹介されたM...
心と体を美しく保ち、仕事もやりたいことも全うしたい、と願うあなたへ美人で仕事もできる人がいる。 そんな人に出会った時、両方を実現するなんて「私とは違う特別...
新年になにか抱負を立てた人。順調ですか?米・スクラントン大学の調査によれば、その92%は未達成に終わっているそうです。「新年の抱負ランキング」によると、1...
2004年にAppleに入社したHuxley Dunsanyは、社員証の裏に書かれていた「成功のためのルール」を公開しました。その内容を実践したら、自身の...
成功をしている人たちは失敗ばかりしている、全知全能であって、天性のリーダーシップがあるなど、は誤解であり、そのように信じていることが、自分の成功の機会へ遠...
仕事やプライベート。人生における悩みは尽きないものです。ここで参考にさせていただくのは、高田晋一さんがまとめた『自己啓発の名著から学ぶ 世界一カンタンな人...
ビジネスを始めたい。もっとキャリアアップを目指したい。でも、うまくいくだろうか…。新しい目標を設定すると、希望と共に不安で頭がいっぱいになります。そんなと...
スヌーズをセットして、少しでも長く眠ることにしあわせを感じていませんか?そんなあなたでも、毎朝6時前に起床したくなる6つの理由を「Elite Daily」...
「Mayo Clinic Proceedings」が発表した報告によると、健康的な生活を送っているアメリカ人は、3%にも満たないのだとか。実際、新年に立て...
今年も、もう12月。そろそろ来年の抱負が見えてきている頃ではないでしょうか?毎年抱負を掲げていない人も思わず目標にしたくなるような、「目標達成のために大切...