聞こえてくるのは風の音だけ。「フィヨルドクルーズ」で全身を研ぎ澄ます旅

北欧・ノルウェー旅のハイライトのひとつといえば「フィヨルド・クルーズ」。中世の面影を色濃く残す港町・ベルゲンからノルウェー国鉄(NSB)とバスを乗り継いだ私は、世界遺産のネーロイフィヨルドのクルーズ船が出発する、グドヴァンゲンへとやってきました。

ヴァイキングを彷彿とさせる可愛らしい船乗り場で待っていると…。

「SHIP OF THE YEAR」にも輝いた
ハイブリッドなEcoシップ。

1e417c63a339d86b6939cf6473c9e1bfabd46ff9

クルーズ船が到着。ここから約2時間かけて、フィヨルド沿いの小さな村・フラムへと向かいます。

23bf3d17f9ab3e9fc5d3759244a759efa09a992a

じつはこの「VISION OF THE FJORDS」という船は、ノルウェーのアワード「SHIP OF THE YEAR」にも輝いたほどのハイブリッドなエコシップ。2016年の7月にデビューしたばかりなのです。

3階建ての船体は、ブラック&ホワイトのシンプルシック。西ノルウェー地域でよく見られるつづら折りの坂道をイメージさせるアプローチが各階の甲板をつなぎ、遠目から見れば、それはスタイリッシュなM字模様。

大自然と調和してその美しさを引き立てつつも、そこはかとないセンスの良さがキラリ。

Bc84752ae3abf937e789a47e9058858d0e645743C62c9ef511fa0a83ca5faf723e32c1242124f962F7be5f4fc2b54f7b774448f49fc14f5856a739d8

澄み切った空気に
全身が研ぎ澄まされていく。

いざ出発すると、この船がハイブリッドクルーザーである理由がすぐに分かりました。なんと、エンジン音がまったくしないのです!まるで空を飛んでいるかのように、フィヨルドの雄々しい絶景が迫りくる入江を滑ってゆきます。

耳をすませば聞こえてくるのは、風の音のみ。澄み切ったクールな空気に、全身の感覚が研ぎ澄まされていきます。

Dd9bec206dc6774f9eaefe4291fb0d990944af43B18235e1451b4e2075d45c875a745ae4af133684

「top of クルーザー」=「最上階の甲板の上」に立っていると、自分も風になってフィヨルドの大自然を吹き渡っているような不思議な感覚になりました。

E9c38dea600b82d18c114b8749e63ed593ae4633

小さな家がポツン、ポツン。

フィヨルドの麓にはリアル「ノルウェーの森」が広がり、よく見れば小さな家がポツン、ポツンと建っているではありませんか。うん、これは村というより集落。

集落にもよりますが、住んでいるのは十数人程度だそう。夏の間だけチーズ農家としてフィヨルドにやってきてヤギを飼うなんて、おとぎ話の世界みたい。

Be29a471df5d50454db1eb98782441ca842195c1E0233d9601a4294a9248668e2bed12191764a4aa

甲板で船長さんたちを発見。制服も洒落ています。

392e1ea6f824446ac4890f0ecd2ecd4bcef9dcef

取材した冬季は、しばらく甲板に出ていると寒さが体の芯に響いたのですが、ひとたび船内に入れば、ほかほか。コーヒーや軽食をいただきながら、エコシップの窓の外を流れる絶景に見入るのでした。

フィヨルドの山を背に建つ
4つ星ホテル「フレトハイムホテル」へ。

6c39afb5aeb3918519570ee115043e1592da46b0D2be42875f6d3a7cf34bcc2b6e5caf421652ce3a

やがてエコシップは、ノルウェー最大の渓谷・ソグネフィヨルドから分岐したアウルランドフィヨルドの最果ての小さな村、フロムへと到着。

山岳の街・ミュールダールまで標高差864mの道のりを約2時間かけて走る山岳列車・フロム鉄道の始発駅でもあるこの地は、鉄道旅ファン憧れのディスティネーション。

3630d93c6e0809f28119e51d342649bc8fafd8ba

その日の宿は、フェリー乗り場からすぐ、切り立ったフィヨルドの山を背に建つ4つ星ホテル「フレトハイムホテル」。北欧らしい木をふんだんに使い、まるで屋根裏部屋のような古めかしい造りが旅情を誘います。

60d34bdf00e5d43a0c709947e808c1fd4b75031937cc68f04d272df2cb2bfc76c00b9c97202ef2fb

ホテルのライトや暖炉のオレンジが
とても優しく見える。

0cdd1a74df4d58046f094f11438624daff9ad590

ディナーはホテル内レストランで、ジャガイモと長ネギのスープから始まり、鶏の胸肉マッシュルーム添えや、ベリーのソースが絶品のキャラメルアイスなどが楽しめるコースを(※季節によって変わります)。

