アメリカの27歳が思う「もっと若い頃に気づいておきたかった」8選

27歳の女性ライターJasmine Vaughn-Hallさんが、自身の経験をもとに「Elite Daily」へ寄稿していた「27歳の私が、若かりしき自分へ送れるものなら送りたい8つの人生アドバイス」を紹介します。

5826452540882944
© iStock.com/skyNext
 
何事も意外とハッピーエンドだったりするんです。だから、うまくいかなかったことって、気づいたら忘れてたりして、それを繰り返しているうちに大人になっているものです。
 
30歳目前の今、人生を振り返ってみると、「20代前半のわたしに教えてあげたい……」なんて思うことがいくつか浮かんできます。いまだって成長途中ですが、それ以上に未完成でしたからね。たとえばこの8つなんて共感できるのでは?
 
ただね、20代前半の混沌とした時代を経ていまの自分がいるわけで。その最中こそしんどかったかもしれませんが、いまとなればすべて貴重な経験。後悔はありません。

01.
友だちは「数」じゃない

5825282430730240
© Jacob Lund/Shutterstock.com

昔の友だちと今の友だちを比較してみてください。そこからわかるのは、きっと今の方が、友達に求めることがよりクリアになったということでしょうか。いつも側いて欲しい人と時々合う程度でいい人の区別が明確にできるようになったのでは?

02.
自分に厳しすぎちゃいけない

20代前半までは、いろんなことに対して批判的だったはず。幸いなことに、いまとなってはそこまで自分に厳しくしなくなったのでは?きっと、年を重ねるごとに、自分で自分を応援してあげることの大切さに気付いたのでしょう。

03.
想像している未来とは
違う未来が待っている

6514013722640384
© iStock.com/Rawpixel

周りに染まるのが良しとされ、友だちがたくさんいることが「勝ち組」とされていた高校時代。学校での出来事が自分のすべてだったのでは?「高校を出ると、果てしなく広い世界が待ち受けているよ」と、若い頃の自分に伝えてあげたいなあ。

04.
自分を頼りすぎちゃいけない

この機会に、21歳の自分を少しだけつついてあげましょう。自分の将来においてすべてを把握していたかのように知ったかぶりをしていた自分を。

20代前半は大人の序の口です。きっとその間、さまざまな感情を経験してきたでしょう。そのせいで「人生なんて、こんなもんか」と知ったふりをしてしまっていたかもしれません。

もし、もっと長いスパンで人生を見て、すべての感情を糧にする意義を知っていれば、もっとはやく幸せを手に入れられていたかもしれませんね。

05.
親のアドバイスは
結構タメになる

5336551391232000
© kikovic/Shutterstock.com

若い頃はまったく耳を貸そうとしなかった親の意見。でも、少しだけ大人になったいま、ようやく彼らの考え方がわかるようになった気がします。

もっと早くから彼らの意見を聞いていれば、そこまで失敗せずに済んだのかもしれませんが、わたしたちは失敗から多くを学ぶのです。

06.
素直になれば
たいていの悩みは解決できる

素直になればうまくいっていたはずの出来事って、両手で数え切れないほどあるのでは?「本当のことを言えばきっと気持ちも楽になっていたのに」って、振り返るとしみじみ思ったり。

07.
運命は自分で決めるもの

4684426374021120
© Kalamurzing/Shutterstock.com

運命は、もとから決められているものじゃありません。あなたの物語は、あなたが決めるもの。

若い頃のあなたは、「パートナーを見つけて安定すること」を幸せと定義付けていたかもしれません。でも、いつ誰とそうするかはあなたが決めるものなのです。

08.
失敗体験は
いつか誇れる時がくる

失敗とは辛くて苦しいこと。ただ、年齢を重ねる中でその傷が癒えないことはないとなんとなくわかってきたのでは?

