海に入って、牡蠣を採って、即いただきます!が南オーストラリア流

コフィン・ベイという南オーストラリアの港町。“シーフードホットスポット”とも呼ばれていて、たくさんの魚介類が楽しめるので有名です。

ここで人気なのは、海に入って、牡蠣を採って即食べる、オイスターテイスティングツアー。港につけた船から朝採りの牡蠣を直接売っているところもありますが、それ以上に新鮮!

1時間半ほどで気軽に参加できる同ツアーのほか、2日間かけて楽しむ究極のシーフード逃避行「Ultimate Seafood Escape」をはじめ、バラエティ豊かな魚介を味わえる夏のシーフードツアーなど、プランは様々。

海の幸が好きな人にはたまらない、フレッシュな体験ができそうですね。

Top image: © Oyster Farm Tours
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

一般的にレモンを搾ってツルり。ですよね。ここに紹介するのは、ひと味違うおいしさを体験できる食べ方です。
食べ過ぎ注意です。でも、止まらないおいしさなんです。
2018年に発売予定のビデオゲーム「Paperbark」は、夏のオーストラリアが舞台。ウォンバットと一緒に、途中で発生する問題などを解決しながら、オースト...
オーストラリアのファストフード店「Oliver's Real Food」のサイドメニューは、蒸したサヤインゲンや枝豆、トウモロコシなど健康的なものばかり。...
「EARMIND」は、異なる6つのアート分野の作家や工房によって手掛けられた、デザイン性を高めたカスタマイズBluetoothイヤホンだ。
ビーチへ行って日焼けをしたり、海で泳いだり、思い思いに夏を過ごすオーストラリアの人々。けれど1月26日の「オーストラリア・デー」だけは皆、こぞって自国を想...
オーストラリアが国を挙げて、人々の寄付を募っている。新しく鋳造された1ドルコインは「Donation Dollar」と名付けられ、政府が慈善寄付を促進している。

人気の記事

SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
感染拡大防止のため、あのハリウッド映画の登場人物たちも......マスクを着用し始めた!?
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
「ニューヨーク近代美術館(MoMA)」のミュージアムショップがセレクトしたスピーカー/ラジオ「OB‐4 マジックラジオ」が日本初上陸。DJコントローラーの...