持続可能な社会の「解」がここに。手塚治虫の「漫画アンソロジー」2作が同時刊行

手塚治虫が山・動物・自然をテーマに描いた漫画アンソロジー『手塚治虫の森』『手塚治虫の動物』が、「株式会社山と溪谷社」より同時刊行された。

昨年6月の『手塚治虫の山』に続いて、遺作を各テーマごとで1冊にまとめた今回の作品集。『手塚治虫の森』は、すべての生命の源でありエネルギーに満ち溢れる“森”を舞台に描かれた11編を、『手塚治虫の動物』では、人間のエゴに翻弄されてもなお輝く“動物”の生命力にフォーカスした7編をそれぞれ収録。

今、世界をあげて推進する“持続可能な社会”はどうあるべきか?の解ともいえるメッセージが込められており、手塚治虫をよく知らない世代でも深く共感できるような内容となっている。

それぞれの掲載作品は以下の通りだ。この機会に、ぜひチェックしてみて。

©株式会社インプレスホールディングス

【手塚治虫の森】

「大将軍森へ行く」
1976年8月『月刊少年マガジン』(講談社)掲載
「メタモルフォーゼ」第3 話として掲載

「峠の二人」
1982年11月18日『コミックモーニング』(講談社)掲載
「サスピション」第2 話として掲載

「熟れた星」
1971年2月『SFマガジン』(早川書房)掲載

「ブルンネンの謎」
1970年2月4日『少年チャンピオン(秋田書店)』
「ザ・クレーター」第13 話として掲載

「ブラック・ジャック - ナダレ-」
1974年2月11日『週刊少年チャンピオン』(秋田書店)掲載

「緑の果て」
1969年5月『ファニー』(虫プロ商事)掲載

「八丁池のゴロ」
1968年1月1日~12月29日
『赤旗日曜版』(日本共産党中央委員会)掲載

「三つ目がとおる - オハグロ沼の怪物- 」
1975年10月12日『週刊少年マガジン』(講談社)掲載

「ブッダ -アッサジの死-」
1976年2月~3月『希望の友』(潮出版社)掲載

「三人の侵略者」
1969年11月5日『少年チャンピオン(秋田書店)』
「ザ・クレーター」第7話として掲載

「火の鳥 - 異形編-」
1981年1月~4月『マンガ少年』(朝日ソノラマ)掲載

 

 

【手塚治虫の動物】

「ロロの旅路」
1973年3月19日『週刊少年ジャンプ』(集英社)掲載

「ブラック・ジャック - 白いライオン-」
1974年10月21日『週刊少年チャンピオン』(秋田書店)掲載

「ロバンナよ」
1970年3月14日『プレイコミック』(秋田書店)
「空気の底」第13 話として掲載

「悪右衛門」
1973年9月『別冊少年ジャンプ』(集英社)掲載

「ころすけの橋」
1978年2月19日『週刊少年サンデー』(小学館)掲載

「動物つれづれ草」
1973年10月~1974年9月『アニマ』(平凡社)掲載

「ボンバ!」
1970年9月~12月『別冊少年マガジン』(講談社)掲載

 
Top image: © 株式会社インプレスホールディングス
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

ホストが書店員ということで、オープン前から話題を集めていた「歌舞伎町ブックセンター」。その裏にある熱い思いについて手塚マキが、この書店でしか提供できない価...
ここで紹介するのはアイルランドのキュートな農夫カレンダー。社会貢献が目的で製作されました。ちなみに、2019年は10作目の発表なんだとか。(知らなかった!)
持続可能な観光業について取り上げるカンファレンス「Global Green Destinations Days(GGDD)」が10月6日〜8日に開催。今年...
社会人と学生の違いが鮮明に描かれた漫画。ライフスタイルや人間関係など、読んでいるとおもわず頷いてしまう内容だ。ジョークもすべて英語で書かれているため、わか...
東京オリンピック・パラリンピックのチームUSA閉会式パレードユニフォームとアパレルコレクションを「ラルフ ローレン」が今月発表した。
リサイクル率が約97%というアルミ缶を使用した「ナチュラルミネラルウォーター・アルミボトル缶」が先月29日(月)から販売開始。
漫画「もしも東京」展が東京都現代美術館にて今夏開催される。日本を代表する漫画家が「東京」を漫画作品で表現するというアートプロジェクトだ。
「Google翻訳」は、音声から同時翻訳が可能になるそうだ。近いうちに、Android用に実装する予定。
以前にも「World Topics」の記事でご紹介したオレオのインスタアカウント。彼らがまた挑戦的な投稿をしました。
スウェーデンに「Kajstaden」と名付けられた9階建ての木造マンションが誕生。建築事務所「C.F. Møller Architects」が設計をおこな...
「四国銘酒88おへんろ絵巻」は、四国の霊場の数にちなんだ88本、88種類のお酒。6月から毎月8本ずつ、11回に分けて頒布会形式で届けられ、1番から88番ま...
日本初となる児童向けの昆虫食の図鑑『ホントに食べる?世界をすくう虫のすべて』が刊行された。環境や社会へのメリット、昆虫食の種類、おいしく食べる方法など充実...
北海道・仁木町の複合型ワイナリー「NIKI Hills Winery」は、出荷できない農作物を原料に「NIKI Hills natural crayon」...
NPO法人「True Animal Protein Price(TAPP)」が今月5日に発表したレポートによると、肉製品は環境や健康維持にかかるコストを反...
デンマークの建築事務所「Henning Larsen」は、“建物すべてが木造で建てられた街”を構想中だ。
「KEEN」から持続可能な素材を使用したマスク「KEEEN TOGETHER MASK」が登場。6月29日(月)より取り扱い店舗、公式オンラインショップに...
サブスクリプションサービス「マーベルアンリミテッド」が、一部作品を5月4日まで無料公開する。『アベンジャーズ』『スパイダーマン』『キャプテン・アメリカ』も...
「Amazon」がバージニア州アーリントンに建設予定の第2本社ビルのデザイン詳細を公開した。地域社会と自然との共存を目指した近未来的なデザイン。
東京都が推進するプラスチック削減の取り組みに株式会社三越伊勢丹(以下、三越伊勢丹)が小売業としてリユース容器のトライアルをスタート。
「イオン」は持続可能な社会の実現に向け、2020年の秋より、再利用可能な容器を使用したショッピングプラットフォーム「LOOP(ループ)」に参画する。

おすすめ記事

米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
米・ニューヨーク市の「ハドソン・リバー・パーク」と「ジャビッツ・センター」が増設されることが分かった。
西洋芸術では、“禁断の果実=リンゴ”のイメージが定着しているが、『旧約聖書』にはただ「果実(木の実)」として書かれており、リンゴを示す言葉は一度も用いられ...
ノンフィクション作品の読者と比べて、フィクションを好む読者のほうが高い言語能力を持つことが、「コンコルディア大学」のSandra Martin-Chang...
「ポジティブなメッセージを伝えていきたい」NYブルックリン在住のラッパー、DAG FORCEの連載。
アメリカの自動車ブランド「シボレー」が「ディズニー」とコラボ!新型の「Bolt EUV」のプロモーション動画を発表した。
手持ちのマスクが最強になるスペシャルなマスクカバーが、トラベルギアブランド「TO&FRO」から発売。
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...