ノルウェーでマイクロ工房発の「クラフトビール」に出会う旅

お酒好きにとって、旅のお楽しみといえばご当地の地酒。北欧ではアクアヴィットというジャガイモやトウモロコシを主原料としたアルコール度数40度以上の蒸留酒が伝統的ですが、クラフトビールも大人気。

とくにデンマークの「Mikkeller(ミッケラー)」は有名なので、その名を聞いたことがある方も多いかもしれませんね。今回私が旅しているノルウェーにも、この5年ほどで、地方のマイクロ工房が造る個性的なクラフトビールが急増していました。

フィヨルドに張り付いた
小さな村で飲むクラフトビール

その小さなクラフトビールBARは、ノルウェー旅のハイライトのひとつ、フィヨルドクルーズで立ち寄れる小さな村「Flåm(フロム)」にありました。雄々しいフィヨルドの峰の麓に、家々が張り付くようにして村を形づくるそこは、まるで絵本の中の世界。

クルーズ船を降り向かったのは、ノルウェーの人気クラフトビール「エーギル・ブリッゲリーエ」の醸造所に併設されたクラフトビールBARです。ノルウェー人のルーツ、ヴァイキングの船を思わせる木造の店内とパチパチ燃えるオレンジの暖炉に、思わず心のコートまで脱いでしまいます。

オーダーしたのは、5種類のクラフトビールが楽しめる「テイスティングセット」(130クローネ/約1,800円)。真ん中の「Siv Witbier」はコリアンダーとオレンジピールのフレイバーが入ったホワイトビール。右端の「Sumbel Porter」はまあるく柔らかな舌触りと、甘い余韻が印象的なダークビールで、店員さん曰く「チョコレートケーキと一緒に楽しむコーヒー代わりにぴったり」だとか。

マイクロ工房のビールが集まる
オスロのフードマーケットへ

フロムの村をあとにした私は、山岳鉄道の傑作として知られるフロム鉄道や、ノルウェー国鉄(NSB)を乗り継ぐこと約6時間、ノルウェーの首都・オスロへとやってきました。

オスロ最大のフードマーケット、マートハーレンで、ビールBAR「HOPYARD」を発見したので、ふらっと入ってみることに。世界各国のクラフトビールを130種類以上、うちノルウェー各地で造られたクラフトビールを30種類以上取り揃えているそうで!

接客してくれたのは、こちらの女性。

—God dag (こんにちは)!いまノルウェーで人気のクラフトビールを教えてもらえますか?

「そうね、最近だと酸味の強いサワーエールが流行してるかな。あとは、ベルリーナー・ヴァイセっていう、もともとはベルリン生まれの、これまた酸味の強い白ビールにフルーツのフレイバーをつけたものが人気で、なかにはカクテルのような色鮮やかなものもあるんです。気温の低いノルウェーはベリーの栽培が盛んなので、ベリーベースのクラフトビールも多いですよ」

オススメがこちら。写真左から、バクテリアの影響で酸味が強調されたベルリーナー・ヴァイセ「Sour Suzy」(75クローネ/約1,000円)と、力強い味とオドロオロドしいパッケージが特徴のブラックビール「SATANIC  PANIC」(112クローネ/約1,500円)。色は真っ黒で、チョコやコーヒーを彷彿とさせる甘くてビターな味わい。

左から、まるでワインのようなルックスの「brett farmhouse lindheim」(215クローネ/約2,900円)は、コルクで栓をすることでビールの発酵が促され、ベリーの爽やかな酸味が効いています。バニラ、カカオ、トンカ(豆)が入ったダークビアー「LERVIG」(155クローネ/約2,100円)、トロピカルなフルーツのホップを使った「JUNGLE JUICE」(150クローネ/約2,000円)も人気。

日本ではなかなか味わえない個性的なフレイバーのクラフトビールで乾杯!ノルウェーの夜は、深く、楽しく更けていくのでした。

エーギル・ブリッゲリーエ/Ægir Bryggeriet
・住所:Flåmsbrygga, PB 44, 5742 Flåm
・TEL:+47 57 63 20 50
・営業時間:およそ18:00〜22:00(夏季は12:00〜)

ホップヤード/HOPYARD
・住所:Maridalsveien17 フードマーケットMathallen Oslo内
・TEL:+41 68 89 61
・営業時間:火〜木10:00〜23:00、金・土10:00〜24:00、日12:00〜20:00

