2016年にゼッタイすべき、新年の誓い「20選」

言い訳は、聞き飽きた

ここで紹介するのは、新しい1年に挑戦するための決意の数々。今年こそはーー。

01.
自分の中に毒をもつ!

055963686_Large (1)

岡本太郎氏の名言にもあるが、人間、惰性が働いてこれで良いんじゃないか、と思うことはよくある。しかし、常に昨日の自分を否定して、変化することが大切だ。新しい自分をつくっていこう。それが成長に繋がるはずだ。

02.
健康的な食生活を送る

身体に良い食習慣を初めよう。食べたいときに、ほどほどに食べる。バランスの良い食事は、強いココロとカラダをつくるための第一歩だから。

03.
今までの平凡な日常と縁を切る

ありきたりな日々に別れを告げよう。繰り返せば、きっとまた同じ1年をたどるだけ。改める必要があるなら、習慣は無視できない。

04.
目的・情熱を手に入れる

やりたいと思っていることや、なりたい自分。達成したいことを明確にしておくことは、情熱的に生きる重要なファクター。

05.
旅に出る

5993467_Large (1)

どんな場所でもいい。日常から離れよう。思考をいったんリセットし、まっさらの新しい感覚に触れよう。

06.
嫌な仕事はキッパリ辞める

「なんでここにいるんだろう」「学ぶことがないな」そんなふうに思うなら、躊躇う必要はない。

07.
限界を超える

チャレンジ精神をもって、何にでもどん欲に挑んでいこう。可能性は無限大なのだから。

08.
休めるときは休む

誰にとっても、身体は資本。どんなに忙しくとも、しっかりと休養を取ろう。生活のバランスを保てるのは自分だけ。

09.
肉体改造をする

Feeling fabulously fit

怠惰な生活の結果は、身体にもスグに現れる。浮き輪をまとったようなお腹で、夏を迎えるワケにはいかない。厳しくいこう。

10.
家族のために時間をつかう

自分のことを一番よく知る存在。それが、家族。人生の岐路に立っているようなときには、その言葉に耳を傾けよう。

11.
将来について見つめなおす

目の前にある"この1年"をどう過ごすのか?小さな積み重ねで形成されていく将来の自分の姿をしっかりとイメージしよう。

12.
世界に関心を持つ

日々、世界中で起きている様々な事象に目を向けよう。世の中のことをもっと知ろう。

13.
ロジカルに考える

Business talk in the office

複雑に考えすぎていないだろうか。思考をまとめて1本の線にしよう。どこに繋がっているのか、考えよう。

14.
フェスに行く!

ときには、ハメを外して遊びまくろう。我を忘れてクレイジーになる瞬間も、人生にはあっていい。世界には、現実とは思えない空間を味わえるイベントが目白押しだ。

15.
多すぎる情報から離れる

引き出しを増やすのはいいことだ。しかし、情報の詰め込み過ぎは、自分の価値観や考え方にまで鍵をかけてしまうことがある。

16.
シンプルに生きる

趣味、ライフスタイル、交友関係。何でもそうだが、シンプルなほうが見通しが利く。

17.
しあわせな気分でいよう

7437357_Large

前進する意欲を失わないようにしよう。些細なことにも、ちょっとした喜びは潜んでいる。チャンスを掴むためにも、いい気分でいることは大切だ。

18.
志の高い人に会おう

尊敬できる魅力を持った人たちといよう。その関係はあなたを必ず成長させてくれる。

 19.
長編小説を読破する

トルストイでもドストエフスキーでも、司馬遼太郎でもいい。誰もが知っている名作を読もう!

