「ふたりの人生は、何がちがったの?」。格差社会にメッセージを投げた漫画

努力をすれば報われる。それは正しいことかもしれないけれど、きっと現実はそれだけじゃないはず。誰にでもチャンスがある世界にするためには、何が必要なのか?

そんな問題を描いた、Toby Morrisさんのマンガ。

貧しい家庭に育った子供が、貧しいままになってしまうという現象は「貧困の再生産」とも呼ばれ、その視点をわかりやすくまとめたこの作品はアメリカでも話題になりました。

リチャードとポーラの人生

5d05e1af0923cb17eb9820938df67b8526fc891a

左はリチャード。両親はいい感じ。

右はポーラ。親は...まあ、あんまり。

家庭のちがい

7a8d564b172b8e517282ff7121c9378330947dbc

リチャードの家は暖かくて清潔。棚は本でいっぱいで、冷蔵庫はごはんでいっぱい。

ポーラの家は人でいっぱい。ものはあんまりない。汚くて、うるさくて、病気になりがち。

両親のちがい

96e5ed12ef6b2da72e1ec637777ef51cb281baca

リチャードの親は、子どものためになんでもしてくれる。
「いい子だ!」「賢いわね!」

ポーラだってそうだよ。だから両親は、仕事をかけ持ちしているんだ。

学校のちがい

C5c2b2e187525d87a2a6fc05eb8a3cacc0d8b0d9

リチャードはいい学校に行く。設備が整っていて、子どもたちもいい子ばかり。先生たちは自分の仕事を愛している。

ポーラの学校では、クラスの人数が多すぎる。予算もないし、見た目にもそれが出ちゃってる。先生たちは疲れ果てていて、ストレスでやつれている。
「あぁ、新しいバイト探さなきゃ...」

成績のちがい

99a11b9965eba5d74f1ee75db0dfc1345d24ac3c

リチャードは親からとっても期待されている。
「B+ですって?まあ、家庭教師をつけないとね」

...ポーラとはちょっと違う。
「B?へー、いいじゃない!」

学生時代のちがい

E02371861534ce4690a6be7452de30a89e31e2ee

長い時間の中で、小さな違いが積み重なっていく...

リチャードは、親が大学の学費を払ってくれている。

ポーラは、仕事を掛け持ちしながら職業訓練校にお金を借りて通っている。 

就職のちがい

E635918e306628f3134463d7bc4bbd822c9298d8

...そしてだんだん、大きな違いになっていく。

「あの会社で働いている友人がいるんだ。話をつけてインターンに行けるようにしてやろう」
「ありがとう、お父さん」

「俺の面倒を見るより、ちゃんと勉強しなさい...」
「お父さん、あなた病気なのよ」 

信頼のちがい

1307eadfec830355eee0317af85283393c663a1d

積み重なる小さな違いは、そっと忍び寄る...

「ローンの審査がおりましたよ。おめでとうございます!」

「悪いけどうちでは引き受けられませんね。別のところに行っては?」

仕事のちがい

20bec9440bfdd610f318591e164d52da4ede5426

そしてリチャードは、自分がトップに立つべき人間だと思いはじめる。すべて自分の力で成し遂げたと。
「君はロジャーの息子だね?噂は聞いているよ。いつも見ているからね」

その頃ポーラは、自分の立ち位置を知りはじめる。
「仕事はさせるが、ミスはするなよ」

人生のちがい

62f3dcbe9b5dffce32997b466771e8a4338da5af

「リチャードさん、あなたの成功の秘訣はなんですか?」

「あの...失礼します...」

でも、そうならなければいいな、と僕は思う。

2人のちがいって何?

8465b44ad09ab8a7b7cf062dd22543257e36ec65

「成功する秘訣は、泣き言を言わずに一生懸命努力することですね。与えられることを待ってばかりいる人にはうんざりです。僕は何も特別なものは与えられませんでしたよ」

「…」

本当に、そんな世の中にならなければいいな、と僕は思う。

※本記事では一部翻訳に誤りがあったため、訂正を加えております。(2017/02/14 18:00)

Licensed material used with permission by Toby Morris
社会人と学生の違いが鮮明に描かれた漫画。ライフスタイルや人間関係など、読んでいるとおもわず頷いてしまう内容だ。ジョークもすべて英語で書かれているため、わか...
学歴社会では「社会が頭の良い大学に行くと、人生が上手くいく」というイメージを植えつけますが、実際にどれくらいの弊害が生まれているのでしょうか。この疑問を人...
おとぎ話の『シンデレラ』から始まり、映画でも『プリティウーマン』や『ノッティングヒルの恋人』など、格差を乗り越えて描かれるラブストーリーはじつに多彩。育ち...
何かと疲れる、年末年始。ちょっとささくれだった気持ちになりやすいけど、そんなときはちょっと立ち止まって漫画に触れてみるのはいかがでしょう。ニューヨークを拠...
日常の何気ない出来事をアニメや漫画のワンシーンのように作り上げるOscar Roguezの“ひとコマ漫画風”の写真。ちょっとお疲れのときでも、眺めていると...
哲学、教育、政治、アインシュタインは何を感じながら生きていたのか。人生論というよりは、社会をみていた彼の観点から、ハッとさせられる名言を「I Heart ...
漫画『マスターキートン』の原作には、珠玉を散りばめたような数々の名言がある。
この世界は、毎日さまざな場所でデータが取られています。そして、調査によると私たちは毎日何千件もの広告を目にしているそうです。それらの広告の内容はあなたの意...
20代半ばのイラストレーター、Caitlin Quijanoさんはクオーターライフクライシスの真っ只中。そんな自分の人生のエッセンスを、ぎゅっと漫画に込め...
人生は車の運転に似ている、と私はよく思う。どこに向かうか、という意思がなければ車の運転は始まらない。また、何のためにそこに向かうのか、によっても運転は変わ...
トランスジェンダーの人たちは日々の日常でどんなことを考えているのだろう。自分が経験したことなかったり、身近に聞ける人がいないとなかなかわからないもの。自身...
「The School of Life」のこの動画、一見の価値ありです。学校教育の問題点さえ理解すれば、大人になっての矛盾に対応できるそう。って、もう遅い...
この漫画は、アーティストを目指すひとりの少女の物語。ゆくゆくは成功を収める彼女も、努力をするきっかけには、子どもの頃に出会った先生からの「励まし」がありま...
生きていればいろいろなことが起こります。辛いことも、悲しいこともありますが、ちょっと視点を変えれば、その出来事は人生の大切な教訓になるかもしれません。「T...
今までの人生を振り返ってみて、「すべてに満足している」と自信を持って答えられる人のほうが少ないでしょう。生きていれば悩むことも、立ち止まることもあります。...
成功の定義は人それぞれあるかもしれません。だけど、「成功した人」は何がそうさせたのでしょうか。ここでは、成功と失敗に対する考え方を変えることで、自殺率が下...
一生懸命仕事をして、お金を稼いで、生活するだけでいっぱいいっぱい。そんな時、ふと「自分の人生はこれでいいのだろうか」と思うことはありませんか?好きなことを...
格安航空会社(LCC)の存在も後押ししてか、ひと昔前に比べると日本はギュッと小さくなりました。それに伴い、ここ数年で日本人の新しい暮らし方のひとつとして定...
生きていれば人との付き合い方や、そもそもの生き方など、考えさせられることは多いはず。人生に迷ったとき、私たちは何を信じて生きていけばいいのでしょうか?ここ...
日本人アーティストのアボガド6が描いたイラストには「現代社会の深い闇」が生々しく表現されている。