Photo by 千倉志野(Chikura Shino)
6月4日より全国のIKEAストアで低アルコールクラフトビールが発売された。ストックホルムで人気のブルワリー「Omnipollo(オムニポロ)」の人気ビール4種。
高度4万フィート(約1万2000メートル)で誕生したクラフトビール「Speedbird 100」。ブリティッシュ・エアウェイズとスコットランドのクラフトビ...
クラフトビールの定期配送サービス「ふたりのみ」は、新型コロナウイルスショックにより苦境に立たされているブルワリーを応援・支援するキャンペーンを実施。
1杯300円からクラフトビールが楽しめる国内最大級のクラフトビールイベント「大江戸ビール祭り2020夏」が7月22日~7月26日、7月29日~8月2日、東...
2016年の熊本地震から4年。復興の新たな挑戦としてスタートした、創業200年の「浜田醤油」による日本発の「XO醬」。
東京・品川のベイサイドにある「T.Y.HARBOR」は、老舗のクラフトビール醸造所に併設されたブルワリーレストラン。人気のクラフトビールは、苦味がなくてス...
「クラフトビール」は、最近よく耳にするものの意味は知らないという人も少なくありません。そんな人は、本記事で”クラフトビールとは何なのか”について確認してみ...
ノルウェーのSommarøyという島で、ちょっと興味深いムーブメントが起きています。彼らは「時間」を廃止しようとしているんです。
忠孝新生駅(台北市内)近くの『Plain Stationery Homeware & Cafe』。生粋の文具マニアであるタイガー・シェンの有名文具店ではク...
日南海岸で飲みたいクラフトビールがありました。名前は、「日南麦酒(にちなんばくしゅ)」です。ここ数年、全国各地でマイクロブルワリーが増えていますが、日南麦...
せわしない現代社会では、不安やストレスを抱えながら生活している人も少なくないだろう。そんな不安やストレスを軽減するためには、かわいい動物の写真や動画を見る...
こだわりのクラフトビールと焼鳥を気軽に楽しめるクラフトビール酒場「トリクラヒーロー」1号店が目黒に今週10日オープン。​
浜松出張の夜。餃子やうなぎの定番から一歩抜け出したい人に足を運んでほしいところがあります。静岡・浜松駅から徒歩10分ほどの田町にある「OCTAGON BR...
サンディエゴにある「Museum of Beer」。ここは、一度にたくさんの地元のビールやクラフトビールを堪能できる場所。テースティングエリアには、65種...
今回はブルックリン・ブルワリーの世界初のフラッグシップ店「B」。2月1日にオープンした話題のオシャレスポット「K5」の地下でクラフトビールを飲んできたで!...
9月26日(土)より渋谷区エリア限定の「渋谷区観光協会」公認の”渋谷ご当地クラフトビール“「渋生(しぶなま)」が発売された。
デザインスタジオ「hej」が「Corona Food Masks(コロナフードマスク)」を考案した。マスクの着用は感染対策に有効である一方で、見た目や装用...
日本を代表する画家「葛飾北斎」。日本だけではなく世界中で愛されている北斎だが、そんな北斎の「幻の挿絵」が「大英博物館」のオンラインで公開されることになった。
東京・裏原宿エリアにオープンしたクラフトビール専門店「threefeet Tokyo」は、100種類以上の品揃えを有し、店頭販売のみならず、近隣への配送、...
ニュージーランドのウェリントンは、コーヒーも有名だけど、クラフトビールだって有名なんです。この記事では、地元で人気のクラフトビールブランドのオーナーがおす...
「NEC」と「COEDO(コエドブルワリー)」が共同開発した「人生醸造craft」が再販決定。AI技術により世代ごとの特徴を分析し、ビール職人が味を再現し...
東京から京都まで、東海道五十三次を徒歩で旅しながら、ゴールまでに53種類のクラフトビールを飲もう。企画名は『クラフトビール 東海道五十三注ぎ』。53杯のビ...
ブルックリンで新たに産声を上げたクラフトビールがあります。地元のベーグルショップとブリュワリーが手を組んで誕生した「ベーグルビール」です。
長野県伊那市の訳ありリンゴを買い取り、焼きリンゴにして、シナモン、メープルシュガーを加えたアップルパイのような風味に仕上げたアップルシナモンエールが発売さ...