ノルウェーでマイクロ工房発の「クラフトビール」に出会う旅

お酒好きにとって、旅のお楽しみといえばご当地の地酒。北欧ではアクアヴィットというジャガイモやトウモロコシを主原料としたアルコール度数40度以上の蒸留酒が伝統的ですが、クラフトビールも大人気。

とくにデンマークの「Mikkeller(ミッケラー)」は有名なので、その名を聞いたことがある方も多いかもしれませんね。今回私が旅しているノルウェーにも、この5年ほどで、地方のマイクロ工房が造る個性的なクラフトビールが急増していました。

フィヨルドに張り付いた
小さな村で飲むクラフトビール

その小さなクラフトビールBARは、ノルウェー旅のハイライトのひとつ、フィヨルドクルーズで立ち寄れる小さな村「Flåm(フロム)」にありました。雄々しいフィヨルドの峰の麓に、家々が張り付くようにして村を形づくるそこは、まるで絵本の中の世界。

クルーズ船を降り向かったのは、ノルウェーの人気クラフトビール「エーギル・ブリッゲリーエ」の醸造所に併設されたクラフトビールBARです。ノルウェー人のルーツ、ヴァイキングの船を思わせる木造の店内とパチパチ燃えるオレンジの暖炉に、思わず心のコートまで脱いでしまいます。

オーダーしたのは、5種類のクラフトビールが楽しめる「テイスティングセット」(130クローネ/約1,800円)。真ん中の「Siv Witbier」はコリアンダーとオレンジピールのフレイバーが入ったホワイトビール。右端の「Sumbel Porter」はまあるく柔らかな舌触りと、甘い余韻が印象的なダークビールで、店員さん曰く「チョコレートケーキと一緒に楽しむコーヒー代わりにぴったり」だとか。

マイクロ工房のビールが集まる
オスロのフードマーケットへ

フロムの村をあとにした私は、山岳鉄道の傑作として知られるフロム鉄道や、ノルウェー国鉄(NSB)を乗り継ぐこと約6時間、ノルウェーの首都・オスロへとやってきました。

オスロ最大のフードマーケット、マートハーレンで、ビールBAR「HOPYARD」を発見したので、ふらっと入ってみることに。世界各国のクラフトビールを130種類以上、うちノルウェー各地で造られたクラフトビールを30種類以上取り揃えているそうで!

接客してくれたのは、こちらの女性。

—God dag (こんにちは)!いまノルウェーで人気のクラフトビールを教えてもらえますか?

「そうね、最近だと酸味の強いサワーエールが流行してるかな。あとは、ベルリーナー・ヴァイセっていう、もともとはベルリン生まれの、これまた酸味の強い白ビールにフルーツのフレイバーをつけたものが人気で、なかにはカクテルのような色鮮やかなものもあるんです。気温の低いノルウェーはベリーの栽培が盛んなので、ベリーベースのクラフトビールも多いですよ」

オススメがこちら。写真左から、バクテリアの影響で酸味が強調されたベルリーナー・ヴァイセ「Sour Suzy」(75クローネ/約1,000円)と、力強い味とオドロオロドしいパッケージが特徴のブラックビール「SATANIC  PANIC」(112クローネ/約1,500円)。色は真っ黒で、チョコやコーヒーを彷彿とさせる甘くてビターな味わい。

左から、まるでワインのようなルックスの「brett farmhouse lindheim」(215クローネ/約2,900円)は、コルクで栓をすることでビールの発酵が促され、ベリーの爽やかな酸味が効いています。バニラ、カカオ、トンカ(豆)が入ったダークビアー「LERVIG」(155クローネ/約2,100円)、トロピカルなフルーツのホップを使った「JUNGLE JUICE」(150クローネ/約2,000円)も人気。

日本ではなかなか味わえない個性的なフレイバーのクラフトビールで乾杯!ノルウェーの夜は、深く、楽しく更けていくのでした。

エーギル・ブリッゲリーエ/Ægir Bryggeriet
・住所:Flåmsbrygga, PB 44, 5742 Flåm
・TEL:+47 57 63 20 50
・営業時間:およそ18:00〜22:00(夏季は12:00〜)

ホップヤード/HOPYARD
・住所:Maridalsveien17 フードマーケットMathallen Oslo内
・TEL:+41 68 89 61
・営業時間:火〜木10:00〜23:00、金・土10:00〜24:00、日12:00〜20:00

