「青色図鑑」のようなオーストラリアの海

地上に存在する「美しい場所」を求めて撮影の旅を続けるのは、フランス人フォトグラファーArnold Longequeue。最新シリーズ『The Quite Life』は、オーストラリア屈指の人気エリア、ボンダイ・ビーチが被写体となっている。

ターコイズからコバルトブルーまで、写真の中の海の青さは、じつに多くの表情を持っていて目を引かれてしまう。光と水によってつくられる多様な「青」は天然アートそのものだ。

#1
ターコイズ

#2
セルリアン・ブルー
 

#3
オーシャン

#4
ブライト・シー

#5
トロピック・アイル・ブルー

#6
ミント・ブルー

#7
インディゴ

#8
ドルフィン・ブルー

#9
アクア

#10
ナイル・ブルー

#11
サイアン・ブルー

#12
コバルト・ブルー

どう?

ぼ〜っと写真を眺めているだけでも、今すぐ海へ行きたくならない?

Licensed material used with permission by Arnold Longequeue
ビーチへ行って日焼けをしたり、海で泳いだり、思い思いに夏を過ごすオーストラリアの人々。けれど1月26日の「オーストラリア・デー」だけは皆、こぞって自国を想...
写真家のDavid Behar氏が捉えたのはマイアミビーチの心地よい海の家。年々大きくなり続ける海の家より、ミニマルな海の家が今の気分だと思います。
オーストラリアのサーファーたちがつくった海専用のゴミ箱「The Seabin」は、水面に設置すると、近くに浮かぶゴミを海水ごと飲み込む仕組み。
写真を見ると、ブルーやピンク、オレンジの色が幻想的です。
色合いやレイアウトは美味しいミルクシェイクが楽しめそうなレストラン。映画で観たことがあるような“アメリカ”!
Pornhubへの流入が、通常時に比べて21%も増えた時間帯があったのだとか。
2018年に発売予定のビデオゲーム「Paperbark」は、夏のオーストラリアが舞台。ウォンバットと一緒に、途中で発生する問題などを解決しながら、オースト...
水も砂も寄せ付けない!と昨年話題になった、「Sandusa」の最強ビーチタオル。オーストラリア発のこのブランド、今年は水も砂も寄せ付けない「最強クッション...
5月ももうすぐ終わり。はやくも夏めいてきてます。海行きてー! って思ってなくても、ためしに原宿に行ってみて。
海の写真というと水上か水中のどちらかというイメージがありますが、オーストラリアのフォトグラファーMatty Smith氏が捉えたのはそのちょうど真ん中!2...
トロントの企業「AHLOT」は、マリファナをたくさん吸ってきた経験のある人を募集中です。
『Sigalit Landau SALT YEARS』の本で紹介される写真がおもしろい。死海でこれでもかというほど“塩漬け”された物が写っています。死海の...
フォトグラファーでイラストレーターのフェリペ・ベドウヤ。彼の目にとまったビーチは青い海でも水着姿の美女でもなく、ベンダー(売り子)たち。彼らの姿を切り取り...
小麦色の肌が良い!けれどシミや皺ができてしまうのは嫌。そんなワガママを叶えてくれるアイテムがオーストラリアから登場。アイデアが生まれたキッカケは、現地のビ...
同性愛者同士が結婚することを法的に認める国が徐々に増えてきている今、一番動きが活発なのはオーストラリアだ。現在、同性婚の合法化の賛否を問う国民投票が行われ...
いっときのサードウェーブ系コーヒーショップのように、いまだに長い行列をつくる台湾茶スタンド。お目当はもちろんタピオカ入りミルクティーなんでしょうけど……。
淡いブルーで描かれた美しい抽象画…と思いきや、実はこれ上空から塩田を捉えた風景写真。撮影したのは、スコットランドの風景写真家Simon Butterwor...
留学と言ったら、もちろんまずは勉強が大事だけど、その国の文化やライフスタイルに溶け込んで、日本じゃできない経験もしてこそ、本当の留学と言えるんじゃないかと...
港につけた船から朝採りの牡蠣を直接売っているところもありますが、それ以上に新鮮です!
より多くの人により多くのビーチを楽しんでもらうために考えられたのが「Beach Colors ®」です。
写真をみてください。このどこまでも続いているなが〜い階段。まるで…雲の向こうまで行けちゃいそう!晴れた空にス〜っと伸びていっています。どうやら海沿いの街に...
オーストラリアの金融会社「Collins SBA」が採用しているのは、生産性を限りなく高めて、ワークライフバランスを実現しようというもの。
WEBサイト『海の見える駅』制作者で、これまで全国各地300駅近くの「海の見える駅」を訪れてきた村松 拓さん(インタビューはこちら)。前回は、村松さんおす...
夏らしい青空もないし、透き通った美しい海もない、なのにカラッとした心地いい日本の夏の「暑さ」を感じる写真たちです。撮影したのは東京在住のブラジル人フォトグ...