「パイセン、貫禄ありますね!」「500年も生きたからのう」

512歳?まず、その年齢に驚いた。

長寿を保っているのは、グリーンランドシャーク。北極海に生息しているサメの種類だという。つい数ヶ月ほど前に発見されたらしい。海洋学者のJulius Nielsenによれば、推定年齢は275〜512歳ということなのだけれども、現段階では、世界最年長かもしれない脊椎動物といわれている。

まさに生命の神秘
 

サメの年齢を測定するのには、眼のレンズと角膜を分析するようだ。グリーンランドシャークは、年間に約1センチメートルの割合で成長するとのことで、現在のサイズは、18フィート(5.5メートル)とのことだ。

それにしても、1505年といえば、日本では室町時代。その頃から、生きているかもしれないなんて生命の神秘を感じざるを得ない。

Photo by Julius Nielsen

Licensed material used with permission by Julius Nielsen

関連する記事

米ユタ州の「野生生物保護当局」が設置した動物専用の高架橋を、多くの動物たちが利用しているようだ。当局はFacebookでシカ、リス、キツネなど自然界に生き...
「サメって恐いよね」という先入観を、壊してくれるようなおハナシ。
動物の立場に立ち、動物の幸せについて考えていく「アニマルウェルフェア」。この記事ではその定義や指標について紹介していきます。
京都生まれのマサチューセッツ育ち。現在、シカゴで活動しているセン・モリモト。ルックスは、チルなスタイルにロングヘア。25歳(インタビュー当時)。彼はとんで...
オーストラリア発、いま世界が注目する紫色したワイン「パープル・レイン(Purple Reign)」
パイシートにバナナとマシュマロをのせて焼くだけ。
マリンスポーツ愛好家にとって、命に関わるサメの襲撃は避けたいもの。「Sharkbanz」は身につけるだけでサメの襲撃から身を守れるバンドなんです。そもそも...

人気の記事

国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
京都の甘納豆専門店「京・甘納豆処 斗六屋」が、チョコレートにヒントを得た新商品「加加阿甘納豆」を発売。同じく京都のクラフトチョコレートメーカー「Dari ...
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
1990年前後に生まれたミレニアルズ陶芸家3人によるグループ展「仮想世代陶芸 Virtual generation pottery」
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...