無駄なネットサーフィンが誰かの家を温めるかも。ストックホルムの挑戦

ふとした瞬間でも、なんとなくスマホを手に取り、SNSやネットサーフィンをしてしまうもの。そして、このインターネットのデータを管理するサーバは、大きな熱量を発しているのです。一説では、データセンターは航空業界と同じくらいのエネルギーを消費している、とも。

そんななか「この熱を、家庭の暖房に使うことはできないか?」というアイデアを実現すべく動いているのが、スウェーデンの首都、ストックホルム。

サーバの熱は冷やさず
エネルギーへ

発生した莫大な熱量を冷却するため、さらに大量のエネルギーが消費されていますが、この取り組みではその熱量を冷やすことなく、地域の個人宅の暖房システムへと還元しよう、というのです。地域の電力会社へ売却することで冷却にかかるエネルギーを削減し、収入を得る仕組みなのです。

これにより、これまで冷却するために使っていたエネルギーを節約できるので、CO2の排出量も大きく削減。

このデーターセンターでは、他の再生可能エネルギーを使用しているセンターと比べ、10MWの熱量に対して、約8,000トンものCo2を削減できていました(ちなみに、10MWは、一般的なアパート約2万軒の1年分に相当)。

電気代は
EUのどの国よりも安く

この取り組みの結果、スウェーデンの電気料金はEUの他のどの国よりも安くなります。さらに、データセンターは熱量を放出するだけなので、冷却にかかる電気代は無料。まさにウィンウィンの関係なのです。

なぜ、取り組みが成功したのか

ストックホルムでこのプロジェクトが成功したもっとも大きな理由は、街に張り巡らされた地域熱供給システムにありました。そのため、データセンターで発生した余剰熱をお湯として貯めておき、暖房に再利用する、という方法が取れたのです。

ちなみにストックホルムは、2040年までにデータセンターの熱量をすべて家庭の暖房に流用したいと考えているそう。

Licensed material used with permission by Stockholm Data Parks

関連する記事

「The Local」のスウェーデン版によれば、ストックホルム県は空気が乾燥していることから住民の火の扱い方を制限しました。火事になる可能性がある場所では...
スウェーデン・ストックホルムに拠点を置く広告制作会社「Clear Channel」は、2018年11月にホームレスの人々に向けたプロジェクトを実施。
これは、スウェーデン・ストックホルムにある、林の中に建てられた家。1~2月は気温がマイナス2℃まで下がる寒い地域ですが、なんと大きな温室のなかに家を建てる...
北欧スウェーデンの首都ストックホルム市内には、赤、青、緑の3本の地下鉄路線がある。3路線の全長は100km以上にもなり、じつに100駅が存在する。その中で...
スイスの香料会社「Firmenich」が抱える調香師と、ロンドンのデザインスクール「Central Saint Martins」の学生が協働して、「フレグ...
スウェーデンの首都、ストックホルムから1時間半ほど北西へ車を走らせたところにある村「Sätra Brunn(サトラ・ブルン)」が「クリスティーズ」で販売。...
2020年は例年よりも日照時間の短かった、スウェーデンの首都・ストックホルム。そんななか「Nobel Week Lights Stockholm 2020...
「Roof Top Tours(屋根上ツアー)」を知っていますか?映画や漫画に出てくるような「屋根の上」で繰り広げられる様々なシーンに憧れている人は意外に...
スウェーデンに「Kajstaden」と名付けられた9階建ての木造マンションが誕生。建築事務所「C.F. Møller Architects」が設計をおこな...
スウェーデン・ストックホルムの時計ブランド「TRIWA(トリワ)」が、1月25日より「TRIWA SHOP表参道」と「TRIWA POP UP STORE...
社会や自然の問題に取り組むアウトドアギアブランド「Cotopaxi(コトパクシ)」 が、 日本での本格展開をこの春スタート。
サステイナブルな活動を積極的に進める化粧品大手「コーセー」の新たな取り組み。
環境先進国として知られるニュージーランドで生まれたエコバッグ「Zerobag2.0」が日本上陸。ペットボトルを100%素材に用いており、購入代金の一部を海...
ディズニーやホンダだけでなく、インテルやバンダイナムコまで。ストックホルムの企業「Furhat Robotics」が世界に広めようとしているロボットの開発...
2018年8月31日より国内90本限定で発売されていた「TID Canvas 002(ティッド キャンバス 002)」の紹介です。
「楽天」は国際的な環境イニシアチブ「RE100」に加盟し、2025年までに自社事業で使用する電力を100%再生可能エネルギーにする方針を発表した。
スウェーデン・ストックホルム発のビールスタンド「Omnipollos Tokyo(オムニポロス・トウキョウ)」が、8月1日(土)、東京・日本橋の兜町にオー...
スウェーデンといえば、洗練された建築デザインで知られている。しかし、今回紹介するのは、ちょっと変わり種。場所は、首都ストックホルムのアーランダ空港。その敷...
世界中で、脱化石燃料の取り組みが盛んに行われていますが、中でも最も進んでいる国のひとつが、スウェーデン。首都ストックホルムを走るバスも、基本的にすべてがハ...
日本でも、冬限定で北海道にオープンする「氷のバー」。でも、世界には一年中オープンしているところもあるんです。2002年にオープンしたこのバー。店内は年中−...

おすすめ記事

埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
今月1日、「帝国ホテル東京」がホテル内での「サービスアパートメント」をローンチ。3月15日からの入居開始に先駆け、現在、予約を受付中だ。
みんなに祝福される、結婚式。ウェディングドレスを着るとき、女の子はおとぎ話の「お姫様」になることができるのです。「そして2人はずっと幸せに暮らしました」と...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
韓国の企業が開発した「Clean CUBE」は、ゴミの処理や収集を見直した、スマートなゴミ箱。太陽光のエネルギーを使ってゴミを圧縮し、従来の約8倍の量を収...
浜松市の鉄工所がつくったジュラルミン仕様のペグ。強度はもちろん、らせん形状に秘密あり。
アライ(Ally)とは、“同調者、支持者、協力者”を示す英単語で「LGBTQ+当事者たちに共感し、寄り添いたいと思う人」を表す際にも使われている。近年では...
NBAの「ロサンゼルス・レイカーズ」に所属している選手、アンソニー・デイビスが着用し話題となっていた「ナイキ」のサステイナブルな新作バスケットボールシュー...
「THE NORTH FACE」から、3Dカーボンプレートを搭載したトレランシューズが発売。エネルギー効率を徹底的に意識し、より速さを追求するランナーにぴ...