8月はメルボルンの「ホワイトナイト・リイマジンド」でチル

2013年にスタートした光とアートの祭典「ホワイトナイト・メルボルン」がグレードアップして今年も還ってくる。「White Night Reimagined 2019(ホワイトナイト・リイマジンド 2019)」と題して8月22日~24日に開催される予定だ。3夜連続での開催は初めて。

場所は、市内を中心に、観光スポットとしても人気の国立ビクトリア美術館やビクトリア州立図書館、世界遺産の「ロイヤル・エキシビション・ビルとカールトン庭園」などを含む広い範囲に渡る。

プロジェクションマッピングをはじめとするビジュアルアートだったり、パフォーマンスが楽しめる充実の内容だ。

8月のオーストラリアは冬。日本の蒸し暑さから抜け出せると思えば、楽しさはさらに増すことだろう。

好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
心底コーヒーが好きな人たちに向けて、最高の一杯を提供する。それがメルボルンという街。
メルボルンがカフェの街といわれるのは、コーヒーの質が高いということではなく、お店全体に広がる「おもてなし」の気持ちと、コーヒーにたっぷり注がれている愛情の...
『The Inconvenience Store』には、通常の食料品店のように野菜や果物などが陳列されています。ただ他と違う点は、どの品物にも決められた値...
「ハロー ミレニアルズ」#11 - Melbourne
「日本遺産」って聞いたことありますか? 世界遺産ではありませんよ。JAPAN HERITAGE、そう、日本遺産です。世界遺産の縮小版かな、なんて思ったとし...
老若男女カンケイなし。裸になって、自転車でGO!そんな様子が話題になったこのイベント。一体何ゴト!?ここで紹介する「ネイキッド・バイク・ライド」は、201...
多くの人の帰る場所だった廃墟マンション「Burnham Beeches」。Roneというオーストラリアのストリートアーティストは、人の温かさを失ったマンシ...
「エコノミスト」は、毎年「世界で最も住みやすい都市ランキング」を発表していますが、その上位10都市のうち6都市を、オーストラリアとカナダの2国が占めている...
2016年3月、マリーナベイ・サンズのアートサイエンス・ミュージアムに、1,500平米もの巨大な常設展示「FUTURE WORLD: WHERE ART ...
誰にでも、お気に入りのカフェのひとつはあるはずだ。おいしいコーヒーはもちろん、BGMのセンスが良かったり、そこでしか味わえない料理があったり、いつ訪れても...
今年、固有種や絶滅危惧種などの生息地にもなっている梵浄山が、世界自然遺産に登録されました。これにより中国はオーストラリアとアメリカを抜いて世界自然遺産の数...
メルボルンにある廃墟。取り壊される前に、壁に女性の悲しげな顔を描いたメルボルンのアーティスト。すべてのものには“寿命”があり美しさは永遠ではないということ...
7月7日、今年の国際チョコレートデーにメルボルン郊外にあるショッピングモールでお披露目されたのは、チョコを3Dのように立体的にかたどる機械「Cadbury...
ポーランド有数の観光スポット、ヴィエリチカ岩塩坑。世界遺産ということもあり世界中から多くの人々が訪れるこの場所には、坑夫が採掘道具で彫ったという多数の塩の...
メルボルン・カブリーニ病院にある小児病棟のろうかにできたのは、光る壁。通行人の動きにアニメーションが反応するため、動く映像を追いかけたり、触ろうとしたり、...
Sit, Eat, Enjoy.When you are happy & full,pay as you feel in our Magic Money ...
六本木アートナイトとは、何気ない気持ちでふらりと立ち寄った人たちでさえも魅了する都会の祭り。一度、足を踏み入れてしまったものなら誰しも、次の宴が待ち遠しく...
ビーチへ行って日焼けをしたり、海で泳いだり、思い思いに夏を過ごすオーストラリアの人々。けれど1月26日の「オーストラリア・デー」だけは皆、こぞって自国を想...
11月3日(土)からはじまったライトアップイベント『FLOWERS BY NAKED 2018-京都・二条城』に、先週末2000人もの観光客が並びました。...
福岡県・宗像市にある上陸できない世界遺産「沖ノ島」を最も実感できるものに出会いました。その名も「沖ノ島朱(おきのしまあか)」。沖ノ島朱は、偶然と偶然が重な...