洋上で「ジェットコースター」

ハメを外す人が続出して、毎年、世界中で話題になる「New Orleans Mardi Gras(ニューオーリンズ・マルディグラ)」。リオのカーニバルに劣らないとも言われていて、たくさんの人が踊り狂う様子は、いい意味でも悪い意味でも、とにかく有名です。

さて、ここで紹介するクルーズ船の話。2020年に出港を始めるそうですが、「Mardi Gras」と名付けられています。

最大の特徴はジェットコースターが設置されるということ。その名にふさわしくクレイジーですね。

このクルーズを運営する会社が拠点に置くのは、パーティーシティとして知られるマイアミ。まだイメージ動画しか公開されていませんが、きっと私たちの想像を超えてくる乗り物になるのでしょう。

Top image: © Carnival Cruise Line
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
結婚式を大好きな遊園地のジェットコースターで挙げたカップルは。140人もの人を招待して、乗車から戻ってくるところまで盛り上がりました。自分が好きな場所で式...
アミューズメントパークの花といえば、やはり絶叫マシン。スリル満点で味わうあの疾走感に一度でも体が反応してしまえば、もう快楽を抑えることはできません。ところ...
今日のエンターテインメント分野に、浸透した感のあるバーチャルリアリティ(VR)。その革新的な技術を活かし、小児病院の子どもたちに“リアル”を体験させた動画...
リンゴから作られるアルコール飲料「シードル」を自分で作れちゃうガジェット『ALCHEMA』です。
「Lumen」は、息を吹き込むだけで現在の新陳代謝を測定してくれます。さらには、栄養素などのアドバイスも。リアルタイムで体内の調子を知ることができて優秀な...
3月17日は、聖パトリックデーだった。そんなお酒が進んでしまいそうな祝祭日の夜、とあるBARでスッと出されたコースターには、こう書かれていた。THIS C...
ニッチなテーマがたくさんあるなかで、ひときわマニアックな体験をできそうなクルーズが出港するようです。ホーランド・アメリカ・ライン社が手がける、「UFO C...
人気映画やドラマをテーマにしたクルーズもファンにはおすすめ。例えば、「Walker Stalker」主催の『ウォーキング・デッド』がテーマのクルーズ。これ...
ジェットブルー航空が開催したキャンペーンの紹介です。内容はInstagramの投稿をすべて削除(もしくはアーカイブ)したら、ジェットブルー航空が1年間使い...
米系大手クルーズ会社ロイヤル・カリビアン・インターナショナルの「クァンタム・オブ・ザ・シーズ」は、目的地に向かう以外の楽しみがこれでもかというほど詰まって...
洋服やシューズでコンクリートと表記されたカラーがあると迷わずチェックする。単なる灰色よりもニュアンスあるグレーや硬質で冷たさまで感じられるようなグレーには...
賞金は300ドルと、年間パスポート2枚、パーク内で利用できるチケット、そして使用した棺桶です。
「Mr. ESP 1」の使い方はカンタン。頭につけてから、瞑想を行えばイイだけ。すると、本体が脳波やその動きを読み取り、より深い状態へと導いてくれるようです。
マンダリン・オリエンタルホテルグループは、XOJETというプライベートジェットのチャーターを専門にする企業とタッグを組んで、リッチなサービスを展開。
シンガポール発着のクルーズ「It's The Ship」は、途中の目的地もなく公海を進み続けます。でもお気になさらず、だってこのクルーズの目的は、連日連夜...
「Holistic Holiday at Sea」が運営するヴィーガンのためのクルーズ。食事は、絶対菜食主義の人たちの食生活に配慮したものを提供。他にも、...
「U River Cruises」は、ドイツ、オーストリア、オランダなど5ヵ国を訪れることができるクルーズ。低層でコンパクトなのは、川の上を進んでいくから...
旅の間、船内でファッションショーが開催されるクルーズ「Transatlantic Fashion Week」。その名が示すとおり、約一週間の航海ではファッ...
男と女が運命的な出会いや別れをはたす場所といえば橋の上。こう決めつける訳じゃないですが、ある意味ラブロマンス映画の鉄板演出がこれでしょう。ルコントもカラッ...
チェックインカウンターで手荷物を預けたアナタ。身軽になって、いよいよ旅行気分も最高潮。だから、こんなこと考えないかもしれない。預けたカバンがどうやってアナ...