「青色盲」の人たちが見ている世界。

晴れた日に
絶景を見にでかけたら…

Cd5d6cf4dcc5593c50098eae321a89e0fe67d06a5ddcb64f559a7f3051c1f73cb817b8e6892405933b8024148b2dbbc672c140d866bcfb0c4445003dC26a1fd694200028f9c53881ce9da55460a9e42c

緑っぽさや赤っぽさはあるけれど、青色があまりないことに気づく。雲ひとつない晴天であるはずの空は、少し霧がかっているようにぼんやりしている。どの写真を見ても、なぜか薄っすらとした印象しか残らない…。

写真にはフィルターがかけられているのだけれど、アートを目的としているわけではない。3型2色覚(青色盲)の人たちが世界をどう見ているのかを表したもの。

961261f2b822da7ccf2ab0231443c83ddabb97060f32048f3932406affd429ddb16dbdc466cf863a

これらの写真を編集したDavide Sassoさんに、「もしかしてこれはDavideさんが見ている世界ですか?」と聞いてみた。すると─、

「そういうわけではありません。でも、いつも色覚異常の人は世界をどのように見ているんだろうということに興味がありました。カラースペクトルを使って、様々なタイプの色覚異常について見てみましたが、3型2色覚(青色盲)が一番気になりました。だから、他の人にも彼らがどのように見えているのかを伝えたかったのです」

Licensed material used with permission by Davide Sasso
Benedetto DemaioがInstagramで公開するのは、ほぼ全てターコイズブルーに関連したもの。美しいティレニア海を見渡すことのできるイタリア...
雨上がりに空に現れる、7色の虹。現在、虹(レインボー)といえば7色が全世界共通ですが、じつは時代や国によって認識が違っていたのです。書籍『色で巡る日本と世...
世界には、様々なブランドがあります。グローバル化が進む時代において、企業が一体どんなキャラクターであるのかを発信していく重要性は、ますます高まっていくので...
Daisy Chausséeさんのインスタグラムには旅の思い出が色ごとに分けられている。全体でアカウントを見ればグラデーションになっていてとっても綺麗。そ...
同じ日本と言えども、関東と関西では食文化に大きな違いがあることはご存知のとおり。食を通して異文化体験ができてしまう。では、その違いってどこにあるかちゃんと...
目が見えない人にとって、世界はどう感じるのでしょうか?そこで、今回紹介する動画がテーマにしているのは「色」です。「Cut.com」が今回チャレンジしたのは...
「はじめに、君たちに言っておきたいことがある。『ギリシャといえば、青い海、白亜の神殿!』なんてイメージは幻想だ。古代ギリシャ人は海をワイン色と表現する。そ...
『白雪姫』や『人魚姫』などおとぎ話というのは、いつだって私たちに夢を見させてくれます。フォトグラファーのAnna Isabella Christensen...
2016年1月時点での国連加盟国は193カ国。それらの国々の「国旗デザイン」に関するアレコレを、インフォグラフィックで分かりやすくまとめたのが「Flag ...
25年ものあいだ、白黒の写真を撮りつづけているJason PetersonさんのInstagramには100万人以上のフォロワーがいる。それもそのはず、彼...
信州のりんごの季節は青りんごから始まります。1年で1番最初に取れるこの時期の青りんごはさっぱりとした酸味と爽やかな香りが初夏にぴったり。そんな信州の青りん...
ディズニーのキャラクターっていえば、誰が頭に浮かんでくるでしょうか?アラジン、ピノキオ、それともニモ…。じつにたくさんのキャラが存在するわけですが、そこに...
「その年の色」が、あるんです。JAFCAが選定した2018年の色は、時代を象徴する3つの理由から選ばれた「ビジョナリーミント」。
8歳の少女が世界を見つめる姿を撮り続けるのはフォトグラファーである父。しかし写真は娘のためではなく、自分のためだそう。彼の不安や憂鬱は、清廉で特別にも見え...
部屋、衣装、小物などに使われている色は1色。単色で統一された写真シリーズ「Colors」で独特な世界観を完成させたのは、ボストンをベースに活躍するフォトグ...
アメリカ・カリフォルニア州のサンディエゴに住んでいるコンチェッタさんは、私たちが可能だとされている100倍もの色を見分けることができるらしい・・・。基本的...
仕事やプライベートで逆境に遭遇したとき、「折れない心をもった人」と「心が折れてしまう人」がいます。特にビジネスにおいては、折れない心は「仕事がデキる人」と...
テレビやネットを通しては見れない、リアルなアメリカを映す写真がある。被写体は皆、ベッドルームにいるBarbara Peacockさんの写真だ。様々な年代や...
普段何気なく暮らしている東京の街を、外国人が見るとどう感じるのか?こうしたコンテンツは、文化の違いが見てとれるのでかなり好物。「そんなものに興味を示すの?...
ロンドンの「テート・モダン美術館」は、世界でも有数の近現代美術館。充実したコレクションが入場無料で見られる、アートファンにとってはある種“聖地”のひとつ。...