アメリカに不法入国したら、どうなると思いますか?

3年前の7月。

1人の男性が、メキシコからアメリカへと、背丈の2倍以上はあるだろう壁を乗り越えた。目の当たりにした僕と友達は、「どうなるのか?」や「成功できたかな?」と話していた。

だけど、1分後には、鼓膜が痛くなるような、心がざわつくようなサイレンが鳴り響いた。

決死の覚悟の逃亡は、きっと失敗に終わったのだと思う。

と、このような記憶がフラッシュバックしたのは、「トランプ大統領がアメリカ・メキシコ国境に建設予定の壁の試作品を視察した」という旨のニュースを知ったからだった。

ちょっとここで立ち止まって、分析してみたい。

男性が国境を越えた1分後には、ボーダーパトロールが出動していた。

僕が前述の経験をしたのは、カリフォルニア州サンディエゴとメキシコの都市ティファナの国境沿い。そこでは、厳重な警備をしているようだ。アメリカの防衛体制は、すでに秀でている。

対して、おそらくメキシコ人だろう男性。

高さ2.5mはあるような壁を、電柱を使いながら、乗り越えていた。何が彼を駆り立てたのかは分からないが、それなりの覚悟があったのは間違いない。

言いたいのは、どんなに高く厚い壁を建設しても、人生を変えようと決意した人はそれを乗り越えるだろう、ということ。実際にテキサス州やニューメキシコ州などでは、多くが数日間かけて越境していると聞く。

本当に必要なアクションって、もっと根本的なものではないだろうか。


今回は、ニュースをもとに自由に語ってしまいました。だけど、新しい情報に出会うというのは、記憶を掘り起こしたり、全く考えもしなかったことを考えさせる力があるんだと思います。

そんなニュースをピックアップしていけたらいいなっていう不定期連載です。

メキシコに住むEveliaさんとアメリカに住むBrianさんは、現地時間の11月18日、アメリカとメキシコの国境で結婚式を挙げました。2人のために1時間だ...
アメリカ国務省は、ビザ申請を行う際に「ソーシャルメディアアカウント」の申告を義務化。アメリカに入国するほぼ全ての人が対象です。
トランプ政権を揶揄したアメリカンなジョークグッズと思いきや、その逆。トランプ支持者が作ったものだそうです。
ひとくくりにできるわけないとは思っていながらも、アメリカは「太り気味」で「ポジティブ思考」みたいな会話、心当たりがありませんか?「The Infograp...
「Hound Labs」はカリフォルニアの企業が開発したブレスチェッカー。アルコールを検知するだけでなく、吐き出された息に含まれるマリファナ成分も発見できます。
「Epic」の社員には、5年に一度、旅を目的とした4週間の特別有給休暇が付与される。
自然のものとは思えないような鮮明な木々の色に驚くはず。紅葉というよりも、赤、黃、緑、紫とまるで花畑。
昨年の12月、米セブンイレブンが缶入りワイン「Roamer」を発売しました。これはひとつのトレンドを象徴するような出来事だと思います。アメリカでは今、缶ワ...
紹介するのは、アメリカ・アトランタに期間限定でオープンしているラーメン屋さん。「中村家」と名乗っています。でも、名前よりもラーメンに注目です!
色合いやレイアウトは美味しいミルクシェイクが楽しめそうなレストラン。映画で観たことがあるような“アメリカ”!
5月29日にアメリカで発表された「Skai」は、水素を燃料にして飛行する航空機。結論から言うと、水素自動車よりも先に普及するかもしれません。
日本では日常の足として愛されている「ママチャリ」。そんなママチャリがアメリカで普及しないのには、こんな理由があったんです。
何かと話題に上がることが多い、アメリカとメキシコの国境。ここで紹介したいのは、メキシコ側の国境付近で生まれ育ち、アメリカに移住したYonathanとJor...
乾燥機には真空ポンプが内蔵されていて、それが本体の中を減圧する仕組み。すると水分は100度に満たずとも蒸発するので、たった15分で洋服を乾かすことが可能に...
アメリカ・ペンシルバニア州にあるカーネギー・メロン大学のある研究チームが、同国内のクサい場所を共有できるアプリ「Smell MyCity」を開発しました。
「Yelp」が7月24日に、レストランやバーなどが清潔かどうかのレーティングも表示すると発表しました。
アメリカ五大湖のうちのひとつであるエリー湖に、人間と同じような権利が与えられることになりました。
米・大統領に就任したドナルド・トランプは先日、イスラム圏7カ国からの渡航者を、米国内に入国させない、という大統領令に署名しました。指定された7カ国の旅行者...
ニューヨーク州では、不法移民でも運転免許証の取得ができるようになります。安全性を確保する、というのがひとつの目的なんです。
米・大統領選から約1週間が過ぎた11月16日。クラウドファンディングの大手「Kickstarter」は、プロジェクト登録できる国のリストに、新たにひとつの...