メルボルンの小児病棟に「心を照らす光の壁」が設置

メルボルン・カブリーニ病院にある小児病棟のろうかにできたのは、光る壁。通行人の動きにアニメーションが反応するため、動く映像を追いかけたり、触ろうとしたり、子どもたちに楽しまれているそうです。

場の雰囲気が明るくなりますね。大人にも大好評なのだとか。よく見ると、木製の壁が光を放っています。

enessが開発した「LUMES」という設備は、木材に照明を埋め込んだものです。光っていないときはふつうの壁なので、ときおり驚く人も。壁のなかで、草花や動物がゆらゆら動き、ロケットや飛行機がビューン!と飛び去っていきます。

カブリーニ病院のディレクターであり看護士のアンドレアさんは、子どもたちが直感的でインタラクティブな体験をできるよう、スペースを活用したいと思い、この壁を導入しました。公園の遊具のようで、通りかかるたびに気分が和みそうですね。

Licensed material used with permission by eness
他の記事を見る
心底コーヒーが好きな人たちに向けて、最高の一杯を提供する。それがメルボルンという街。
メルボルンがカフェの街といわれるのは、コーヒーの質が高いということではなく、お店全体に広がる「おもてなし」の気持ちと、コーヒーにたっぷり注がれている愛情の...
『The Inconvenience Store』には、通常の食料品店のように野菜や果物などが陳列されています。ただ他と違う点は、どの品物にも決められた値...
「ハロー ミレニアルズ」#11 - Melbourne
ヴィンテージ感のある洒落たバスタブの中で、泡まみれになりながらピザを食べるオジサンの幸せそうな顔!私もあんなふうにバブルバスでピザを味わいたい。
ホットチョコレートを飲めるカフェ『VERVE COFFEE ROASTERS』を訪ねてみた。見た目の可愛さに反したスパイシーな香りが、少し背伸びした気分に...
老若男女カンケイなし。裸になって、自転車でGO!そんな様子が話題になったこのイベント。一体何ゴト!?ここで紹介する「ネイキッド・バイク・ライド」は、201...
「エコノミスト」は、毎年「世界で最も住みやすい都市ランキング」を発表していますが、その上位10都市のうち6都市を、オーストラリアとカナダの2国が占めている...
メルボルンにある廃墟。取り壊される前に、壁に女性の悲しげな顔を描いたメルボルンのアーティスト。すべてのものには“寿命”があり美しさは永遠ではないということ...
0時から6時にかけて“しぼみ”、6時から12時にかけて“ひらく”。「Solstice Clock」は、まるで花が呼吸しているかのような壁かけ時計です。
2月9日、ランジェリーブランド「RAVIJOUR(ラヴィジュール)」と渋谷・円山町のクラブ「WOMB」がタッグを組み、バレンタインイベントを開催。そこでス...
照明にとって最も重要なのは光る部分かも。そこがデザインされてないのはもったいない。D-DIGN Lightシリーズは、そんなコンセプトから誕生しました。
Sit, Eat, Enjoy.When you are happy & full,pay as you feel in our Magic Money ...
あえて、「虫食い穴」を楽しみたい。
光を遮りたいから用いるブラインド。ところが、その性質を逆手にとった、こんなアイデア照明がありました。
メルボルンにオープンしたアイス屋さんが、Instagramで話題!そのビジュアルがたまらないのです。これは見逃せない〜♪わたあめ食べるのに大忙しでソフトが...
2月の「Black History Month」に合わせて、アメリカで発表されたAdidasのコレクション。それに対して、SNSを中心に多くの疑問の声が上...
グッドデザイン賞2017を受賞した「さがデザイン」という取り組みを、同取り組みの一貫であるオンラインポストカードをとっかかりとして紹介する。「さがデザイン...
4月に開催される世界最大規模のデザインの祭典「ミラノデザインウィーク」に、音の風景が展示される。
現代人の多くは、太陽光があまり入らない部屋で、人工的なライトに照らされて生活しているのでは。時間や場所の感覚を失いがちな現代人が、あたたかい木漏れ日の光を...
日本のテクノロジーとスペインのデザインを融合させることで、大きなシナジー効果が生まれます。今回は、他の欧米諸国ではなく「なぜ、スペインのデザインなのか?」...
日々、改善されているWEBサイトのデザイン。そんな変遷を閲覧できるWEBサイト「Web Design Museum」の紹介です。
パッ!と目に飛び込んでくる鮮やかな色合いが特徴の『Lunch Lady』は、手にとってパラパラとページをめくっているだけで、気分が明るくなってくる本です。...
そんななかで『MONG MONT』は、インテリアの邪魔をしないという今までの考えではなく、むしろ壁に飾って見せるための<芸術性>を重視してつくられました。...