無駄なネットサーフィンが誰かの家を温めるかも。ストックホルムの挑戦

ふとした瞬間でも、なんとなくスマホを手に取り、SNSやネットサーフィンをしてしまうもの。そして、このインターネットのデータを管理するサーバは、大きな熱量を発しているのです。一説では、データセンターは航空業界と同じくらいのエネルギーを消費している、とも。

そんななか「この熱を、家庭の暖房に使うことはできないか?」というアイデアを実現すべく動いているのが、スウェーデンの首都、ストックホルム。

サーバの熱は冷やさず
エネルギーへ

発生した莫大な熱量を冷却するため、さらに大量のエネルギーが消費されていますが、この取り組みではその熱量を冷やすことなく、地域の個人宅の暖房システムへと還元しよう、というのです。地域の電力会社へ売却することで冷却にかかるエネルギーを削減し、収入を得る仕組みなのです。

これにより、これまで冷却するために使っていたエネルギーを節約できるので、CO2の排出量も大きく削減。

このデーターセンターでは、他の再生可能エネルギーを使用しているセンターと比べ、10MWの熱量に対して、約8,000トンものCo2を削減できていました(ちなみに、10MWは、一般的なアパート約2万軒の1年分に相当)。

電気代は
EUのどの国よりも安く

この取り組みの結果、スウェーデンの電気料金はEUの他のどの国よりも安くなります。さらに、データセンターは熱量を放出するだけなので、冷却にかかる電気代は無料。まさにウィンウィンの関係なのです。

なぜ、取り組みが成功したのか

ストックホルムでこのプロジェクトが成功したもっとも大きな理由は、街に張り巡らされた地域熱供給システムにありました。そのため、データセンターで発生した余剰熱をお湯として貯めておき、暖房に再利用する、という方法が取れたのです。

ちなみにストックホルムは、2040年までにデータセンターの熱量をすべて家庭の暖房に流用したいと考えているそう。

Licensed material used with permission by Stockholm Data Parks
これは、スウェーデン・ストックホルムにある、林の中に建てられた家。1~2月は気温がマイナス2℃まで下がる寒い地域ですが、なんと大きな温室のなかに家を建てる...
北欧スウェーデンの首都ストックホルム市内には、赤、青、緑の3本の地下鉄路線がある。3路線の全長は100km以上にもなり、じつに100駅が存在する。その中で...
「Roof Top Tours(屋根上ツアー)」を知っていますか?映画や漫画に出てくるような「屋根の上」で繰り広げられる様々なシーンに憧れている人は意外に...
スウェーデンといえば、洗練された建築デザインで知られている。しかし、今回紹介するのは、ちょっと変わり種。場所は、首都ストックホルムのアーランダ空港。その敷...
万が一、映画観賞中にお腹が痛くなってしまっても安心です。壁じゃなく、床にスクリーンを設置しているところがポイント。
ミレニアル世代をターゲットにしている航空会社「Joon」。年々増える子持ちのミレニアルズを考慮してか、Cosy Joonという新サービスを開始です。
世界中で、脱化石燃料の取り組みが盛んに行われていますが、中でも最も進んでいる国のひとつが、スウェーデン。首都ストックホルムを走るバスも、基本的にすべてがハ...
これまでにも、さまざまな国の変わったお家や意外な場所にある建物を見てきた。例えば、巨大な岩の上や断崖絶壁に建てられたもの。でもそのほとんどは、何か硬いもの...
25分間がんばったら5分間リラックス。ポモドーロ・テクニックと呼ばれる集中力維持メソッドを応用したスマホアプリ「Octomonk」が、子どもの学習用に使わ...
日本でも、冬限定で北海道にオープンする「氷のバー」。でも、世界には一年中オープンしているところもあるんです。2002年にオープンしたこのバー。店内は年中−...
今、全世界的に話題になっている「ASMR」。ここで紹介するのは、それのクリスマスバージョンです。音を聞いていると目を閉じたくなるのですが、この動画は最後(...
「持続可能な社会」に向けて、世界の様々な企業がエコな活動を進めていますが、アメリカのEnGoPLANET社が開発したのは、「太陽光」と「通行人の歩く力」が...
“忘れじの味”を世界各地の台所から伝える、イタリア人フォトグラファーがいます。プロジェクト「In Her Kitchen」。第5回は北欧スウェーデンの名物料理。
イギリス北西部、チェシャー州に位置するアシュトン・ヘイズ。この街は、住民たちの協力のもとで「Co2削減」の試みがおこなわれ、なんと10年で約40%もの削減...
気づけば2月も終盤。さあ、春がやってきます。そんなタイミングで暖房機の紹介をするのは、時期外れだと思う人もいるかもしれません。でも、そこにはちゃんと理由が...
僕がこの記事の中で「Love Symbol #2」を使っていることをお許しいただけるといいのですが……。
「Truck Surf Hotel」という移動式ホテルの利用者は、ポルトガルもしくはモロッコの海を転々として、その場でサーフィンができる。
夜になれば、多くの星が輝く空を眺められる。運が良ければ、オーロラを観測できる可能性もあるらしい。神秘的な景色を望めるホテル「Arctic Bath」は、ス...
部屋の温度はエアコンやらファンヒーターやらで調節できますが、足元が寒い。そこで〈もちはだ〉のルームソックスです。
電話をかけると、スウェーデンにいる誰かにランダムでつながり、話せる。そんなちょっとドキドキわくわくするサービス「The Swedish Number」を、...
新しい服を買うのは、いつだって心躍るもの。でも、古くなった服についても少しだけ思いを馳せて身ませんか?もうそんなに着ることはないけれど、捨てるのはもったい...
6月11日にシティ・オブ・ロンドンは、同地区で必要とされる電力を2018年10月までに全て再生可能エネルギーで賄うと宣言しました。
2015年9月16日。スウェーデン政府は翌年の再利用可能エネルギー開発費に、45億クローネ(およそ650億円)の投資を予定していると発表しました。最終的に...
スウェーデンには「lagom(ラーゴム)」と呼ばれる概念があります。「多すぎず少なすぎず、ちょうどよい」という意味で、物質主義や消費主義とは反対の、適度で...