今年こそ「目標を達成できる人」になる3つのコツ

きっと、多くの人が毎年立てているであろう新年の目標。「今年こそ!」とは思っていても、なかなか達成できることは少ないものです。

そんなあなたへ。「Inc.」に寄稿をする起業家Gordon Tredgoldさんが、新年の目標を達成するための3つのコツを伝授しているので、紹介しましょう。

01.
目標は実際に書いて
シェアすべし

新年の目標はきちんと紙に書いて、それを人にシェアすることで、達成できる可能性が格段に上がります。

ドミニカ大学のGail Mathews博士の研究によれば「目標を書き留めれば、それを達成する可能性は44%上昇」し、さらにそれをシェアすると「成功の可能性は78%も上がる」という。

簡単には信じられないかもしれないけど、試してみる価値はあるかもしれない。

02.
目標は「3つ」まで
絞ること

いざ目標を立てようと思うと、張り切りすぎて、たくさん立ててしまうことがあるかもしれません。じつはこれだと、何からやればいいのかわからなくなってしまいます。どれもこれも大事だって思うと、結局どれも大事ではなくなってしまうんです。

だから、目標は最大でも3つまで、としましょう。

一見少なく感じるかもしれないけれど、大きな目標を立てると、それを達成するための小さな目標がいくつも発生するものです。4つも5つも目標を立ててしまうと、きっと多すぎて処理しきれなくなってしまいます。本当に達成したいものだけに集中するべきなのです。

03.
「賢い目標」を
立てよう

「賢い目標」というのは、はっきりしていて、予測できて、達成可能で、現実の問題に直結していて、さらにタイムリーな目標のことです。

私は大胆な目標を立てるのも大好きですが、それは達成できるものでなければいけません。不可能な目標を立ててもイライラしてしまうだけで、すぐにやる気をそがれてしまいます。しっかり、現実と結びついていなければいけません。

目標は、自分の戦略やビジョン全体に関連づいているものにしましょう。そうでなければ、いくらその目標を達成したところで、それはただの寄り道になってしまいます。

Licensed material used with permission by Gordon Tredgold LLC

関連する記事

10月26日、「Google」が「Made By Google」製品のすべてにリサイクル素材を採用することに成功したと発表。これは2022年までの目標とし...
「新年の抱負」を立てるのは良いけれど、ほぼほぼ放棄してしまっている人、いませんか?どうやら統計的に言っても、新年に掲げた目標を守る人はほとんどいないという...
新年になにか抱負を立てた人。順調ですか?米・スクラントン大学の調査によれば、その92%は未達成に終わっているそうです。「新年の抱負ランキング」によると、1...
2016年もまだ100日以上残したこのタイミングで来年の話なんて、と思う人はそこまで。このデータを目にしてもそう言える?新年に立てた目標を達成できずに終わ...
BBQやキャンプで盛り上がるスイーツの定番と言えば、焼いたマシュマロをサンドした「スモア」が真っ先に思いつくけど、今年は「バウムクーヘン」で盛り上がろう!
目標を達成しようとするときに、内容を周囲に公表する人もいれば、自身の心の中だけにとどめておく人もいます。これは性格やスタンスの違いですが、ある研究によると...
新たに迎える年には、今までと違った自分になるために、目標や抱負をしっかりと立てて頑張りたいと固い決意を持っておられる方も多いと思います。そんなみなさんのた...
桜舞い散るなか、新学期が始まる4月。つまり、2016年も早くも3ヶ月以上が経ち、4分の1が終わってしまったことになります。でも、「Inc.」で紹介されたM...
お互いに対する思いやりもアップしそうな10個の「カップル目標」を提案するのは、「Elite Daily」のRachel Shattoさん。ふたりの関係に新...
「Facebook」はこのたび、2020年をもってすべての運営活動に100%再生可能エネルギーを使用し、二酸化炭素排出量をゼロにする目標を達成したと発表した。
「アディダス ジャパン株式会社」と「オールバーズ合同会社」が、コラボレーションによるランニングフットウェア「FUTURECRAFT.FOOTPRINT」を発表。
今年も、もう12月。そろそろ来年の抱負が見えてきている頃ではないでしょうか?毎年抱負を掲げていない人も思わず目標にしたくなるような、「目標達成のために大切...
気持ちを新たに会社や学校へ向かうことができた1月。でも2月になると、徐々にそんなフレッシュな気持ちもなくなってしまい、続けることが難しくなってきますよね。...
どうしても達成したい目標があるのに、目の前のタスクに追われ「なかなか手が回らない」と感じることはありませんか?そんな停滞期にエンジンをかけてくれる、ウォー...
この時期は、健康を意識して運動やダイエットなどを目標にする人が多いですが、実際にその目標を達成できるのは、わずか8%だと言われています。そこで、アメリカの...
「マッコーリー大学」と「シドニー大学」の研究チームが、2015年から2017年のオーストラリア・ニューサウスウェールズ州でのTwitter投稿を「We F...
今年こそ“先延ばし癖”を直すために、何をするべきなのか。それを調べてみたんですが、いろんな人のスピーチや研究結果・調査をみても結局は、自分自身が「先延ばし...
サステイナブルな居住開発に取り組む「国連ハビタット」。進行する地球温暖化とそれによって生じる海面上昇を踏まえて、水に浮かぶ都市について議論しました。
同じミレニアル世代だけれど、すでに自分が目標をしていたことを達成している人たち、その横で羨ましそうに眺めている人たち。彼らは一体何が違うのだろう?キャリア...
「Mayo Clinic Proceedings」が発表した報告によると、健康的な生活を送っているアメリカ人は、3%にも満たないのだとか。実際、新年に立て...
世間のムードはまだまだ重たい。そこで、少しでもポジティブになってもらいたいと思い、「幸福度」に関する研究結果をいくつか紹介。
「ハーバード大学」のダニエル・ギルバートによると、人は同じ人物でいることはなく、関心、目標、価値観は変わるという。にもかかわらず、ほとんどの人が少ししか変...
応援購入サービス「Makuake」でプロジェクトを実施中のキャンプ用品「CAMPING ROCKET STOVE」が開始24時間で目標支援金額の269%を...
国連が定めた2030年までに達成するべき目標のことを意味する「SDGs(持続可能な開発目標)」。その17項目をすべて体現できるエコヴィレッジが、デンマーク...
仕事ができる人をスポーツ選手になぞらえて「プロフェッショナルだ」「アマチュアの域だ」と評することがあります。では、この「プロ」と「アマ」の境目には、何があ...
現生ペンギンの共通祖先は、いつどのようにして地球上に現れたのか──? これまで多くの研究者たちが調査を続けてきたその謎が、ついに解明された。
「ダブルループを会得すれば、アウトプットの質や仕事のスピードが高まる」著書『ひとつ上の思考力』のなかでそう語るのは、事業変革パートナーの安澤武郎さん。ダブ...
アメリカの患者支援団体である「米国心臓協会」は「唐辛子」が死亡リスクの減少に関わっているかもしれないとする研究結果を発表した。
やりたいことや好きなことはわかっていて、将来は、フリーランスとして活躍したい。そんな方のために、どうしたら長く心地よく活躍できるのか、天職(calling...
美しい切子の文様をいかしつつ、ダブルウォールグラスの機能をプラスした「Fuwan-浮碗」。