読んだら後悔するかも。オーストラリアに旅立ちたくなる20のこと

留学と言ったら、もちろんまずは勉強が大事だけど、その国の文化やライフスタイルに溶け込んで、日本じゃできない経験もしてこそ、本当の留学と言えるんじゃないかと思う。せっかくなら、一生忘れられない時間を過ごしたいのは誰でも同じ!

オーストラリアに留学する20のメリットを「Elite Daily」に寄稿しているさんがまとめています。「最高の留学」を経験したいなら、読んでみる価値あり。

01.
単位を取れる大学がいくつもあり
自分に合う街を選べる

02.
メルボルンやシドニーは
パーフェクト

若者が集まる街で、現地にいる同世代の子たちと思い切り楽しむことができるはず。

03.
気候が最高!

雨が降ったとしても日本みたいに一日中だらだらと降ることは、ほとんどない。

04.
どの街もビーチが近い

まるで「ちょっと裏庭に行ってくる」くらいの感覚。

05.
休みの日には
サーフィンができる

いい波がたくさんあるビーチが多く、世界大会も行われている。サーフショップも多く、未経験者も始めるならうってつけの場所。

06.
海について「課外授業」

グレートバリアリーフに潜るなんてどう?

07.
冒険は内陸でも楽しめちゃう

エアーズロックをはじめたくさんの魅力がある。

08.
満点の星空の下でキャンプ!

ツイてればたくさんの流れ星が見れるかも。

09.
Instagram映えする
景色がたくさん

長期休みを待たなくても、電車や車、いやむしろ歩いてちょっと行くだけ。

10.
面白くて可愛い
動物の宝庫

11.
クオッカワラビーとの
自撮りができる唯一の場所

「Quokka」の写真をグーグル検索してみてほしい。一瞬で意味が伝わるはずだから!

12.
シドニー・ハーバー沿いの
バーやパブは最高

景色を楽しみながら、おいしいお酒を。(もちろんあなたが20歳以上なら!)

13.
「ニモ」を思い出しながら
オペラハウスで文化を学ぶ

海の中から顔を出したら「シドニーだ!」っていうシーン、そういえばあった。

14.
あなたの冒険的な一面を
生かせるのがまさにこの国

日本の約20倍の面積があるオーストラリアには、数え切れないほどの冒険が詰まっている。

15.
毎日、砂浜で
スポーツができちゃう

16.
簡単に言っちゃうと
ホットなラグビー選手がいる

17.
じつは
数々のセレブを輩出

ヒュー・ジャックマンやニコール・キッドマンはオーストラリア出身。

18.
地元の人を眺めているだけで
目の保養になっちゃう

19.
美男美女が喋る
オージーアクセントもまたいい

オーストラリア訛も、慣れれば心地よく聞こえてくる。

20.
ヘムズワース兄弟の母国でもあるの
もう説明する必要はないよね?

正直あまりピンとこなくてググったら、イケメン!

