ストックホルム発の「ビールスタンド」がアジア初上陸!

スウェーデン・ストックホルム発のビールスタンド「Omnipollos Tokyo(オムニポロス・トウキョウ)」が、8月1日(土)、東京・日本橋の兜町にオープンする。

ブルワーのHenok Fentie(ヘノク・フェンティ)とデザイナーのKarl Grandin(カール・グランディン)がタッグを組んで2010年に設立した同ブランドは、“Change the perception of beer, forever(ビールそのものの概念に、つねに変革を起こし続ける)”というコンセプトのもと、ビールを単なるビール以上の存在にすることを目指し、現在は世界40ヵ国以上で展開。

日本では先んじて「IKEA」で缶ビールを販売していたが、専門店としては今回がアジア初進出となる。

©OMNIPOLLO JAPAN

彼らにとって東京進出は長年の夢だったといい、来日した際に見つけた古き良き伝統新しい文化が交差する兜町と、そこに佇む、もともとは鰻屋であった小さな木造建築の雰囲気に魅了され、出店に踏み出したのだとか。

メニューには、料理からインスピレーションを得て創作したというユニークなフレーバーがずらり。

たとえば「マンゴーオレンジパッションフルーツクレームブリュレ」「ラズベリーブルーベリーブラックベリー」といったフルーツビールシリーズ、「ピーナツバターチョコレートビスケットバニラ」「ラズベリーメープルパイ」のようなスイーツを連想させるシリーズなどを取り扱い、加えて日本限定のフレーバーも提供予定だという。

©OMNIPOLLO JAPAN

ラズベリーブルーベリーブラックベリー

©OMNIPOLLO JAPAN

ピーナツバターチョコレートビスケットバニラ

クラフトビール好きは要チェックだし、そうでない人も、きっと楽しいクラフトビール体験が叶うはず!

『Omnipollos Tokyo(オムニポロス・トウキョウ)』

【住所】東京都中央区日本橋兜町9-5
【オープン日】8月1日(土)
【公式Instagram】https://www.instagram.com/omnipollostokyo/?hl=ja

Top image: © OMNIPOLLO JAPAN
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事