若い頃は失敗する度に重く受け取ってしまい、そのせいで長い間前に進めなくなることもあったでしょう。でも、それを受け入れられた時、自分に誇りが持てることに気づけたはずです。

 

Top photo: © GaudiLab/Shutterstock.com
Licensed material used with permission by Elite Daily
それは1月のこと。27歳の若さで、癌によりこの世を去ったオーストラリア出身のHolly Butcherさん。彼女が死の宣告を受けたのは、26歳のときです。...
10代や30代とはもちろん違う20代。けれど20代前半は、後半ともまたどこか違うと思うんです。だからこそ、25歳になるまでにやっておきたいことが書かれた記...
弱冠19歳のフォトグラファーLean Lui。香港生まれの彼女が若い女性を被写体に表現する世界は、日本のあることわざに大きな影響を受けているのだという。
「Elite Daily」では、当たり前になっているけど感謝をしなければいけない6つのことを紹介しています。少しでも人生を良くしたいなら、身の回りのことか...
「あたし、今どう見えてる?くすんでない?」東京に出てきたのは、「東京にいる自分」になりたかったから?地元に帰らないのは、「地元に帰った自分」になりたくないから?
代官山の隠れた人気スポット天然氷で作る、本格的なかき氷URARA〒150-0033 東京都渋谷区 猿楽町20-10http://www.hrm.co.jp...
新しい情報に出会うというのは、記憶を掘り起こしたり、全く考えもしなかったことを考えさせる力があるんだと思います。
自己啓発でよく言われる「若い頃は、たくさん失敗しよう」というフレーズ。だけど、具体的にどんな失敗が、どう将来に役立つのでしょうか?米メディア「Elite ...
Kim Quindlenさんが「Thought Catalog」でまとめた50のことに目を通すと、苦境を乗り越えたことで、少しづつ変わってきた考え方にハッ...
「彼氏の服、借りてきちゃった」感のあるコーディネートが好きです。と言っても、ただオーバーサイズで着たいわけではなくて、トップスがそういうものだとしたらボト...
子どものころ、30歳にどんなイメージをもっていましたか?立派な大人?もうおじさん、おばさん?実際になってみると案外それまでと変わらないものですが、確実に2...
多くの独身女性から支持を集める記事を「Elite Daily」から紹介。女性ライターZara Barrie氏が独身で30歳を迎える直前に、その素直な心境を...
「Elephant Journal」で紹介されたのは、4人の子供を持つ、40歳シングルマザーのリアルなブログでした。「40歳は、20歳の時と同じくらい私の...
自分を信じて何事にも立ち向かう。そんな前向きな姿勢でいると、人生はみるみる昇り調子になっていくでしょう。しかし、その過程でつらく過酷なできごとを経験するこ...
「巨人がきたら、かけがえのないものが、跡形もなくなるの」大人になれば、悩みごとも困ったことも、すこしは誰かに上手く伝えられるものかもしれない。
いつも新しい視点に気づかせてくれる偉人達の金言。今だに古びませんよね。「I Heart Intelligence」は、その中から特にハッとするような言葉を...
社会に出て、いろいろなことができるようになる「20代」。でも、手にいれた可能性の大きさに振り回されがちな年代でもあります。「Elite Daily」の女性...
人生には、たくさんの挫折がつきものです。ただ「七転び八起き」という言葉があるように、人は失敗をしても諦めず、立ち上がる力を持っています。私たちが知っている...
これからの人生、どう生きていくのか考えていたら、なんだかモヤモヤ…。そんな葛藤する25歳に気づいてほしいのは、「Elite Daily」のPaul Hud...
20代の中間地点、25歳。まだまだ若いのに、居心地のいい場所にばかり依存しているなんてもったいない!もちろん不安だし、心細くて怖いけれど、今の時期はたくさ...
誰もが夢見る“運命の人”との出会い。「Elite Daily」では、そんなロマンチックな考えを覆す、シビアな記事が掲載されていました。書いたのは、自身を「...
人生は車の運転に似ている、と私はよく思う。どこに向かうか、という意思がなければ車の運転は始まらない。また、何のためにそこに向かうのか、によっても運転は変わ...
自分自身が悩みを抱え込む時、友達との関係を、必要としています。もちろん、他者である友達も大事ですが、中でも大事なのは、“自分自身”という友達。人気動画シリ...