「青色盲」の人たちが見ている世界。

晴れた日に
絶景を見にでかけたら…

緑っぽさや赤っぽさはあるけれど、青色があまりないことに気づく。雲ひとつない晴天であるはずの空は、少し霧がかっているようにぼんやりしている。どの写真を見ても、なぜか薄っすらとした印象しか残らない…。

写真にはフィルターがかけられているのだけれど、アートを目的としているわけではない。3型2色覚(青色盲)の人たちが世界をどう見ているのかを表したもの。

これらの写真を編集したDavide Sassoさんに、「もしかしてこれはDavideさんが見ている世界ですか?」と聞いてみた。すると─、

「そういうわけではありません。でも、いつも色覚異常の人は世界をどのように見ているんだろうということに興味がありました。カラースペクトルを使って、様々なタイプの色覚異常について見てみましたが、3型2色覚(青色盲)が一番気になりました。だから、他の人にも彼らがどのように見えているのかを伝えたかったのです」

Licensed material used with permission by Davide Sasso
疲れがピークになった週末こそ、こういう写真に心癒される──。
Benedetto DemaioがInstagramで公開するのは、ほぼ全てターコイズブルーに関連したもの。美しいティレニア海を見渡すことのできるイタリア...
雨上がりに空に現れる、7色の虹。現在、虹(レインボー)といえば7色が全世界共通ですが、じつは時代や国によって認識が違っていたのです。書籍『色で巡る日本と世...
世界には、様々なブランドがあります。グローバル化が進む時代において、企業が一体どんなキャラクターであるのかを発信していく重要性は、ますます高まっていくので...
ブルーチーズと発酵バターのソフトクリームが楽しめるフランス生まれのチーズ&バター専門店beillevaire〒106-0046 東京都港区元麻布3丁目11...
世界のベストスイーツTOP10に選ばれた台湾で人気NO.1の新食感かき氷 ICE MONSTER〒150-0001 東京都渋谷区神宮前6丁目3-7http...
某ファーストフードチェーンおよび某国際輸送物流会社を意識したセレクトです。
Daisy Chausséeさんのインスタグラムには旅の思い出が色ごとに分けられている。全体でアカウントを見ればグラデーションになっていてとっても綺麗。そ...
世界各国の若者の部屋を6年間にわたり撮影。フランス、スイスなど世界各国で続々出版。「ナショナルジオグラフィック・ポーランド」が絶賛し、いま、全世界で話題沸...
目が見えない人にとって、世界はどう感じるのでしょうか?そこで、今回紹介する動画がテーマにしているのは「色」です。「Cut.com」が今回チャレンジしたのは...
正直、そんな状態で働いていたことに驚きですが、一番ビックリしたのは当事者自身かもしれませんね。予想外の方法で空を飛んでしまったのだから……。
フォトグラファーのMatthieu Bühlerさんの被写体は母と子。
宮﨑駿監督のアニメーション作品が大好きだという外国人フォトグラファー。彼がつくりあげる世界観は、私たちの世界をまるで別世界に変えている──。
同じ日本と言えども、関東と関西では食文化に大きな違いがあることはご存知のとおり。食を通して異文化体験ができてしまう。では、その違いってどこにあるかちゃんと...
これ、何がスゴいかって、動画を印刷できるんです。だから、『ハリー・ポッター』で見たような“魔法の写真”を手に入れることができます。
メイクアップ用として、よく使われるグリッター。どうやら海外では、食べ物にコレをトッピングするレストランやバー、カフェが増えてきているようです。
画家ゴーギャンが「古城のよう」と表現したことで知られるポリネシア、モーレア島を拠点に活動する写真家夫婦ヴィルジニさんとサミュエルさんは、10年ものあいだポ...
「はじめに、君たちに言っておきたいことがある。『ギリシャといえば、青い海、白亜の神殿!』なんてイメージは幻想だ。古代ギリシャ人は海をワイン色と表現する。そ...
『白雪姫』や『人魚姫』などおとぎ話というのは、いつだって私たちに夢を見させてくれます。フォトグラファーのAnna Isabella Christensen...
信州のりんごの季節は青りんごから始まります。1年で1番最初に取れるこの時期の青りんごはさっぱりとした酸味と爽やかな香りが初夏にぴったり。そんな信州の青りん...
25年ものあいだ、白黒の写真を撮りつづけているJason PetersonさんのInstagramには100万人以上のフォロワーがいる。それもそのはず、彼...
サッカー観戦や世界遺産巡りももちろんいいけれど、みなさんはバルセロナの街並みを上から見下ろしたことはありますか。ひとりの写真家が上空から撮影した、芸術的す...
この写真がどうしてそんなに「興味深いのか?」というと。
「その年の色」が、あるんです。JAFCAが選定した2018年の色は、時代を象徴する3つの理由から選ばれた「ビジョナリーミント」。