ヨーロッパの、不思議すぎる「新年の祝い方」を集めました。

新年、あけましておめでとうございます!

みなさん、どんなふうにカウントダウンを楽しみましたか?

年越しそばを食べたり、108回鐘を鳴らす文化が日本にあるように、世界各国には独特の新年の祝い方があります。なかでも、ヨーロッパ諸国のクセがすごい。

中央ヨーロッパとの時差は日本からマイナス8時間、まさに少し前に新年を迎えたばかりの彼らは、こんなふうに過ごしているようです。

【スペイン】
12粒のぶどうを食べる

D8f8c82e289c1dd49ca01e4aa4cde7fb01142029

スペインでは、新年を迎えるときに12粒のブドウを食べるそうです。「幸運を呼ぶ12粒のブドウ」と呼ばれていて、約3秒ごとに鳴る時計台の鐘に合わせてみごと12粒食べ切り、「フェリス・アニョ・ヌエボ(新年おめでとう!)」と言えたら願いが叶うとか(笑)。

3秒のうちに、皮をむいてタネを取って食べきるのはなかなか難しい……。スーパーではこの風習に合わせて、皮・種なしの“年越し用ぶどう缶”が売り出されているみたいです。

【ルーマニア】
熊の毛皮をかぶる

709c3c7fe2657fcddc2c1245891f0425899934a1

AFPBB NEWS』によると、ルーマニアではクリスマスイブから新年にかけて、クマやウマ、ヤギなどの動物を想起させる衣装や仮面を身に着けて行う儀式があるそうです。悪霊を追い払うのが目的なのだとか。

着ぐるみはルーマニア北部で狩猟された、本物の熊の毛皮がほとんど。こんな人たちが道に溢れているのって、異様すぎる光景ですよね。

【エストニア】
ごはんを7回食べる

8354689baf06cba7d6a46794b870a080859ce725

エストニア共和国では、元旦の1日に7回食事をするという風習があるそうです。食料に困らず豊かに過ごせるように、7人分の力を発揮することができる年になりますように、という意味だそう。なんともめちゃくちゃな気もするけれど…(笑)

他にも7、9、12という数字は縁起が良いとされているため、7回以上も食事をする地域もあるのだとか。

【スイス】
アイスを床に落とす

084abd2fb762a6251b499bfcd4adf23fb146fd34

「United Planet」によると、スイスの元旦は、床にアイスが落ちてもちっとも悲しくない唯一の日。

幸運・平和・富に満ちる一年になりますように、という願いを込めて床をアイスで満たすのだとか。よくわからないけれど、おそらく幸せの象徴として、アイスが選べれているのでしょうね。

【デンマーク】
お皿を投げ捨てる

3eef89c1ffe5ea702d49e1e92457f44b5f120977

デンマークでは、お皿を隣の家のドア(または親友の家のドア)に投げつけてお祝いするそうです。

なんでも、お皿を投げつけられた家は幸せになると信じられていて……一年のうちに使えなくなったお皿はこの日のためにずっと溜めておくのだとか。

玄関を開けて、自分が投げた数よりも多く食器があると、友人に恵まれているということらしいです。

【スコットランド】
イケメンが家に訪れる

81ae4f336652532d13144fa3923b21cb4d555e6e

スコットランドの地域では、0時の鐘が鳴り終わると、事前に選ばれたハンサムな男性家の扉を叩き、最初の一歩をもたらしてくれるそう。

来てくれたハンサムには、ウィスキーと贈り物を渡して各家庭からVIP扱いされるのだとか。一番はじめに家から連れ出してくれるのが、胸をときめかせる男性だなんて羨ましい!

Reference:AFPBB NEWS
新たに迎える年には、今までと違った自分になるために、目標や抱負をしっかりと立てて頑張りたいと固い決意を持っておられる方も多いと思います。そんなみなさんのた...
きっと、多くの人が毎年立てているであろう新年の目標。「今年こそ!」とは思っていても、なかなか達成できることは少ないものです。そんなあなたへ。「Inc.」に...
「新年の抱負」を立てるのは良いけれど、ほぼほぼ放棄してしまっている人、いませんか?どうやら統計的に言っても、新年に掲げた目標を守る人はほとんどいないという...
いよいよ年の瀬も迫り、忙しい毎日をお過ごしの方も多いかと思いますが、年末年始の予定はお決まりでしょうか。クリスマス、忘年会、大晦日、正月、新年会とイベント...
フランスの4都市に、大量発生した隠れミッキー。
ジョッキに麺が入っています。衝撃!
海外で花火を見ながらカウントダウンをして新年を祝うのは、日本とは一味違った経験ができるはず。いつか見に行きたいという人も、一生見に行かないだろうという人も...
ライターRachel Chapmanさんは、20代にターゲットを絞り、8つの抱負を提案しています。度を越えた難しいものはないので、ナマケモノ気質でも意外と...
新年になったからといって、いきなり真新しい自分になれるわけではありません。でも、何か目標を持つことで、自然と能動的な気持ちなれるはず。そして、毎日の少しづ...
1月といえば新年会、新年会といえばお酒。忘年会シーズンに引き続き、飲み過ぎが続いている…なんてことはありませんか?お酒を飲んでいると、新年を迎えて「今年こ...
高級和牛の代表格、三重県の松阪牛(まつさかうし)。ビールを飲ませるという贅沢な育て方でご存知の方も多いはず。ここで紹介している「松阪牛 しぐれ煮」は、甘辛...
アメリカ、ノースカロライナ州のデザイナーであるOlivia Mearsさんは、クリスマスプレゼントのラッピングを利用してニューイヤー祝いのハイクオリティな...
海外旅行をすると、今まで自分が知らなかった文化や慣習に出合います。そうした一種のカルチャーショックこそが、楽しかったりもしますよね。ここで紹介するのは、そ...
四半世紀に渡ってヨーロッパ暮らしをしているというジャーナリストの片野優さんと、ライターの須貝典子さん夫婦。彼らは雑誌の取材でヨーロッパ中を駆け巡り、そこで...
幸せな一年を過ごしたいのなら、まず脳をポジティブに切り替えていくことが大切。そこで「Elite Daily」のAlani Vargasさんがかき集めたのは...
新年になにか抱負を立てた人。順調ですか?米・スクラントン大学の調査によれば、その92%は未達成に終わっているそうです。「新年の抱負ランキング」によると、1...
お互いに対する思いやりもアップしそうな10個の「カップル目標」を提案するのは、「Elite Daily」のRachel Shattoさん。ふたりの関係に新...
2016年もまだ100日以上残したこのタイミングで来年の話なんて、と思う人はそこまで。このデータを目にしてもそう言える?新年に立てた目標を達成できずに終わ...
2015年に設立した「Wingly」は、パイロットと飛行機に乗りたいと考えている人をつなげるサービスを展開中だ。