自分で値段を決められる食料品店がメルボルンにオープン

2018年7月22日、メルボルンにオープンした『The Inconvenience Store』。こちらは非営利団体「Lenitl as Anything」が運営する食料品店です。

ここでは普通の店と同じように、野菜や果物が並べられています。ただ、値札が付いていないんです。お客さんが自分で値段を決めるシステムとなっています。商品は廃棄されそうなものを寄付してもらうなどして集められているそう。

食品廃棄を減らし、且つ経済的に困っている人たちに対するチャリティーが目的。グッドアイデアですよね。

Top image: © iStock.com/william87
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
心底コーヒーが好きな人たちに向けて、最高の一杯を提供する。それがメルボルンという街。
メルボルンがカフェの街といわれるのは、コーヒーの質が高いということではなく、お店全体に広がる「おもてなし」の気持ちと、コーヒーにたっぷり注がれている愛情の...
オーストラリアのメルボルン市議会は、市内にある図書館で新たなサービスを展開するため、常勤のソーシャルワーカーを雇用した。このサービスは、ホームレスといった...
「ハロー ミレニアルズ」#11 - Melbourne
今回は、ライターRが「OHNUT ALOE」を初体験した感想をお届けします。
Sit, Eat, Enjoy.When you are happy & full,pay as you feel in our Magic Money ...
「White Night Reimagined 2019(ホワイトナイト・リイマジンド 2019)」がメルボルン市内で8月22日~24日に開催。イベントは...
7月7日、今年の国際チョコレートデーにメルボルン郊外にあるショッピングモールでお披露目されたのは、チョコを3Dのように立体的にかたどる機械「Cadbury...
まだ食べられるのに、消費期限が近いからという理由だけで廃棄されてしまう大量の食材。誰もが「もったいない!」とは思うものの、具体的に解決しようと思うとそれは...
老若男女カンケイなし。裸になって、自転車でGO!そんな様子が話題になったこのイベント。一体何ゴト!?ここで紹介する「ネイキッド・バイク・ライド」は、201...
マスクの内側に貼って使える「固体酸素シート」は、 呼吸をしやすくするだけでなく、ウイルスやバクテリアの除菌、抗菌、消臭性能にも優れ、いつものマスクを手軽に...
「エコノミスト」は、毎年「世界で最も住みやすい都市ランキング」を発表していますが、その上位10都市のうち6都市を、オーストラリアとカナダの2国が占めている...
もともとケータリング事業をおこなっていたJagger Gordonさんは、ゴミ箱行きの食材を取り扱ったスーパーマーケット「No Waste Grocery...
その名も「The Break Room」。2016年4月、メルボルンにオープン予定のこの部屋は、安全にモノを破壊するために用意された場所だ。一体、なんのた...
「Everytable」は誰でも簡単にヘルシーな食べ物を食べられるようにするのが目標。そこで、彼らは平均年収によって価格を決める制度を導入しました。
11月4日に大阪中崎町にオープンするコーヒースタンド「PATHFINDER XNOBU(パスファインダー・タイムスノブ)」。ラテアート世界チャンピオン・下...
一生忘れられない宿泊体験を提供するホテル(?)が世界にはたくさん。もちろんここ日本にも。
先週10月22日(木)から規格外品を集めた展示販売イベント「NO PROBLEM store」が「パスザバトン表参道店」内の「パスザバトンギャラリー」で開催中。
メルボルンにオープンしたアイス屋さんが、Instagramで話題!そのビジュアルがたまらないのです。これは見逃せない〜♪わたあめ食べるのに大忙しでソフトが...
メルボルン・カブリーニ病院にある小児病棟のろうかにできたのは、光る壁。通行人の動きにアニメーションが反応するため、動く映像を追いかけたり、触ろうとしたり、...
外国に行って複数の都市を豪華客船で巡る「海外クルーズ」をオーストラリアでしてきたんですが、思い出としては「ロイヤルな英国旅!?」をしてきたって感じ。
メルボルンにある廃墟。取り壊される前に、壁に女性の悲しげな顔を描いたメルボルンのアーティスト。すべてのものには“寿命”があり美しさは永遠ではないということ...
多くの人の帰る場所だった廃墟マンション「Burnham Beeches」。Roneというオーストラリアのストリートアーティストは、人の温かさを失ったマンシ...
誰にでも、お気に入りのカフェのひとつはあるはずだ。おいしいコーヒーはもちろん、BGMのセンスが良かったり、そこでしか味わえない料理があったり、いつ訪れても...