すげぇ!今度の「フライボード」はジェットエンジン搭載だ(動画あり)

ジェットスキーヤーのフランク・サパタ氏が考案し、GoogleのCMでも話題となった、水噴射圧を利用して水上を飛んだりはねたり。あのフライボードの進化版とも言える、超ぶっ飛びマシンが登場。

サパタ氏自らテスト飛行に挑んだ貴重な映像をどうぞ!

今度は、ホースレス
ジェットエンジンだ!

D2118f1281c8f2cb47c3430ceeff2119af58d557

こちらが元ジェットスキーチャンピオンのサパタ氏。水圧の力で空を飛ぶ、前作のフライボードよりも、今作は数段デンジャラス度が高いんでしょう。フルフェイスのヘルメットを手にいささか緊張した面持ちのサパタ氏。スタッフが入念にフライボードをチェックします。

778420b73529b91b294ba3e499262e278ef2b263

そして、いよいよオールグリーン。シールドを下ろして、リモコンのトリガーを握った次の瞬間…。

80c4bbeb6c34f62e48ee239602753312f27901b7

ごう音とともに水面に立つ水しぶき。サパタ氏を乗せたまま、新型「Flyboard Air」はホバリングしたかと思うと、そのままギュイ~ン!

C57ce76cb94bc826681d298eb60e92afa5327726

え、高度3,048m、時速150km
スペック上は可能だって!?

De1c157520517ccb38e28ca062296bd646a3568c5dbd050b520e96ae6a4ebdc8831a7fb4d29295a4

あっという間に上空へと舞い上がっていきました。これは、明らかに水噴射方式よりも破壊力アリ。さらには、水面から延びるホースもないため、大空を自在に飛び回ることが可能な様子。

B6d6d8712df9a7b0be275b78dbfc4ff477f64a2a

眼下に広がる風景。サパタ氏のシューズよりちょっと大きいだけのFlyboard Air。本当にこれだけだっていうからスゴい。

B94c427d619699351c004c1ed105031c69ef35468206a3c820b885dbe857d37a181032e5bbecea04

テスト飛行の感じでは、めちゃくちゃスムーズに移動していますが、これ一歩バランスを間違えれば…と思うと、腰が引けてしまいますね。

3445b8bd01cafde944104dbca9e1c52b41b8ee768a90bb62c74f12ee62f9a10a88843b1da087a0f4

ランディングもバッチリ決まって、ハイタッチ!

現在のところ、公式ページでも詳細が乏しいものの、リリースによれば飛行可能高度はじつに3,048m、速度は150kmまで計算上では出るんだとか。なお、サパタ氏によると商品化の予定はないものの今後、Flyboard Air体験は可能だというのですが、よほどのエクストリームスポーツ好きでなければ、遠慮したくなりますよね。え、こんなマリンスポーツを待っていた?

Licensed material used with permission by ZAPATA RACING
静岡の浜松市が「マリンスポーツの聖地」と言われるのは、海、湖、川の3つがひとつの街に揃っている、日本でも(世界でも?)有数の恵まれた場所だから。そんな浜松...
パラセーリングにウェイクボード、さらに人気急上昇中のフライボードなど、エキサイティングなマリンスポーツは多いですよね。ただし、ここで紹介する「サブウイング...
あたり前の話ですが、今までのボディボードって、波がないと乗ることはできないシロモノでした。ですが、「KYMERA」なら、波がなくても愉しめてしまうんです。...
サーフィンになくてはならない波。でも、これは自然の産物。フラット(穏やかで波がない)な状態では、どんなに波に乗りたくたって、どうにもなりません、よね?今ま...
ミントタブレット、適当に選んでませんか?
こんなに知られるとわかってたら、もうちょっと違う名前にしてたと思う(笑)。
「Fliteboard」は電動モーターが搭載されているサーフボード。リモコンでスピードをコントロールして、最高で時速40kmも出るそうですよ。
A4サイズのホワイトボードが4枚セットになった〈BUTTERFLYBOARD(バタフライボード)〉。1枚1枚のボードは、マグネットでノートのようにくっつけ...
見た感じスタンドアップパドル(SUP)とも違う、この乗り物…。歩くように“漕いで”進むという、まったく新しいコンセプトのサーフボードなんです。右、左、右、...
いつかもっと気軽に、そして手軽に、いわゆる「電動キックボード」で公道を走れる日がくることを期待するほかないのですが、この手のスマートビークルの進化って、ホ...
ちゃっかりアイラインまで引かれてます(笑)。
ドイツに引っ越して来てから、「ボードゲームやるから遊びに来ない?」と誘われることが多くなった。親戚の集まりでボードゲーム。友だちとボードゲーム。飲みながら...
「波に乗らなきゃサーフィンじゃない!」なんてお叱りを受けたとしても、水面をすべる疾走感を味わってみたいのですよ。一度くらいは。だけど、どこか聞こえる心の声...
カーペンターとサーファー。2つの顔を持つPeterのビルドアップスタイルは、オールハンドメイド。その出来栄えは、自宅のガレージでつくるレベルをはるかに超え...
マリンスポーツ愛好家にとって、命に関わるサメの襲撃は避けたいもの。「Sharkbanz」は身につけるだけでサメの襲撃から身を守れるバンドなんです。そもそも...
秩父市と深谷市、埼玉県の2つの市が育んだ味が融合して生まれた絶品おかず「深谷焼きねぎ秩父味噌」。おにぎりの具や野菜スティックの付け合せ、お味噌汁にもおすす...
スロベニアからまったく新しい概念のSUP(スタンドアップサドル)ボードが誕生。なんでも、スクリューモーターを搭載した電動アシスト機能付きだとか。さらには、...
世界大会では莫大な賞金が動く「eスポーツ」。その世界中の人から愛されている「魅力」と、オリンピックの競技種目として候補に上がる「理由」の2つを紹介します。
その濃厚な食感は、「まるでクリームチーズのよう」と近ごろ話題の水切りヨーグルト。その名の通り、ヨーグルトの水分を切ったものですが、これを揚げるとどうなるか...
波に乗るタイミングはサーフィンの時と異なるし、浮力もないのでコツがいるボディサーフィン。それでもみんなに楽しんでもらいたいという願いで、開発された専用ミニ...