アメリカに不法入国したら、どうなると思いますか?

3年前の7月。

1人の男性が、メキシコからアメリカへと、背丈の2倍以上はあるだろう壁を乗り越えた。目の当たりにした僕と友達は、「どうなるのか?」や「成功できたかな?」と話していた。

だけど、1分後には、鼓膜が痛くなるような、心がざわつくようなサイレンが鳴り響いた。

決死の覚悟の逃亡は、きっと失敗に終わったのだと思う。

と、このような記憶がフラッシュバックしたのは、「トランプ大統領がアメリカ・メキシコ国境に建設予定の壁の試作品を視察した」という旨のニュースを知ったからだった。

ちょっとここで立ち止まって、分析してみたい。

男性が国境を越えた1分後には、ボーダーパトロールが出動していた。

僕が前述の経験をしたのは、カリフォルニア州サンディエゴとメキシコの都市ティファナの国境沿い。そこでは、厳重な警備をしているようだ。アメリカの防衛体制は、すでに秀でている。

対して、おそらくメキシコ人だろう男性。

高さ2.5mはあるような壁を、電柱を使いながら、乗り越えていた。何が彼を駆り立てたのかは分からないが、それなりの覚悟があったのは間違いない。

言いたいのは、どんなに高く厚い壁を建設しても、人生を変えようと決意した人はそれを乗り越えるだろう、ということ。実際にテキサス州やニューメキシコ州などでは、多くが数日間かけて越境していると聞く。

本当に必要なアクションって、もっと根本的なものではないだろうか。


今回は、ニュースをもとに自由に語ってしまいました。だけど、新しい情報に出会うというのは、記憶を掘り起こしたり、全く考えもしなかったことを考えさせる力があるんだと思います。

そんなニュースをピックアップしていけたらいいなっていう不定期連載です。

メキシコに住むEveliaさんとアメリカに住むBrianさんは、現地時間の11月18日、アメリカとメキシコの国境で結婚式を挙げました。2人のために1時間だ...
ひとくくりにできるわけないとは思っていながらも、アメリカは「太り気味」で「ポジティブ思考」みたいな会話、心当たりがありませんか?「The Infograp...
「Hound Labs」はカリフォルニアの企業が開発したブレスチェッカー。アルコールを検知するだけでなく、吐き出された息に含まれるマリファナ成分も発見できます。
「Epic」の社員には、5年に一度、旅を目的とした4週間の特別有給休暇が付与される。
あなたの感情を読み取りブランデーの中にハートマークを投影するグラス。アプリと連動する必要あり。デートで使ったら、クールに振る舞っていても心の中を見透かされ...
ブルーチーズと発酵バターのソフトクリームが楽しめるフランス生まれのチーズ&バター専門店beillevaire〒106-0046 東京都港区元麻布3丁目11...
「Yelp」が7月24日に、レストランやバーなどが清潔かどうかのレーティングも表示すると発表しました。
何かと話題に上がることが多い、アメリカとメキシコの国境。ここで紹介したいのは、メキシコ側の国境付近で生まれ育ち、アメリカに移住したYonathanとJor...
自然のものとは思えないような鮮明な木々の色に驚くはず。紅葉というよりも、赤、黃、緑、紫とまるで花畑。
色合いやレイアウトは美味しいミルクシェイクが楽しめそうなレストラン。映画で観たことがあるような“アメリカ”!
ワイングラスをモチーフにしてつくられた椅子『MERLOT』。丸みを帯びたグラスの曲線部分が背もたれになっていて、椅子の脚の部分はグラスのステム部分となって...
米・大統領選から約1週間が過ぎた11月16日。クラウドファンディングの大手「Kickstarter」は、プロジェクト登録できる国のリストに、新たにひとつの...
米・大統領に就任したドナルド・トランプは先日、イスラム圏7カ国からの渡航者を、米国内に入国させない、という大統領令に署名しました。指定された7カ国の旅行者...
くら寿司のアメリカ展開店舗「KURA REVOLVING SUSHI BAR」。日本では食べられないローカルメニューベスト3を紹介します。
みんながアメリカ人のような暮らしをしたらどうなるのかを、統計を使って調べてくれたのが「AsapSCIENCE」の動画。結果は想像できそうだけど、その数値は...
パラオ政府は、2020年より、サンゴ礁に有害な物質を含む日焼け止めを禁止にする方針を明らかにしました。
「本国でも売って!」アラブ諸国限定販売だった「MAYOCHUP(マヨチャップ)」なるものを求めて、アメリカが大騒ぎだとかで。
ここで紹介するのは、2017年にオランダのコメディー番組が制作した風刺動画。極端な論調ではありますが、厳しく銃規制がされている日本に暮らす人が見たら、ナレ...
ニューヨーク・マンハッタンのすぐ側に位置しているエリス島には、20世紀半ばまで「移民局」がありました。より良い暮らしを求めヨーロッパから多くの人がやってき...
アメリカで広がる大麻合法化の流れをうけて、前回はその税金の使われ方やテクノロジー業界の大麻ビジネスについて紹介した。今回は、急増する大麻サービスに触れつつ...
生徒や教師たちが亡くなった事件に対するトランプ大統領の発言は、彼の想像とは裏腹に、アメリカ社会に大きな波紋を起こし、新たなソーシャルムーブメントを生むこと...
あなたはこの乳房をみて、どう思いますか?
全米規模で行われる伝統的なミスコンの「ミス・アメリカ」が現地時間9月10日に開催されました。そこで候補者のテキサス代表のMargana Woodさんがイン...
テレビやネットを通しては見れない、リアルなアメリカを映す写真がある。被写体は皆、ベッドルームにいるBarbara Peacockさんの写真だ。様々な年代や...