人生をドライブするために持っておきたい「8つの心得」

ジョン・キム

作家。韓国生まれ。日米英で教鞭をとった後、2004年から2013年まで、慶應義塾大学特任准教授を務める。オックスフォード大学、ハーバード大学などで客員研究員を歴任。著書に『媚びない人生』(ダイヤモンド社)、『時間に支配されない人生』(幻冬舎)、『断言しよう、人生は変えられるのだ。』(サンマーク出版)など多数。2013年からは、パリ、バルセロナ、フィレンツェ、ウィーンに拠点を移し、執筆活動中心の生活を送っている。『社会人版キムゼミ』を主宰しながら、元音楽プロデューサー四角大輔氏と今年3月に開設したオンラインサロン『Life is Art』が人気を呼んでいる: life-is-art.jp/

人生は車の運転に似ている、と私はよく思う。どこに向かうか、という意思がなければ車の運転は始まらない。また、何のためにそこに向かうのか、によっても運転は変わる。

だとすると、人生を正しい方向に向かわせるためには、何が必要だろうか?

01.
人生を5年区切りで捉える

もし人生を長期で捉えたいのであれば、ひとつ方法がある。それは5年をひとつの人生として捉えることだ。5年おきに人生が変わる。人生のステージが変わる。そう考えると、毎日に対する緊張感が生まれる。

例えば、26歳なら5回目の人生が終わって、6回目の人生が始まる。38歳なら8回目の人生の3年目を生きている。先のことよりも、今の5年の人生を充実させることだ。遠い未来を想像しようとしてもできないのだから。

02.
アクションは、
それ自体に意味がある

アクションを起こしてうまくいかなかった場合どうするか、と考える人は多い。しかし、たとえうまくいかなかったとしても、アクションはそれ自体で大きな意味がある。アクションを起こすことによって、見えてくる景色が変わってくるということだ。

それだけ自分が学べる、得られることが増えてくる。とにかく積極的に、アクション志向でいること。どんなに頭を使っても、アクションして見えてくることにはゼッタイかなわない。頭の良さだけでなく、動くことこそが、人生には大事なのである。

03.
すべてにおいて
当事者意識を持つ

たとえ自分が平社員であったとしても、所属している部や課で下した決断の責任は、自分で負う、くらいの心構えを持つべきである。そんな人間が集まった組織こそ、強い組織となるだろう。こうした組織のメンバーは、間違いなく強い当事者意識を持ち、まるで経営者のような決意に基づいて行動していると思う。こうなると、醸し出すオーラや空気感がまるで違ってくるのだ。

04.
直感を磨く

一流と言われる人たちとお会いして感じるのは、その判断、決断の速さだ。瞬時に判断し、そこには迷いがない。これこそ直感だ。しかも、その直感に基づいた判断の精度が極めて髙い。

直感を磨くのは簡単なことではなく、中でも重要なのは若いときに、簡単に判断を下せないような問題にたくさん直面することだ。苦しければ苦しいほど、直感は磨かれている。そう自分に言い聞かせてもいい。

05.
潔くやめる

「成功するためには成功するまでやめないことである」という言葉があるが、私はこの言葉を信じない。成功するためには、愚直にやり続けることと同じくらい、戦略的にやめることが重要だと思うからだ。

やめることは別にそれ自体で非難されるべきことはないはずだ。一度しかない人生、自分を貫き、人生を自分のものにするためには、時には軌道修正も必要なのだ。そのためには、あることをやめる必要がある。やめないと、次のことをはじめられないからだ。

06.
本質だけに集中する

本質とはなにか。何を本質として捉えるのか、わかりやすくいえば、何が一番大切なのか、ということだ。それを常に意識する。例えばプレゼンをするにしても、最終的に「これが言いたい」ということを、一言でまとめておくようにする。

最初からすぐにできるわけではないが、意識して試行錯誤を続けること。大事なのは、本質の存在を意識しながら過ごすことだ。それが本質を見つける精度を高くしていくことにつながる。

07.
すべてを学びに変える

日々起きることや、日常のすべてのことを自分の学びの材料に、自分を成長させていくための材料にする。そんな意識があれば、穏やかで平和な日々を過ごせる。自分の中でそうした意識を持った瞬間から、迷いや不安、不幸を感じることがなくなる。
何かが起きたとしても、これは自分の次へとつなげるための神様のプレゼントだと思える。そうすれば、世の中に起きるすべてのことは、自分のために起きていると思えるのだ。

