ひときわマニアックな体験ができる「UFOクルーズ」

ひときわマニアックな体験をできそうなクルーズが出港するようです。ホーランド・アメリカ・ライン社が手がける、「UFO CRUISE」です。

目的は、「地球外生命体についての真実」を知ること。興味深いのは、未確認飛行物体を探すアクティビティがあることだけではありません。宇宙人による誘拐を経験した人の話が聞けたり、代々と受け継がれているマヤ文明の儀式を体験できたりするんです。

10月6日から13日まで、アメリカとメキシコの西海岸付近を周遊します。UFOに拐われた人の話とか、気になるな〜。

Top image: © iStock.com/Andrei Ermakov
高い壁で外界から囚人を遮断する刑務所。閉鎖的な空間をイメージしがちですが、スペイン北部のエル・ドゥエソにあるソレは少し違うよう。
弾を詰め込んで発砲する銃とは違い、人を傷つけることなく動きを止められる「BolaWrap 100」。スタンガンや催涙スプレーとも一線を画す存在です。
フランス・マルセイユでは、ゴミ拾いとカヤックを融合させたアクティビティが誕生し、5月30日にはコンテストが開催される予定です。
「畑にパンツを埋めてください」。フランスの農業会議所が農家に指示した内容は、とっても興味を引きます。今日(5月27日)から6月2日までにパンツを埋めて、8...
いつかは泊まりたい世界の宿 #9
今クラウドファンディングで資金調達をしながら、これから開業しようとしているクスリを全く販売しない薬局「Poetry Pharmacy」。代替品は、詩です。
スニーカーのアッパーを取っ払って、そのまんま履けるようにした、大胆なシューズがこの「Link」。
先日、米テキサス州オースティンのダウンタウンで「空からタコスが降ってきた」と話題に。同都市発祥のタコスレストランのプロモーションだったのですが、動画を見る...
イスラエルを旅したら、一度は食べてみたいフュージョンSushiのご紹介!
Yujia Huさんは、寿司でいろんな有名人やハイブランドプロダクトを作り上げています。
360度に(なんなら床にも)映し出されたゴッホの絵画を鑑賞……というか、全身で体感!このteamLabのデジタルアートを彷彿とさせる展覧会を開催しているの...
「People Walker」は、一緒に歩く人を雇えるマッチングアプリ。誰かに自分の抱えている悩みを聞いてほしい、ひとりでウォーキングをしたくない。いろん...
カジュアルファッションの大定番アイテムであるパーカの「フロントのポケット」にはこんな秘密があったんです!
人気映画やドラマをテーマにしたクルーズもファンにはおすすめ。例えば、「Walker Stalker」主催の『ウォーキング・デッド』がテーマのクルーズ。これ...
米系大手クルーズ会社ロイヤル・カリビアン・インターナショナルの「クァンタム・オブ・ザ・シーズ」は、目的地に向かう以外の楽しみがこれでもかというほど詰まって...
シンガポール発着のクルーズ「It's The Ship」は、途中の目的地もなく公海を進み続けます。でもお気になさらず、だってこのクルーズの目的は、連日連夜...
「Holistic Holiday at Sea」が運営するヴィーガンのためのクルーズ。食事は、絶対菜食主義の人たちの食生活に配慮したものを提供。他にも、...
「U River Cruises」は、ドイツ、オーストリア、オランダなど5ヵ国を訪れることができるクルーズ。低層でコンパクトなのは、川の上を進んでいくから...
旅の間、船内でファッションショーが開催されるクルーズ「Transatlantic Fashion Week」。その名が示すとおり、約一週間の航海ではファッ...
ヴァージン・クルーゼズ(Virgin Voyages)がタトゥーにフィーチャーしたクルーズを出港させるようです。ちなみに業界初のサービス!
化石燃料に比べて、温室効果ガスの排出量が少ないと言われているバイオガス。ノルウェーの海運会社「フッティルーテン」もまた、この燃料を使用すると発表しました。
外国に行って複数の都市を豪華客船で巡る「海外クルーズ」をオーストラリアでしてきたんですが、思い出としては「ロイヤルな英国旅!?」をしてきたって感じ。
2020年に出港を始めるクルーズ船「Mardi Gras」には、ジェットコースターが設置されるとのこと。その名にふさわしくクレイジーですね。
北欧・ノルウェー旅のハイライトのひとつといえば「フィヨルド・クルーズ」。中世の面影を色濃く残す港町・ベルゲンからノルウェー国鉄(NSB)とバスを乗り継いだ...
メキシコに住むEveliaさんとアメリカに住むBrianさんは、現地時間の11月18日、アメリカとメキシコの国境で結婚式を挙げました。2人のために1時間だ...
TABI LABOライターのJeff Kidoが、古今東西のカルチャーについて独自の視点から好き勝手に論じる『ジェフの勝手にカルチャー論』。1分で読める記...
新しい情報に出会うというのは、記憶を掘り起こしたり、全く考えもしなかったことを考えさせる力があるんだと思います。
以前まで、Facebookの検索バーに「Mexicans are」と入力すると酷い言葉がズラリ。それを変えたのがメキシコのビールメーカー。努力が実り、なん...
一見気づきにくいほど周囲の自然に溶け込んだ小屋が、メキシコの西海岸にある田舎町サン・ファン・デ・アリマにあります。小屋とはいえ、中はホテルのロビーみたいに...
野暮ったくも素朴なメキシコの絶品とんこつスープ。
メキシコのアンドレス・マヌエル・ロペス・オブラドール大統領が、大統領官邸(通称“ロス・ピノス”)をカルチャーセンターとして一般公開しました。
メキシコ・オアハカで、12月29日から1月3日にかけて開催される「Restival」の紹介です。
メキシコの音楽フェス「Inception Music Festival」は世界有数のリゾート地カンクンで開催されます。期間はなんと「30days & 30...