米国とメキシコの国境壁に設置されたシーソーがデザイン賞を受賞

TABI LABOでも以前紹介したアート作品「Teeter Totter Wall」が、ロンドン「Design Museum」の主催する「Beazley Designs of the Year 2020」を受賞。

建築とデザインを学ぶ製作者2人よって作られたピンク色の3つのシーソーは、米国とメキシコの国境にある「壁」に設置され、両国に住む子どこたちの交流の場に。

©Teeter-Totter Wall designed by Ronald Rael and Virginia San Fratello with Colectivo Chopeke

作品は「片方がおこなった行動は、もう片方にも影響を及ぼす」ということをテーマにして作られ、まさにシーソーが最適であったとデザイナーのロナルド・ラエル氏は話す。

デザインミュージアムのディレクターは作品の受賞理由について「『Teeter Totter Wall』は人との新しいつながり方を奨励し、人間が私たちを分裂させようとする力をどのように乗り越えられるのか、独創的で心に訴える方法を思い出させる」と語っている。

作品はすでに撤去されているとのことだが、遊具を用いて政治問題へと昇華させた素晴らしいアート作品。いつか両国間に正式に設置して欲しいものだ。

©Teeter-Totter Wall designed by Ronald Rael and Virginia San Fratello with Colectivo Chopeke
Top image: © Teeter-Totter Wall designed by Ronald Rael and Virginia San Fratello with Colectivo Chopeke
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

7月下旬、アメリカのニューメキシコ州とメキシコのチワワ州を隔てる壁に、シーソーが設置された。両国から参加した子どもや大人たちが交流を楽しんだ。シーソーは、...
メキシコに住むEveliaさんとアメリカに住むBrianさんは、現地時間の11月18日、アメリカとメキシコの国境で結婚式を挙げました。2人のために1時間だ...
アメリカとメキシコの国境にビアバーをオープンする計画を発表したのは、スコットランドのマイクロブルワリー「BrewDog」。MAKE BEER, NOT W...
米・大統領選から約1週間が過ぎた11月16日。クラウドファンディングの大手「Kickstarter」は、プロジェクト登録できる国のリストに、新たにひとつの...
「リーボック」が今月8日(月)の「国際女性デー」にあわせ、女性の多様な個性を称える「It’s A Man’s World」2021コレクションを順次発売。
新しい情報に出会うというのは、記憶を掘り起こしたり、全く考えもしなかったことを考えさせる力があるんだと思います。
トランプ政権を揶揄したアメリカンなジョークグッズと思いきや、その逆。トランプ支持者が作ったものだそうです。

人気の記事

2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
「PLAYGROUND」が既存のユーズドスニーカーにカスタムを加え、ここにしかないカスタムスニーカーを販売する「UPCYCLING」ラインをスタート。
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...