新年の目標や抱負の立て方のコツ5つ

新たに迎える年には、今までと違った自分になるために、目標や抱負をしっかりと立てて頑張りたいと固い決意を持っておられる方も多いと思います。そんなみなさんのために、よりよい新年の目標や抱負の立て方ができるコツについて、5つの観点からご紹介していきましょう。

1.適度に前向きな気持ちで楽しみながらおこなう

前向き

過去に何らかの後悔や反省があるからこそ、新年には有意義な目標や抱負を立てたいと思うものです。あまりにも過去に縛られて、必要以上に保守的になったり、後ろ向きな気持ちになっていては、なかなかよいアイデアも浮かびません。

一方、楽観的すぎても、「絵に描いた餅」のような夢や希望を並べるだけになってしまいます。

適度に前向きな明るい気持ちで、楽しみながら具体的な目標や抱負のアイデアだしをすることから始めてみましょう。次から次へとアイデアを出し、ある程度現実的なものや有意義なものに絞っていく方法もお勧めです。

2.最初に大きな方向性を決めるとブレにくい

まず分野別に大きな方向性を決めておくことで、新年の目標や抱負のアイデア出しがしやすくなります。

たとえば、「仕事」「恋愛」「友達」「趣味」「家族」「自己啓発」といった分野の中から、新年に重点的に頑張りたい分野を2つか3つに絞り、「新年は○○を頑張る年」と位置付けてもよいでしょう。

さらに、各分野の目標や方向性をおおまかに決めておくことで、具体的なイメージを想像しやすくなり、アイデアだしもはかどるはずです。

3.年間をいくつかの時期に区切り個別の目標と行動計画を立てる

時間を区切る

新年に取り組みたいことの大まかな方向性が決まったら、1年間を半年、四半期、1ヵ月など個々の時期に分けて、具体的な目標を立て、その目標を達成するために必要な行動計画を立てていきましょう。

この段階で具体的に思いつかない項目については、軌道修正したり変更したりすることも必要かもしれません。たとえば、年に1回の資格試験などを目指す場合には、試験日程から逆算して、「この時期までにはこれだけできていないと間に合わない」ということがはっきり分かるようにしておくことが大切です。

4.親しい仲間と新年の抱負や目標を語り合う

親友や、めざしている目標が同じ仲間と語り合うことによって、自分が立てている目標やその行動計画を客観的に見ることができ、よりよいものに改善できます。

また、自分の目標や抱負を具体的に話すことで、強く自覚できお互いの励みにもなります。「一緒にがんばろうね」と言い合える仲間がいることで、今度こそは本気で成功させようというやる気もわいてきます。

よりよい新年を過ごせるように、しっかりと必要な情報共有をして、気の置けない仲間と切磋琢磨しながら、進んでいきましょう。

5.はりきりすぎて、予定を詰め込みすぎない

予定を詰め込む

新年の目標や抱負が計画倒れに終わることがないよう、忙しすぎる行動計画や予定を立てていないか、最終的によく確認しておきましょう。

とくに、新年に初めてのことに挑戦する場合には、手探りで始めるケースも多いことから、途中で進み具合を振り返ったり、調整のための時間も確保しておくことで、より現実的な目標や抱負をたてることができます。

行動計画を立てて満足してしまうことがないように、実行できるかどうかという観点から吟味を重ねる必要があります。

具体的な行動計画も含めて新年の目標や抱負を最終的に決めることができたら、進捗管理の方法についても確認しておくと安心です。たとえば、自分なりのチェック表や「やることリスト」を作成し、目標に向けて確実に進んでいることが一目で分かるように工夫することで、楽しみながら頑張れそうです。年間の予定表と四半期ごとの予定表を併用するなど、全体の進捗を常に把握できる状態にしておくことも大切です。

「新年の抱負」を立てるのは良いけれど、ほぼほぼ放棄してしまっている人、いませんか?どうやら統計的に言っても、新年に掲げた目標を守る人はほとんどいないという...
きっと、多くの人が毎年立てているであろう新年の目標。「今年こそ!」とは思っていても、なかなか達成できることは少ないものです。そんなあなたへ。「Inc.」に...
新年になにか抱負を立てた人。順調ですか?米・スクラントン大学の調査によれば、その92%は未達成に終わっているそうです。「新年の抱負ランキング」によると、1...
2016年もまだ100日以上残したこのタイミングで来年の話なんて、と思う人はそこまで。このデータを目にしてもそう言える?新年に立てた目標を達成できずに終わ...
お互いに対する思いやりもアップしそうな10個の「カップル目標」を提案するのは、「Elite Daily」のRachel Shattoさん。ふたりの関係に新...
ライターRachel Chapmanさんは、20代にターゲットを絞り、8つの抱負を提案しています。度を越えた難しいものはないので、ナマケモノ気質でも意外と...
今年も、もう12月。そろそろ来年の抱負が見えてきている頃ではないでしょうか?毎年抱負を掲げていない人も思わず目標にしたくなるような、「目標達成のために大切...
時間を有効活用するためには、まず、1日の予定を決めていけばいい?いいえ、1年間のスケジュールを立ててから、月ごと、1週間、1日の順番で計画をたてていくので...
いよいよ年の瀬も迫り、忙しい毎日をお過ごしの方も多いかと思いますが、年末年始の予定はお決まりでしょうか。クリスマス、忘年会、大晦日、正月、新年会とイベント...
私たちは何か目標を立てるとき、何か「する」ことを考えがちですよね。おそらくみなさんも「今年は絶対にこれをやる!」と抱負を決めたことでしょう。でも「Brit...
気持ちを新たに会社や学校へ向かうことができた1月。でも2月になると、徐々にそんなフレッシュな気持ちもなくなってしまい、続けることが難しくなってきますよね。...
年越しそばを食べたり、108回鐘を鳴らす文化が日本にあるように、世界各国には独特の新年の祝い方があります。なかでも、ヨーロッパ諸国のクセがすごい。中央ヨー...
今年こそ“先延ばし癖”を直すために、何をするべきなのか。それを調べてみたんですが、いろんな人のスピーチや研究結果・調査をみても結局は、自分自身が「先延ばし...
目標を達成しようとするときに、内容を周囲に公表する人もいれば、自身の心の中だけにとどめておく人もいます。これは性格やスタンスの違いですが、ある研究によると...
新年になったからといって、いきなり真新しい自分になれるわけではありません。でも、何か目標を持つことで、自然と能動的な気持ちなれるはず。そして、毎日の少しづ...
ついこの前2017年になったばかりかと思ったのに、もう4月。新年に立てた目標も、いつのまにか春がきて…と、時間が過ぎるのは本当に早いですよね。時間は刻一刻...
人生を成功させたいなら、自分の中で常に持っておくべきリストがある。そう記事の中で指摘するのは、「Lifehack」のライター、Djordje Todoro...
人が何かを成し遂げるためにもっとも大事なことは、明確な目標を持つことです。自分の進むべき道やゴールがはっきり見えていないと、努力を続けることも困難になって...
カウントダウンが2桁になるという現実に、私のように焦りを感じている人へ。まだ大丈夫。3ヶ月続ければ、大体のことが習慣化されるという話もあります。参考になる...
「Mayo Clinic Proceedings」が発表した報告によると、健康的な生活を送っているアメリカ人は、3%にも満たないのだとか。実際、新年に立て...