たった一言で”2016年”を劇的に変える方法

ここで紹介するのは「Inc.com」に掲載されている「2016年を素晴らしい一年にするための、たった1つの言葉」という記事。どうやら、あるキーワードに焦点を当てて生活すれば、この一年がより良いものになるのだとか。 その“魔法の言葉”の見つけ方は以下の通り。心の中に浮かび上がってくるまで、徹底的に考え抜いてみて!

01. まずはスマホをオフにし、 一人きりの時間を確保!

スマホをオフにし、電子機器から離れましょう。そして、あなたの2016年を考える時間を確保するのです。 散歩に行ったり、自然の中で過ごしたり、日記をつけたり…これらすべてが考えを整理し、「自分の言葉」を見つけるために重要なこと。まずは少しの間、普段の生活をシャットアウトし、自分の心に耳を傾けてください。

02. 自分自身に3つの問いかけを

①あなたには何が必要?(欲しいものではない)②自分の生き方とは?③やめるべきことは?

もちろん私自身もこの問いに答えました。そして、これらが非常に力を持つ質問であると気付いたのです。 私が本当に必要なものは「人間関係」。1年前、夫と一緒に海外へ引っ越したのですが、彼が新天地で新しい人間関係を築いているにもかかわらず、私は以前住んでいた場所にいる家族や友人のことばかりを考えてしまっていたのです。 そして、自分の生き方について。振り返ると、私は忙しい仕事に追われ、会社で過ごす時間が長すぎると気付きました。また、自分が孤独でシャイな人間だということも。だからこそ、私がやめなければいけないのは、孤独や寂しさ、解雇への恐れ。それらは、プライベートでも仕事でも私に悪影響を与え、誰かと心を通わせる妨げとなってしまいます。

03. 心を解放し、耳を傾け キーワードを呼び込む

上の3つの質問について考えた際、ある言葉が心の中に浮かび上がってきませんか?もし、まだ浮かび上がらなければ「自分がしなければいけないことは?」という追加の質問を。 これは非常に優れた質問です。なぜなら、そのたったひとつの言葉を直接自分へ呼び込むことになるから。 これらの質問をして、心の底からその言葉に耳を傾けてみましょう。そうすれば、必ずキーワードが浮かび上がってくるはず。

04. 周囲と共有してもOK その言葉を決して忘れない

そのキーワードを、日常生活の中で絶対に忘れないようにしましょう。スマホの待ち受け画面はもちろん、紙に書いて部屋の壁に貼ってもいいかもしれません。そうすれば、確実に自分の目標に忠実であり続けることができるはずです。 会社の同僚や友人とキーワードを共有するのもイイ取り組み。周囲の人も含めて、より充実した一年を過ごすことができますから。 さあ一体、どのような言葉があなたの2016年を良いものにしてくれそうですか?

Licensed material used with permission by Minda Zetlin

2016年もまだ100日以上残したこのタイミングで来年の話なんて、と思う人はそこまで。このデータを目にしてもそう言える?新年に立てた目標を達成できずに終わ...
新たに迎える年には、今までと違った自分になるために、目標や抱負をしっかりと立てて頑張りたいと固い決意を持っておられる方も多いと思います。そんなみなさんのた...
2015年も残りあとわずか。そろそろ意識が新年に向き始めている人も多いのではないでしょうか。そこで「Higher Perspective」に掲載されている...
「新年の抱負」を立てるのは良いけれど、ほぼほぼ放棄してしまっている人、いませんか?どうやら統計的に言っても、新年に掲げた目標を守る人はほとんどいないという...
きっと、多くの人が毎年立てているであろう新年の目標。「今年こそ!」とは思っていても、なかなか達成できることは少ないものです。そんなあなたへ。「Inc.」に...
お互いに対する思いやりもアップしそうな10個の「カップル目標」を提案するのは、「Elite Daily」のRachel Shattoさん。ふたりの関係に新...
新年は心を入れ替える大チャンス。この機会に、自分のダメな習慣を見つめ直してみませんか?今回、そのヒントをくれるのはライターBianca Sparacino...
新年になったからといって、いきなり真新しい自分になれるわけではありません。でも、何か目標を持つことで、自然と能動的な気持ちなれるはず。そして、毎日の少しづ...
私たち人間は、必要以上に物事を難しく考えてしまう生き物のようです。生活、人間関係、目標に、TODOリストと、とにかく複雑にしがちです。もっとシンプルに生き...
2016年はみなさんにとって、どんな1年だったでしたか?不完全燃焼でしたか?充実していましたか?結果はどうにせよ、それぞれ素敵な瞬間もあった1年だったはず...
「Mayo Clinic Proceedings」が発表した報告によると、健康的な生活を送っているアメリカ人は、3%にも満たないのだとか。実際、新年に立て...
言い訳は、聞き飽きたここで紹介するのは、新しい1年に挑戦するための決意の数々。今年こそはーー。01.自分の中に毒をもつ!岡本太郎氏の名言にもあるが、人間、...
桜舞い散るなか、新学期が始まる4月。つまり、2016年も早くも3ヶ月以上が経ち、4分の1が終わってしまったことになります。でも、「Inc.」で紹介されたM...
ライターRania Naim氏が「Thought Catalog」にまとめている内容は、年末のこの時期にピッタリ。というのも、新年を迎えるにあたってサヨナ...
たった一つのパスワードから、人生がここまで変わるとは・・・彼のストーリーが、世界中で話題になった。※この記事は長文(5分ほど)ですが、あなたの人生を変える...
ライターRachel Chapmanさんは、20代にターゲットを絞り、8つの抱負を提案しています。度を越えた難しいものはないので、ナマケモノ気質でも意外と...
あなたは、「学生」から「社会人」へとスタートを切った日のことを覚えていますか?そのあとの1年が充実していた人も、多忙で当時の記憶がほとんどない人も、それは...
アメリカ的感覚ではあるものの、女性ライターのRebecca Endicottさんが「Little Things」でまとめたのは、「これはマネしたい!」と思...
一口にシンプルな生活、ミニマルな生活と言ってもいろんな捉える方がある。でも減らすことの利点に関して確実に言えるのは、「余裕」ができるということだ。街も、部...
いよいよ年の瀬も迫り、忙しい毎日をお過ごしの方も多いかと思いますが、年末年始の予定はお決まりでしょうか。クリスマス、忘年会、大晦日、正月、新年会とイベント...