20.
去年よりも良い1年に

自分のやるべきことをしっかりと見つめたら、あとは一歩踏み出すだけ。昨日よりもベターな1日を。そして、今日よりも素晴らしい明日を。

そのために、2016年を最高の年にする決意をいまここで固めよう。

Licensed material used with permission by Elite Daily

年越しそばを食べたり、108回鐘を鳴らす文化が日本にあるように、世界各国には独特の新年の祝い方があります。なかでも、ヨーロッパ諸国のクセがすごい。中央ヨー...
ライターRachel Chapmanさんは、20代にターゲットを絞り、8つの抱負を提案しています。度を越えた難しいものはないので、ナマケモノ気質でも意外と...
新たに迎える年には、今までと違った自分になるために、目標や抱負をしっかりと立てて頑張りたいと固い決意を持っておられる方も多いと思います。そんなみなさんのた...
街でも宿泊先でも、フリーのWi-Fiを利用すればいいだけの話かもしれない、けれど、それがいつでもどこでも快適に、ネット環境にアクセスできるとは限りません。...
ケース内に収納された真空ガラス管に食材を入れて太陽の熱を集め、火が通るのを待つだけ。アウトドアファンが待ち望んだ自然派クッカー「GoSun」に新シリーズ登場。
新年になったからといって、いきなり真新しい自分になれるわけではありません。でも、何か目標を持つことで、自然と能動的な気持ちなれるはず。そして、毎日の少しづ...
2015年も残りあとわずか。そろそろ意識が新年に向き始めている人も多いのではないでしょうか。そこで「Higher Perspective」に掲載されている...
きっと、多くの人が毎年立てているであろう新年の目標。「今年こそ!」とは思っていても、なかなか達成できることは少ないものです。そんなあなたへ。「Inc.」に...
「新年の抱負」を立てるのは良いけれど、ほぼほぼ放棄してしまっている人、いませんか?どうやら統計的に言っても、新年に掲げた目標を守る人はほとんどいないという...
お互いに対する思いやりもアップしそうな10個の「カップル目標」を提案するのは、「Elite Daily」のRachel Shattoさん。ふたりの関係に新...
チョコレートとは呼べなくなってしまったお菓子。製法も味もチョコレートと同じにもかかわらず、だそうです。
2016年もまだ100日以上残したこのタイミングで来年の話なんて、と思う人はそこまで。このデータを目にしてもそう言える?新年に立てた目標を達成できずに終わ...
1月といえば新年会、新年会といえばお酒。忘年会シーズンに引き続き、飲み過ぎが続いている…なんてことはありませんか?お酒を飲んでいると、新年を迎えて「今年こ...
いよいよ年の瀬も迫り、忙しい毎日をお過ごしの方も多いかと思いますが、年末年始の予定はお決まりでしょうか。クリスマス、忘年会、大晦日、正月、新年会とイベント...
まだ2018年ははじまったばかり。何か新しいことをはじめたいと思っている人は、この習慣を取り入れてみては?
ここで紹介するのは「Inc.com」に掲載されている「2016年を素晴らしい一年にするための、たった1つの言葉」という記事。どうやら、あるキーワードに焦点...
ライターRania Naim氏が「Thought Catalog」にまとめている内容は、年末のこの時期にピッタリ。というのも、新年を迎えるにあたってサヨナ...
花一輪をプレゼント……はキザでも、ワイン1本ならプレゼントできちゃうかも。
そんな簡単な贈り物にするのだっていい、エチケットの花一輪が可憐で愛らしいアルゼ...
新年になにか抱負を立てた人。順調ですか?米・スクラントン大学の調査によれば、その92%は未達成に終わっているそうです。「新年の抱負ランキング」によると、1...
幸せな一年を過ごしたいのなら、まず脳をポジティブに切り替えていくことが大切。そこで「Elite Daily」のAlani Vargasさんがかき集めたのは...
「グレート・ギャッツビー」で知られるアメリカの小説家、F・スコット・フィッツジェラルドは非常に多くの手紙を残しています。その中でも紹介したいのは、ショーン...
海外で花火を見ながらカウントダウンをして新年を祝うのは、日本とは一味違った経験ができるはず。いつか見に行きたいという人も、一生見に行かないだろうという人も...
気がつけば2016年ももうすぐおしまい。今年こそはキレイな家に住もうと思っていたはずなのに、なかなかうまくいかない…。そんなあなた、大掃除で家の中にあるも...
新しい行動を促す自己啓発記事は数あれど、それらのほとんどは実践するのが難しい印象。たとえ一歩を踏み出せたとしても、継続するのはハードルが高いものです。でも...