Photo by 千倉志野(Chikura Shino)
東京・品川のベイサイドにある「T.Y.HARBOR」は、老舗のクラフトビール醸造所に併設されたブルワリーレストラン。人気のクラフトビールは、苦味がなくてス...
日南海岸で飲みたいクラフトビールがありました。名前は、「日南麦酒(にちなんばくしゅ)」です。ここ数年、全国各地でマイクロブルワリーが増えていますが、日南麦...
忠孝新生駅(台北市内)近くの『Plain Stationery Homeware & Cafe』。生粋の文具マニアであるタイガー・シェンの有名文具店ではク...
次々と専門のお店ができて大流行中のクラフトビール。ところで、そう言えば少し前に「地ビール」なんて言葉もありました。いまいち分からずに使っているこれらの言葉...
2019年1月1日より、韓国政府は大型のスーパーマーケットでの使い捨てレジ袋の配布を禁止にしました。約2000店舗がこの条例の対象になります。
2018年、過去最高の入館者数(1020万人)を記録したルーブル美術館。国内の観光客数の回復や動画「APES**T」の影響などを挙げています。2019年は...
浜松出張の夜。餃子やうなぎの定番から一歩抜け出したい人に足を運んでほしいところがあります。静岡・浜松駅から徒歩10分ほどの田町にある「OCTAGON BR...
東京から京都まで、東海道五十三次を徒歩で旅しながら、ゴールまでに53種類のクラフトビールを飲もう。企画名は『クラフトビール 東海道五十三注ぎ』。53杯のビ...
ニュージーランドのウェリントンは、コーヒーも有名だけど、クラフトビールだって有名なんです。この記事では、地元で人気のクラフトビールブランドのオーナーがおす...
トラベルやカルチャーの情報を中心に発信している米メディア「Matador Network」。同サイトに「クラフトビール好きにベストな世界の17都市」という...
5月11日(土)、12日(日)の2日間、静岡県の富士山こどもの国にて、これまでテレビを通して、音楽、映画、スポーツの感動を伝えてきたWOWOWによる初のキ...
職人さんが丁寧に造った、贅沢なクラフトビール。本来の旨味を引き出してくれる、美味しいおつまみと一緒に味わうとさらに最高です。絶対に行きたい!都内の美味しい...
埼玉県の小川町に、茶色い屋根の建物が、ぽつんと建っている。「土地と建物は借りているけれど、それ以外のことは全て自分の手で作っています。なんでも自分でやらな...
様々なビールづくりに挑戦する「スプリングバレーブルワリー京都」が、9月7日にオープン。これは東京(代官山)、横浜に次ぐ3店舗目で、西日本へは初上陸。京都な...
53杯のクラフトビールを飲みながら東京から徒歩で京都を目指す、「クラフトビール 東海道五十三注ぎ」の旅。東京を出てから7日目で、静岡市に到着した。ここでも...
53杯のクラフトビールを飲みながら東京から徒歩で京都を目指す「クラフトビール 東海道五十三注ぎ」の旅(前回の記事はこちら)。スタート地点となる「日本橋」は...
ディズニーやホンダだけでなく、インテルやバンダイナムコまで。ストックホルムの企業「Furhat Robotics」が世界に広めようとしているロボットの開発...
京都市のほぼ中心に位置する烏丸御池──。今に残る京町屋で楽しめるのは、趣向を凝らしたクラフトビールと日本酒、そして創作料理。この地だからこそ実現したコラボ...
ノルウェー企業が開発した「Podbike」は、小型自動車のような見た目をしているけど、電動アシスト自転車なんだとか。要するに、ペダルを漕いで初めて動き出す...
山梨県北杜市にて、オーガニックな自然栽培を行なっている農業の団体「宇宙農民」。そこでは現在、無農薬のホップを栽培し、それを使ったクラフトビールづくりに取り...
本格的なクラフトビールの味わいを、自宅で手軽に楽しめるキットが登場しました。たんにサーバーからグラスに注いで終わり、なんてものじゃありませんよ。なんと、発...
北欧・ノルウェー旅のハイライトのひとつといえば「フィヨルド・クルーズ」。中世の面影を色濃く残す港町・ベルゲンからノルウェー国鉄(NSB)とバスを乗り継いだ...
日本でも盛り上がりを見せるクラフトビール。実はこれ、もともとアメリカからスタートしたムーブメントなんです。大手ビールメーカーの作る大量生産のビールに満足で...
クラフトビール、クラフトコーヒーに続く、新たな「クラフト」トレンドといえば、ミルク。ビール、ピザ、ハンバーガーなど幼き、若き頃のコンフォート・フードを「ハ...