他者に依存しないで生きる、あなたへ「5つのメッセージ」

ジョン・キム

作家。韓国生まれ。日米英で教鞭をとった後、2004年から2013年まで、慶應義塾大学特任准教授を務める。オックスフォード大学、ハーバード大学などで客員研究員を歴任。著書に『媚びない人生』(ダイヤモンド社)、『時間に支配されない人生』(幻冬舎)、『断言しよう、人生は変えられるのだ。』(サンマーク出版)など多数。2013年からは、パリ、バルセロナ、フィレンツェ、ウィーンに拠点を移し、執筆活動中心の生活を送っている。『社会人版キムゼミ』を主宰しながら、元音楽プロデューサー四角大輔氏と今年3月に開設したオンラインサロン『Life is Art』が人気を呼んでいる: life-is-art.jp/

人生のある瞬間に、私は重大なことに気がついた。自分を信じる力を最も阻害するのは、実は他者の目だ、ということに。自分の未熟さを認めることは大切だが、本来はその未熟さに向き合わなければならないはずが、気がつけば他者の目と向き合っている自分に気がつくことになるのだ。

必死に自分の未熟さと向き合おうとするあなたに、私はこんなメッセージを伝えたい。

01.
評価を他人に委ねない

そもそも他者の評価はそれほど優れたものだろうか。バッハやゴッホなど優れた芸術家たちは、生きている間にはほとんど評価されなかった。他者の評価はその程度のものでしかないのだ。

他者の評価を意識するようになると、他者から評価されるための言動をするようになっていく。それは、自分らしい人生を送りたいと考え、成長しようとしている自分には、実はネガティブなものとなる。評価は自分でこそ、すべきなのだ。

02.
事前許可なしで、
動ける人間であれ

自分が責任を負える、あるいは本当に信じていること、正しいと思うことについては、できるだけ事前許可を得ずに行動してみることを私は勧めたい。それがマニュアルに反するものであったとしても、である。

なぜなら、自分で実践してみようという意識を持った人間こそが、自ら問題を発見し、設定でき、問題を解決できるからだ。言葉を換えれば、クリエイティブな人材である。創造的な人間は、果たして事前許可を好むだろうか。

03.
沈黙を恐れてはいけない

若い人は、どうやら沈黙が大いなる不安なようである。だから、ひとまずしゃべり出してしまう。結論が決まっていないのに、言葉だけが走り出すと話はどんどん脱線していく。話してしまったことを正当化するために、別の関係のない話までしなければならないような悪循環に陥る。

こんなことにならないためにも、話したいことがはっきりしていないときには、人間は沈黙すべきである。話したい内容がないときは、話し始めてはいけない。こうしたコミュニケーションを繰り返していると、残念ながら相手からの信頼を失ってしまう。

04.
群れから離れる

大学時代の友人、会社の同期・同僚…“群れ”の中にいると居心地がよくなっていく。しかし、群れの中にいればいるほど、自分の内面は弱くなっていく。自立心は削がれ、妥協の気持ちが大きくなり、甘えるようになる。自分がどんどん失われていく。

居心地のいい群れの中を自覚したなら、そこから距離を置く意識を持つことだ。あえて孤独になり、一人ぼっちになることである。そうすることによって、このままでは大変なことになるという危機感や緊張感が生まれてくるのだ。

05.
誰も登ったことのない、
自分だけの山を登る

社会に出たら、人生における山をいかにうまく自分で見つけられるか、というところから勝負は始まると私は考えている。みんなと同じ高い山を登ることには、創造性が求められる今の時代、もはや大した意味はない。なぜならそれは、所詮すでにある山だからだ。むしろ誰も登ったことのない山を見つけ、登ることこそが今は求められているし、挑戦しがいのある山なのだ。

