身につけるだけで「サメが逃げていくバンド」の効果がすごい!

マリンスポーツ愛好家にとって、命に関わるサメの襲撃は避けたいもの。「Sharkbanz」は身につけるだけでサメの襲撃から身を守れるバンドなんです。

サメをびっくりさせて撃退!

そもそも、サメはなぜヒトを襲うのでしょうか。

サメによる事故の多くは、海岸沿いの濁った浅瀬で起きているそう。この時サメは目ではなく、動物の中で最も感度の鋭い電磁気感覚を使い、周りにあるものが何かを確認しています。この感覚は、距離や形、心拍数までわかってしまうすごいもの。好奇心旺盛なところがあるため「これはなんだろう?」と試し噛みをすることが多く、これが海での被害につながっています。

このデバイスは、そんなサメの持つ優れた電磁気感覚を逆手に取ったもの。バンドから出る磁力波がサメの電気受容器官を阻害。例えるなら「真っ暗な部屋で突然強い光を目に当てられた」感覚なのだとか。

イラストだとこんな感じ

デバイスから出る磁力で、

近くに来たサメが、

去って行きます。

サメが逃げる!

人形を使った実験を見てみましょう。エサを足に入れ、Sharkbanzを使用すると…。この通り、何かに気づいたように突然くるりと旋回していますよね。

こちらはエサを入れ、Sharkbanzを着けていない状態。

海にも優しい!

化学物質や電池などではなく、磁気テクノロジーを使っているため、環境にも優しく、通常使用で約3年効果を発揮。効力を発揮する範囲は1〜2メートルですが、2個使用することでパワーが高まり強い保護力を発揮します。水深200メートルまでOKで、しっかり留まるクラスプシステムを採用。デザインもクール!

価格は14,800円。ブルー、グリーン、グレーの3色展開です。日本でも手に入るので、気になった方はこちらをチェック!

Licensed material used with permission by SHARKBANZ
「サメって恐いよね」という先入観を、壊してくれるようなおハナシ。
Mike Coostsは18歳の時、サーフィン中サメに襲われ片足を失うアクシデントに遭いながら、今も波に乗り続ける義足のサーファー。同時にサメを保護する活...
2016年2月。フロリダ・パームビーチの海が、サメで埋め尽くされた。一体ナニゴト!?ビーチからもかなり近い!遠目からみるとその光景に恐怖さえ感じる。が、フ...
2015年7月に、南アフリカで開催されたサーフィン大会「J-Bay Open」で事件が起きた。オーストラリア出身のプロサーファー、ミック・ファニング選手が...
一般的には常識外れな亜熱帯の台湾で造られるウイスキー「KAVALAN(カバラン)」。造り方とか調べると、けっこう“台湾としての個性”を感じさせる面白いお酒です。
パリ発の総合美容薬局「L'OFFICINE UNIVERSELLE BULY(オフィシーヌ ユニヴェルセル ビュリー)」のハンド&フットクリーム「Pomm...
誰しも、ひとりになりたい時がある。じっくり考えごとをしたいとき、仕事に集中したいとき、読書に没頭したいとき──。自分の部屋に閉じこもるのも手だが、ここで知...
静岡の浜松市が「マリンスポーツの聖地」と言われるのは、海、湖、川の3つがひとつの街に揃っている、日本でも(世界でも?)有数の恵まれた場所だから。そんな浜松...
南アフリカで行われたサーフィン大会「J-Bay Open」で、オーストラリア出身のプロサーファー、ミック・ファニング選手がサメに襲われるという事件が起きた...
長寿を保っているのは、グリーンランドシャーク。海洋学者のJulius Nielsenによれば、推定年齢は275〜512歳ということなのだけれども、現段階で...
「Helios Touch」は、一つひとつは小さな六角形のライトですが、それらを組み合わせて、自分が好きなカタチにできるというのが特徴。要するに、モジュー...
“忘れじの味”を世界各地の台所から伝える、イタリア人フォトグラファーがいます。プロジェクト「In Her Kitchen」。第4回は島国フィリピンより、楽...
ライターのジョアンナ・シュローダー氏が「YourTango」に書いた「サーファー愛」を紹介しましょう。1月にプロサーファーのケリー・スレーターが、波に襲わ...
スケートボードに四角いウィール?何だそれ。ウィールは、丸いものでしょう。四角かったら、ガタガタして乗りにくいだろ。プッシュしたって、すぐに止まっちゃうよ。...
かつては日本の川にも生息していたチョウザメですが、キャビアの原料となる卵や、コラーゲンを豊富に含んだ肉を目当てに乱獲され絶命危惧種に。しかし現在、日本各地...
チャームポイントはパッケージだけかと思いきや、意外と中身もいいんです。
海の写真というと水上か水中のどちらかというイメージがありますが、オーストラリアのフォトグラファーMatty Smith氏が捉えたのはそのちょうど真ん中!2...
「サーフィンとは”禅”である」という言葉もあるように、ただのスポーツではなく、自然と一体化することで、自分と向き合うもの。陽の光を浴び、風を受け、波を体感...
写真家のDavid Behar氏が捉えたのはマイアミビーチの心地よい海の家。年々大きくなり続ける海の家より、ミニマルな海の家が今の気分だと思います。
パラセーリングにウェイクボード、さらに人気急上昇中のフライボードなど、エキサイティングなマリンスポーツは多いですよね。ただし、ここで紹介する「サブウイング...
Nigel Stanfordが生み出した“ロボットバンド”に興味をもつ人も多いんじゃないだろうか。彼らはターンテーブル・ドラム・ベース・ピアノ・シンセサイ...
フィリピン、マレーシア、インドネシア周辺の海域に定着し生活をしており、住居は海の上。そんなバジャウ族には国籍がないと言われています。水上生活が主なため、陸...
カナダの〈PEOPLE Footwear(ピープルフットウェア)〉がレギュラーで展開している「AQUA LENNON」。いわゆるマリンシューズですが、PO...
デリケートな部分を守るため、隠すため、カタチを整えるため。私がもう一つあげるとしたら、「気持ちを引き締める」ため。服を上から着てしまったら意味ないじゃんっ...