「パイセン、貫禄ありますね!」「500年も生きたからのう」

512歳?まず、その年齢に驚いた。

長寿を保っているのは、グリーンランドシャーク。北極海に生息しているサメの種類だという。つい数ヶ月ほど前に発見されたらしい。海洋学者のJulius Nielsenによれば、推定年齢は275〜512歳ということなのだけれども、現段階では、世界最年長かもしれない脊椎動物といわれている。

まさに生命の神秘
 

サメの年齢を測定するのには、眼のレンズと角膜を分析するようだ。グリーンランドシャークは、年間に約1センチメートルの割合で成長するとのことで、現在のサイズは、18フィート(5.5メートル)とのことだ。

それにしても、1505年といえば、日本では室町時代。その頃から、生きているかもしれないなんて生命の神秘を感じざるを得ない。

Photo by Julius Nielsen

Licensed material used with permission by Julius Nielsen
andmore
他の記事を見る
「サメって恐いよね」という先入観を、壊してくれるようなおハナシ。
マリンスポーツ愛好家にとって、命に関わるサメの襲撃は避けたいもの。「Sharkbanz」は身につけるだけでサメの襲撃から身を守れるバンドなんです。そもそも...
パイシートにバナナとマシュマロをのせて焼くだけ。
食生活や運動がより長く生きるために不可欠なのは、もはや当たり前のことになっています。ここでは、100歳まで生きるために必要なことを紹介している「AsapS...
ここで紹介するのは、アメリカ・オレゴン州の動物園が年に1度行う“動物たちの健康診断”で撮ったレントゲン写真。
オーストラリア・シドニー発祥のパイ専門店「パイフェイス」が日本に初上陸し、話題沸騰中。この可愛い顔した“ニクい”ヤツ、決して侮ることなかれ。全16種類!日...
久しぶりに「パイ投げ」を見た。僕にとっての「パイ投げ」の原点はドリフ。幼な心ながら、テレビ画面に向かって大笑いしたのを覚えている。調べてみると意外にも「パ...
神経質になることはマイナスイメージがありますが、細かい気配りができるのは、悪いことではないそうです。イギリスの調査によると、彼らは長生きする傾向にあるのだ...
思わずクスリと笑ってしまう一瞬を捉えた、動物たちのおもしろ写真コンテストの2017年のトップが選出されました。中には「これ、本当に合成ナシ?」と疑ってしま...
料理名に「パイ」と付いただけで、とたんに難しく感じてしまう人がいます。それは小麦粉を練った生地でつくる料理のイメージから。でも、アイルランドには「コテージ...
2015年7月に、南アフリカで開催されたサーフィン大会「J-Bay Open」で事件が起きた。オーストラリア出身のプロサーファー、ミック・ファニング選手が...
Mike Coostsは18歳の時、サーフィン中サメに襲われ片足を失うアクシデントに遭いながら、今も波に乗り続ける義足のサーファー。同時にサメを保護する活...
あらゆるランキングに何かとランクインしている群馬県の草津温泉を楽しんでいるのは、私たち人間だけではありませんでした。たとえば、カピバラ、猿、ワニなどの動物...
米造形作家による作品です。
「subsclife」はブランド家具のサブスク。月額500円から利用できます。
2016年2月。フロリダ・パームビーチの海が、サメで埋め尽くされた。一体ナニゴト!?ビーチからもかなり近い!遠目からみるとその光景に恐怖さえ感じる。が、フ...
全28種類!L.A.スタイルのパイ専門店※撮影した期間限定の六本木店は閉店しました。Pie Holic〒231-0001 神奈川県横浜市中区新港1丁目3番...
手作りパイと自家焙煎のコーヒーが魅力ウッドデッキに囲まれた原宿のパイ専門店THE DECK COFFEE & PIE〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ...
ナイトサファリやシンガポール動物園を運営するWildlife Reserves Singapore(WRS)が、「動物園で象に演技させるのはやめる」と発表...
まるで人間のように豊かな表情をする野生動物が見れると、毎年注目が集まる「Comedy Wildlife Photography Awards」。2019年...