読んだら後悔するかも。オーストラリアに旅立ちたくなる20のこと

留学と言ったら、もちろんまずは勉強が大事だけど、その国の文化やライフスタイルに溶け込んで、日本じゃできない経験もしてこそ、本当の留学と言えるんじゃないかと思う。せっかくなら、一生忘れられない時間を過ごしたいのは誰でも同じ!

オーストラリアに留学する20のメリットを「Elite Daily」に寄稿しているさんがまとめています。「最高の留学」を経験したいなら、読んでみる価値あり。

01.
単位を取れる大学がいくつもあり
自分に合う街を選べる

02.
メルボルンやシドニーは
パーフェクト

若者が集まる街で、現地にいる同世代の子たちと思い切り楽しむことができるはず。

03.
気候が最高!

雨が降ったとしても日本みたいに一日中だらだらと降ることは、ほとんどない。

04.
どの街もビーチが近い

まるで「ちょっと裏庭に行ってくる」くらいの感覚。

05.
休みの日には
サーフィンができる

いい波がたくさんあるビーチが多く、世界大会も行われている。サーフショップも多く、未経験者も始めるならうってつけの場所。

06.
海について「課外授業」

グレートバリアリーフに潜るなんてどう?

07.
冒険は内陸でも楽しめちゃう

エアーズロックをはじめたくさんの魅力がある。

08.
満点の星空の下でキャンプ!

ツイてればたくさんの流れ星が見れるかも。

09.
インスタ映えする
景色がたくさん

長期休みを待たなくても、電車や車、いやむしろ歩いてちょっと行くだけ。

10.
面白くて可愛い
動物の宝庫

11.
クオッカワラビーとの
自撮りができる唯一の場所

「Quokka」の写真をグーグル検索してみてほしい。一瞬で意味が伝わるはずだから!

12.
シドニー・ハーバー沿いの
バーやパブは最高

景色を楽しみながら、おいしいお酒を。(もちろんあなたが20歳以上なら!)

13.
「ニモ」を思い出しながら
オペラハウスで文化を学ぶ

海の中から顔を出したら「シドニーだ!」っていうシーン、そういえばあった。

14.
あなたの冒険的な一面を
生かせるのがまさにこの国

日本の約20倍の面積があるオーストラリアには、数え切れないほどの冒険が詰まっている。

15.
毎日、砂浜で
スポーツができちゃう

16.
簡単に言っちゃうと
ホットなラグビー選手がいる

17.
じつは
数々のセレブを輩出

ヒュー・ジャックマンやニコール・キッドマンはオーストラリア出身。

18.
地元の人を眺めているだけで
目の保養になっちゃう

19.
美男美女が喋る
オージーアクセントもまたいい

オーストラリア訛も、慣れれば心地よく聞こえてくる。

20.
ヘムズワース兄弟の母国でもあるの
もう説明する必要はないよね?

正直あまりピンとこなくてググったら、イケメン!

Licensed material used with permission by Elite Daily
オーストラリアの先住民、アボリジニのアートを、オペラハウスにプロジェクションマッピングを使い映し出すという大胆な試みが今行われている。古い文化や伝統の重要...
2018年に発売予定のビデオゲーム「Paperbark」は、夏のオーストラリアが舞台。ウォンバットと一緒に、途中で発生する問題などを解決しながら、オースト...
ビーチへ行って日焼けをしたり、海で泳いだり、思い思いに夏を過ごすオーストラリアの人々。けれど1月26日の「オーストラリア・デー」だけは皆、こぞって自国を想...
メルボルンがカフェの街といわれるのは、コーヒーの質が高いということではなく、お店全体に広がる「おもてなし」の気持ちと、コーヒーにたっぷり注がれている愛情の...
「ミハラヤスヒロ」や「ENGINEERED GARMENTS」「nonnative」など数々の人気ブランドとコラボしてきたラーメン店「一風堂」が次なるタッ...
僕がこの記事の中で「Love Symbol #2」を使っていることをお許しいただけるといいのですが……。
心底コーヒーが好きな人たちに向けて、最高の一杯を提供する。それがメルボルンという街。
小麦色の肌が良い!けれどシミや皺ができてしまうのは嫌。そんなワガママを叶えてくれるアイテムがオーストラリアから登場。アイデアが生まれたキッカケは、現地のビ...
オーストラリアのビール会社Sydney Beer Co.がユニークな職種を募集をしています。Chief Clock-Off Officer。意訳すると「時...
オーストラリアにある独特なバーベキュー文化を紹介するコラム。独自の要素が詰まっていて面白いものばかり。「トングを渡されたら気をつけろ」など、ライターの個人...
中国・上海から100kmほど離れた海寧市。この都市に最近オープンしたセレクトショップ「Dear So Cute」が、淡いピンクとホワイトを基調とした内装で...
オーストラリアの金融会社「Collins SBA」が採用しているのは、生産性を限りなく高めて、ワークライフバランスを実現しようというもの。
「オペア」留学は海外の子どものいる家庭に家族の一員としてホームステイし、ベビーシッターとして働く留学制度。海外での生活費がかからず、ビザの心配もなく、合法...
新たな観光スポットとして要チェックです。
「エコノミスト」は、毎年「世界で最も住みやすい都市ランキング」を発表していますが、その上位10都市のうち6都市を、オーストラリアとカナダの2国が占めている...
久しぶりに訪れた兵庫県・神戸市で、地元の人に案内してもらった老舗洋食店が忘れられません。三宮・生田ロードにある「欧風料理 もん」。昭和11年創業の老舗洋食...
「The BEACH BURGER HOUSE」があるのは、2017年に大きくリニューアルしたばかりの「フェニックス・シーガイア・リゾート」から、車で5分...
オーストラリア・ニューサウスウェールズ州は、換金されなかった宝くじの賞金を使って、ジャッキー・チェン主演のアクション映画『ポリス・ストーリー / REBO...
同性愛者同士が結婚することを法的に認める国が徐々に増えてきている今、一番動きが活発なのはオーストラリアだ。現在、同性婚の合法化の賛否を問う国民投票が行われ...
オーストラリア・クイーンズランドの北端、ファー・ノース・クイーンズランド。世界遺産であるグレート・バリア・リーフや、70もの国立公園がある自然がいっぱいの...
毎回、過激な手法で賛否両論の物議を醸すPETA(動物の倫理的扱いを求める人々の会)。今回は、シドニーのケンタッキーフライドチキン前の路上で、動物愛護への問...
オーストラリアのニューカッスル大学が、18世紀から19世紀にかけて国内各地で起こった先住民の虐殺をデータ化したサイトを作成。いつ頃、何人の先住民が殺害され...
写真を見ると、ブルーやピンク、オレンジの色が幻想的です。
老若男女カンケイなし。裸になって、自転車でGO!そんな様子が話題になったこのイベント。一体何ゴト!?ここで紹介する「ネイキッド・バイク・ライド」は、201...