媚びない人生

コンテンツ提供元:ジョン・キム

人生は車の運転に似ている、と私はよく思う。どこに向かうか、という意思がなければ車の運転は始まらない。また、何のためにそこに向かうのか、によっても運転は変わ...
人間は一人で生まれ、最終的には一人で死んでいく。実は今、生きていること自体が、いかに奇跡的でありがたいことなのか、わかっている人は意外に少ない。これが本当...
私は両親と早くに離別し、小学生の頃から炊事や洗濯などの家事を全部一人でやって暮らした。当然、経済的には底辺で、食べ物も満足に手に入らなかった。そんな非常に...
ジョン・キム作家韓国生まれ。2004年から2013年まで慶應義塾大学特任准教授を務める。オックスフォード大学、ハーバード大学などで客員研究員を歴任。著書に...
茹でてクタクタになった素麺が激変!
ブッダは悟りを開く前に、数年にわたり生死の境を行き来するような苦行を続け、その後、苦行のみでは悟りを得ることができないということを理解したそう。苦行の一つ...
日本は停滞しているように見えるかもしれないが、生活感や幸福論において静かな革命が起こっているように私は思う。それは、特に若い人たちを中心に広がっている。自...
ジョン・キム作家。韓国生まれ。日米英で教鞭をとった後、2004年から2013年まで、慶應義塾大学特任准教授を務める。オックスフォード大学、ハーバード大学な...
超情報化社会。現代は要らないもので溢れている。 自分を守り抜き、いまを自由に生きるためには、不要なものを見定め、捨てる勇気が必要だ。ここでは、その真理を知...
グローバル経済の時代、「働き方」も目まぐるしい変化を遂げている。ブルーカラーのみならず、ホワイトカラーの労働までもが国境を越えるようになった。この先も、自...
トマトケチャップで味付けするスタイルがごくごく一般的ですが、ここにある調味料をプラスすると、グンとおいしくなるんです。
幸せを生む材料は、日常の中に無限に散らばっています。ただ、日常生活では様々なことに気を取られて悩み、その幸せに気づけないこともあります。しかしその悩みの中...
ジョン・キム作家韓国生まれ。日米英で教鞭をとった後、2004年から2013年まで、慶應義塾大学特任准教授を務める。オックスフォード大学、ハーバード大学など...
恋とは一体何か?恋をしている人の習性は、恋愛という感情は何なのか?恋を愛へと発展させていく前に、まずは恋についての理解を深める必要があります。拙著『来世で...
恋愛が上手くいかないと悩んでいるあなたに、知っておいて欲しいことがあります。それはなんら難しいことではなく、考え方を少し変えればいいだけのことなのです。拙...
20代。年齢的には大人だが、長い人生においては、まだスタート地点に立ったところに過ぎない。可能性のかたまりである20代の内から、小さくまとまっていてはいけ...
ジョン・キム作家韓国生まれ。日米英で教鞭をとった後、2004年から2013年まで、慶應義塾大学特任准教授を務める。オックスフォード大学、ハーバード大学など...
すべて「生」の野菜からできたアクセサリー。
日本人は自分たちの現状や未来に対して、不安を抱いている。しかし、日・英・米・独の大学に赴任して、それらの国々の政治、経済、文化を肌で感じた上で日本を定点観...
70年代、80年代の日本では右肩上がりの経済成長が約束されていた。その時代には、企業の中で与えられたものをこなしていけば、それなりにやっていける社会が成り...
今の自分は、過去の自分の選択に基づいて生まれた結果。そして未来の自分はこれから自分が下す選択の積み重ねによって生まれる。 そう、人生において問われるのは「...
多くの人は、人生を変えたいと思っている。そして、多くの人は、自分の人生を変えるのは難しいと考えている。しかし、本当は人生を変えるのは難しいことでもなんでも...
対人関係において持つべきなのは、与えることに徹する意識。そんな意識を持って接することができれば、相手からの自分に対する認識は変わっていく。01.自分自身が...
人生の価値は、自分が自分をどれほど信じたかで決まる。絶対不可侵領域としての自己を確立し、どんな状況でもそれを貫くこと。そんな「自然体になれる強さ」を持つこ...