メルボルンの小児病棟に「心を照らす光の壁」が設置

メルボルン・カブリーニ病院にある小児病棟のろうかにできたのは、光る壁。通行人の動きにアニメーションが反応するため、動く映像を追いかけたり、触ろうとしたり、子どもたちに楽しまれているそうです。

場の雰囲気が明るくなりますね。大人にも大好評なのだとか。よく見ると、木製の壁が光を放っています。

3c88c7a0f6a186c8a97f8c45c54252525786641dC883487b2d604716eca7c360f25bfefb5c264ba3Cb3f25df8a0a062f96f604ba82e5c91505d4d84986c0b96a1c9484b8c2b8aaca38e11c197bad26a45f7168d402f704d6f852cf45d90a6919ae24ee03D85ef9a1775216694fb50ebaab22555748f9da8f9993f7128e4a5ee0aa338b082e945617aab790f7

enessが開発した「LUMES」という設備は、木材に照明を埋め込んだものです。光っていないときはふつうの壁なので、ときおり驚く人も。壁のなかで、草花や動物がゆらゆら動き、ロケットや飛行機がビューン!と飛び去っていきます。

カブリーニ病院のディレクターであり看護士のアンドレアさんは、子どもたちが直感的でインタラクティブな体験をできるよう、スペースを活用したいと思い、この壁を導入しました。公園の遊具のようで、通りかかるたびに気分が和みそうですね。

Licensed material used with permission by eness
メルボルンがカフェの街といわれるのは、コーヒーの質が高いということではなく、お店全体に広がる「おもてなし」の気持ちと、コーヒーにたっぷり注がれている愛情の...
心底コーヒーが好きな人たちに向けて、最高の一杯を提供する。それがメルボルンという街。
「ハロー ミレニアルズ」#11 - Melbourne
老若男女カンケイなし。裸になって、自転車でGO!そんな様子が話題になったこのイベント。一体何ゴト!?ここで紹介する「ネイキッド・バイク・ライド」は、201...
木の上につくられていている「Treehotel」は、見た目が鳥の巣やUFOのようだったり様々。泊まっても見ていてもワクワクします。
オーストラリアのビーチスポット、バイロンベイで暮らすジャックとマリーのアウトドアやカフェ、自然が中心のライフスタイルをイメージしたブランド「JACK & ...
「エコノミスト」は、毎年「世界で最も住みやすい都市ランキング」を発表していますが、その上位10都市のうち6都市を、オーストラリアとカナダの2国が占めている...
『The Inconvenience Store』には、通常の食料品店のように野菜や果物などが陳列されています。ただ他と違う点は、どの品物にも決められた値...
照明にとって最も重要なのは光る部分かも。そこがデザインされてないのはもったいない。D-DIGN Lightシリーズは、そんなコンセプトから誕生しました。
メルボルンにある廃墟。取り壊される前に、壁に女性の悲しげな顔を描いたメルボルンのアーティスト。すべてのものには“寿命”があり美しさは永遠ではないということ...
ロンドンの5つ星ホテルThe Ned。その地下にあるバーのお話。
あえて、「虫食い穴」を楽しみたい。
グッドデザイン賞2017を受賞した「さがデザイン」という取り組みを、同取り組みの一貫であるオンラインポストカードをとっかかりとして紹介する。「さがデザイン...
光を遮りたいから用いるブラインド。ところが、その性質を逆手にとった、こんなアイデア照明がありました。
日本のテクノロジーとスペインのデザインを融合させることで、大きなシナジー効果が生まれます。今回は、他の欧米諸国ではなく「なぜ、スペインのデザインなのか?」...
「#IMWITHKAP」という彼に賛同する意味のあるハッシュタグが刺繍されているデザインです。
現代人の多くは、太陽光があまり入らない部屋で、人工的なライトに照らされて生活しているのでは。時間や場所の感覚を失いがちな現代人が、あたたかい木漏れ日の光を...
4月に開催される世界最大規模のデザインの祭典「ミラノデザインウィーク」に、音の風景が展示される。
Sit, Eat, Enjoy.When you are happy & full,pay as you feel in our Magic Money ...
そんななかで『MONG MONT』は、インテリアの邪魔をしないという今までの考えではなく、むしろ壁に飾って見せるための<芸術性>を重視してつくられました。...