これが、2018年の「色」!

 

「その年の色」があるって知っていました?

(恥ずかしながら、わたしは2018年になってから知りました)

ちなみに、昨年の色は「リーディングレッド」というビビッドな赤。ファッションシーンやInstagramで、赤色が流行っていたのも、ちゃんとした理由があったんですね。

2018年は、この色!

ビジョナリーミント

「ビジョナリー(Visionary)」は、「将来を見通した、想像力のある」などの意味を持つ言葉。

混迷を極める時代に風穴を開けて、明るく、爽やかに進んでいきたいという気持ちを込めて、一般社団法人日本流行色協会(JAFCA)が選定したんです。単純に「流行」というだけではなく、その年のムードを作っていく願いを込めて選ばれているんですね。

ではなぜ、ビジョナリー「ミント」なのでしょう? これには、3つの理由があるみたい。

01.
若い人たちを中心に広がる
独創的な考えと行動力

ミレニアル世代の若い人たちを中心に広がっていく、独創的な考えと、世界中とつながる行動力。それによって、新しい展望が開かれるかもしれません。それを象徴する色として、未来を感じさせる明るい光のような色。

02.
軽やかな心で
みんなで未来へ進んでいく

重要なことが見えないところで決まってしまうような時代は終わり、開かれた場所で、みんなで考え、進むべき道を決定する時代になっていくはず。異なる業界、年齢、性別、民族の違いを超えてフラットにつながり、社会の課題を解決していきましょう。

このような時代は、深い洞察力と、軽やかな行動力、風通しのよさが求められます。透明感があり、爽やかさを思わせ、未来に向かって軽やかに進む人々の気持ちを表す色。

03.
わたしたちに必要な
澄んだ空気と水

長いこと警鐘されている環境問題。気候変動はますます激しくなっていきます。地球上の至るところで自然災害が多発し、大気汚染が進み、核が拡散することによって、いずれは地球の滅亡を引き起こす可能性も。

今、できることはまだまだあるはず。わたしたちにとって欠かすことのできない、きれいな空気と水を象徴する色。

 

一年後、「この色が象徴していた」とみんなで振り返られるような、2018年になりますように。

Licensed material used with permission by 一般社団法人 日本流行色協会

関連する記事

身近にあるものを使って色を紹介するInstagram「@lucialitman」。これまで知らなかった色をたくさん知ることができておもしろい。
「日本流行色協会」が一般アンケートを元に決定する2020年のテーマカラーが「ヒューマンレッド」に決定。これは、単に流行した色、あるいは流行する色という意味...
ナイキの新作シューズ「Air Force 1」。紫外線にあたると色が変化するシューズです。
オランダの子供服ブランド「adam & aoki」が、さらされた紫外線量に応じて袖の色が変わるTシャツを開発!
「コロナ禍で苦慮する“祭り”を応援したい」、そんな想いから企画され、3月3日に発売されるのが、祭り主催者に売り上げの10パーセントを寄付する祭り応援ビール...
日本古来からめでたいもの・縁起のいいものとされている、1年で1番最初の日の出。2018年の初日の出は何時に見れるのだろう?『国立天文台』の情報をもとにご紹介。
アメリカとカナダのスタバで販売されている、色が変わるタンブラー。

人気の記事

SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
「カプセルイン錦糸町」の屋上に昨秋オープンしたルーフトップサウナ「SAUNA GARDEN錦糸町」。この度誕生する「The錦糸町」は、さらにその上に位置す...
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...