08.
境界を越える

環境を大きく変えることは難しい。様々な理由によってハードルが高すぎる、という人もいるかもしれない。ならば、私は旅を勧めたい。

大事なのは、日常に非日常を入れていくことだ。そもそも人間のアイデンティティは差異から生まれる。違いを見て、初めて自分を実感することができる。自分のアイデンティティを確認するためにも、旅に出ることは重要なのだ。

媚びない人生
コンテンツ提供元:ジョン・キム

ジョン・キム作家。韓国生まれ。日米英で教鞭をとった後、2004年から2013年まで、慶應義塾大学特任准教授を務める。オックスフォード大学、ハーバード大学な...
私は両親と早くに離別し、小学生の頃から炊事や洗濯などの家事を全部一人でやって暮らした。当然、経済的には底辺で、食べ物も満足に手に入らなかった。そんな非常に...
人間は一人で生まれ、最終的には一人で死んでいく。実は今、生きていること自体が、いかに奇跡的でありがたいことなのか、わかっている人は意外に少ない。これが本当...
ジョン・キム作家。韓国生まれ。日米英で教鞭をとった後、2004年から2013年まで、慶應義塾大学特任准教授を務める。オックスフォード大学、ハーバード大学な...
ジョン・キム作家韓国生まれ。2004年から2013年まで慶應義塾大学特任准教授を務める。オックスフォード大学、ハーバード大学などで客員研究員を歴任。著書に...
多くの人は、人生を変えたいと思っている。そして、多くの人は、自分の人生を変えるのは難しいと考えている。しかし、本当は人生を変えるのは難しいことでもなんでも...
70年代、80年代の日本では右肩上がりの経済成長が約束されていた。その時代には、企業の中で与えられたものをこなしていけば、それなりにやっていける社会が成り...
今の自分は、過去の自分の選択に基づいて生まれた結果。そして未来の自分はこれから自分が下す選択の積み重ねによって生まれる。 そう、人生において問われるのは「...
グローバル経済の時代、「働き方」も目まぐるしい変化を遂げている。ブルーカラーのみならず、ホワイトカラーの労働までもが国境を越えるようになった。この先も、自...
ジョン・キム作家韓国生まれ。日米英で教鞭をとった後、2004年から2013年まで、慶應義塾大学特任准教授を務める。オックスフォード大学、ハーバード大学など...
ジョン・キム作家韓国生まれ。日米英で教鞭をとった後、2004年から2013年まで、慶應義塾大学特任准教授を務める。オックスフォード大学、ハーバード大学など...
日本は停滞しているように見えるかもしれないが、生活感や幸福論において静かな革命が起こっているように私は思う。それは、特に若い人たちを中心に広がっている。自...
恋愛が上手くいかないと悩んでいるあなたに、知っておいて欲しいことがあります。それはなんら難しいことではなく、考え方を少し変えればいいだけのことなのです。拙...
恋とは一体何か?恋をしている人の習性は、恋愛という感情は何なのか?恋を愛へと発展させていく前に、まずは恋についての理解を深める必要があります。拙著『来世で...
幸せを生む材料は、日常の中に無限に散らばっています。ただ、日常生活では様々なことに気を取られて悩み、その幸せに気づけないこともあります。しかしその悩みの中...
20代。年齢的には大人だが、長い人生においては、まだスタート地点に立ったところに過ぎない。可能性のかたまりである20代の内から、小さくまとまっていてはいけ...
多くの人にとって、20代、30代の頃の悩みのひとつに、「上司との関係」が挙げられるのではないでしょうか。ただし、それだけに限らず、「人間関係」はしばしば悩...
日本人は自分たちの現状や未来に対して、不安を抱いている。しかし、日・英・米・独の大学に赴任して、それらの国々の政治、経済、文化を肌で感じた上で日本を定点観...
時間が大切だということは誰もが分かっている。けれど、心の底から時間の大切さを分かっていると断言できる人はどれくらいいるだろう?時間の使い方は単なるテクニッ...
この世界は、毎日さまざな場所でデータが取られています。そして、調査によると私たちは毎日何千件もの広告を目にしているそうです。それらの広告の内容はあなたの意...