A9a77985ab2c57ef8c9e6225432f97b7880b80a981e73fa03b999ab0095f8ead6d419ee88b8df1d4

ホテルのライトや暖炉のオレンジがとても優しく見えるのは、ピンと張り詰めて冷たい外気の中を旅してきたからでしょうか。フィヨルドの小さな村に建つホテルの、ぽかぽか心地よいレストランでいただく北欧料理は、一生の思い出になるはず。

Photo by 千倉志野(Chikura Shino)
お酒好きにとって、旅のお楽しみといえばご当地の地酒。北欧ではアクアヴィットというジャガイモやトウモロコシを主原料としたアルコール度数40度以上の蒸留酒が伝...
ノルウェーの壮大な自然を撮る、写真家のTomasz Furmanek氏。彼はフィヨルドや湖の絶景を、カヤックに乗りながら撮影しています。まるで鏡のように水...
2019年3月にオープン予定の「Under」は、ヨーロッパ初の海中レストラン。水深は約5mで、海洋の変わりやすい気象にも耐えられるように、厚さ1mのコンク...
暑さを言い訳にして、ついつい何杯も飲んじゃいそうなオレンジ色したレモネード。いちごとバジルの香りがスッキリしていて、うだるような暑さも気持ちよく感じられるかも!
7月12日(木)から3夜連続で、360°体験型の即興セッションを開催。
気の向くまま、足の向くまま、思うがまま、好きな行動が出来る「1人旅」が最近ブームになっている。1人で異国の地に行くのは少し怖い気もするが、良い経験になるこ...
観光客(Tourist)と旅人(Traveller)、旅することにおいては同じ意味にも思えますが、細かく見ていくと両者を隔てる明確な壁が見えてきます。これ...
TABI LABOライターのJeff Kidoが、古今東西のカルチャーについて独自の視点から好き勝手に論じる『ジェフの勝手にカルチャー論』。1分で読める記...
この世界には、2種類の人間がいる。それは旅行を心から楽しむ「旅人」と、実はうまく楽しめていない「観光客」。納得なものから、うーんなものまで。ライターであり...
アラスカ州スワード。総面積の約3割が川や湖などの水域となっているこの都市は、クルーズ客船の停泊地、アラスカ鉄道の起点、そしてキーナイ・フィヨルド国立公園の...
「地元・浜松の人にも知ってもらいたい」。オーナーの山﨑浩さんがそう語るのは、浜松の春野町を中心に獲れる鹿や猪のお肉を使った「ジビエ料理」のこと。わざわざ足...
丹後鉄道が運行する観光列車「丹後くろまつ号」「丹後あかまつ号」「丹後あおまつ号」は、丹後の風土を感じることのできる車両、丹後の歴史や特産を目と舌で味わえる...
30万人の読者に支持されるアメリカの旅行雑誌『コンデナスト・トラベラー』。業界内でのその権威は絶大で、毎年発表される世界のホテルランキングでひとたび上位に...
神奈川県の住宅街にある200坪の倉庫。中には、フィンランドやデンマークなどの北欧家具が所狭しと並べられている。オーナーの山本さんが以前、フィンランドへ旅行...
次に行きたい旅先は、個人のライフサイクルやステージによって変わるもの。だからこそ、よくある旅のススメだって、それぞれの目的に合わせて細分化される必要があり...
「保育園落ちた日本死ね」の匿名ブログをきっかけに、待機児童問題が一気にフィーチャーされたことは記憶に新しいですが、世界を見渡せば、日本社会が参考にしたい子...
ここでは、宮崎県・日南市の「旅行の前にチェックしておきたい5つの魅力」を紹介します。大型クルーズがやってきたり、広島東洋カープのキャンプ地であること、さら...
#yoloなライフスタイルを体現するSkellieさんのインスタです。Skellieさんはガイコツって設定です。
トルコ出身のバックパッカーBerk Armaganさんは、紙コップに絵を描いてそれを売ることで、旅の資金集めをしている。1つの作品には30分〜5時間かかる...
誰も踏み入れていない地をあえて散策することに、意味があると思うんです。だから春休みにどこに行こうか迷っているのなら、みんなが選ばない都会や文化をあえて探っ...
長い残業、続く会議、にもかかわらず、低い生産性…。そんな働き方の改革が叫ばれて久しい日本ですが、まだまだ徹底されているとは言い難い状況です。世界的には、短...
国土の6割以上が山岳地帯のノルウェーは、雄大な風景を楽しむことができる絶好のトレッキングカントリー。“巨人たちの住みか”こと、北欧最大の山岳地帯ヨーテンハ...
「陽が傾き、潮が満ちはじめると、志摩半島の英虞湾に華麗な黄昏が訪れる。」これは、山崎豊子が小説『華麗なる一族』に書いた冒頭文。その後、寄稿文にもこんな一節...
「旅をしたい」「自分の殻を破りたい」。そう語る若者はたくさんいますが、21歳のテイラー・グリーソンは、並々ならぬ努力でそれを体現した旅人のひとりです。彼の...