Licensed material used with permission by Elite Daily

関連する記事

オーストラリアの先住民、アボリジニのアートを、オペラハウスにプロジェクションマッピングを使い映し出すという大胆な試みが今行われている。古い文化や伝統の重要...
メルボルンがカフェの街といわれるのは、コーヒーの質が高いということではなく、お店全体に広がる「おもてなし」の気持ちと、コーヒーにたっぷり注がれている愛情の...
2018年に発売予定のビデオゲーム「Paperbark」は、夏のオーストラリアが舞台。ウォンバットと一緒に、途中で発生する問題などを解決しながら、オースト...
ビーチへ行って日焼けをしたり、海で泳いだり、思い思いに夏を過ごすオーストラリアの人々。けれど1月26日の「オーストラリア・デー」だけは皆、こぞって自国を想...
「Billboard JAPAN」をパートナーに、「ジョニーウォーカーブルーラベル」をイメージしたオリジナル選曲のペアリングプレイリストが誕生した。
外国に行って複数の都市を豪華客船で巡る「海外クルーズ」をオーストラリアでしてきたんですが、思い出としては「ロイヤルな英国旅!?」をしてきたって感じ。
登山道がクローズする約1週間後の11月2日に、ウルル周辺でオペラが開催される予定。主催者側によるとチケットは既に完売したとのこと。注目度の高さから、今後こ...
「シドニー・フィッシュ・マーケット」は近年老朽化が進み、デンマークの建築デザイン事務所「3XN」の設計図を基に建て直しが決まりました。
心底コーヒーが好きな人たちに向けて、最高の一杯を提供する。それがメルボルンという街。
平日の昼に訪れたシドニーで見たのは、ビジネス街をスーツ姿の人々と一緒に半裸やランニングスタイルのマッチョが歩く光景。彼の地のエグゼクティブたちはランチタイ...
「スノーピーク」が2024年春、栃木県鹿沼市に関東初となる直営キャンプフィールドを開業することが発表された。
オーストラリアのビール会社Sydney Beer Co.がユニークな職種を募集をしています。Chief Clock-Off Officer。意訳すると「時...
オーストラリアのファストフード店「Oliver's Real Food」のサイドメニューは、蒸したサヤインゲンや枝豆、トウモロコシなど健康的なものばかり。...
オーストラリアが国を挙げて、人々の寄付を募っている。新しく鋳造された1ドルコインは「Donation Dollar」と名付けられ、政府が慈善寄付を促進している。
小麦色の肌が良い!けれどシミや皺ができてしまうのは嫌。そんなワガママを叶えてくれるアイテムがオーストラリアから登場。アイデアが生まれたキッカケは、現地のビ...
「オペア」留学は海外の子どものいる家庭に家族の一員としてホームステイし、ベビーシッターとして働く留学制度。海外での生活費がかからず、ビザの心配もなく、合法...
オーストラリアの金融会社「Collins SBA」が採用しているのは、生産性を限りなく高めて、ワークライフバランスを実現しようというもの。
「The BEACH BURGER HOUSE」があるのは、2017年に大きくリニューアルしたばかりの「フェニックス・シーガイア・リゾート」から、車で5分...
海外旅行中に行くなら、スーパーマーケットよりも「セブンイレブン」の方がおもしろい。オーストラリアのセブンは、つい日常使いしたくなるハイカロリーな食べ物や飲...
オーストラリア・ニューサウスウェールズ州の交通大臣が、電車に乗る際に、切符や交通系ICカードの代わりに顔認証システムを使うことを検討している。
シドニーでもっとも高いホテル「Crown Towers Sydney」が昨年12月28日に開業した。高さ275m、75階建てで、349の客室を用意したラグ...
新たな観光スポットとして要チェックです。
オーストラリアにある独特なバーベキュー文化を紹介するコラム。独自の要素が詰まっていて面白いものばかり。「トングを渡されたら気をつけろ」など、ライターの個人...
オーストラリア・ニューサウスウェールズ州は、換金されなかった宝くじの賞金を使って、ジャッキー・チェン主演のアクション映画『ポリス・ストーリー / REBO...
2020年、シドニーに再オープン予定の「W Hotel」に造られるインフィニティプールからは、ダーリン・ハーバーを一望できる景色が見られるということ。“映...
日本でも珍しい巨峰を使ったワイン。「ベラ・リッジ・エステート 巨峰」のご紹介。
「エコノミスト」は、毎年「世界で最も住みやすい都市ランキング」を発表していますが、その上位10都市のうち6都市を、オーストラリアとカナダの2国が占めている...
写真を見ると、ブルーやピンク、オレンジの色が幻想的です。
多くの人の帰る場所だった廃墟マンション「Burnham Beeches」。Roneというオーストラリアのストリートアーティストは、人の温かさを失ったマンシ...
オーストラリアのフリーマントル市議会は、市内における「バルーンリリース」を禁止する条例を可決。港湾都市として、海や海洋生物など環境に配慮した政策に取り組む。