「ナショジオ」が選ぶ2015年ベストショット 息を呑むほど神秘的・・・

National Geographic(ナショナルジオグラフィック)』は、アメリカに本部を置く非営利団体「ナショナルジオグラフィック協会」の公式雑誌として1888年に創刊。今では、実に180カ国以上、850万人の読者を楽しませています。

そのWEB版で発表された「2015年の写真トップ20」が、“真の自然美”を写し出していると話題になっている模様。今回はそのうちの7枚をピックアップして紹介しましょう!

01.
海岸が青白く輝く!
その正体はなんと…?

821f7861db635a7be65b4cf7988592f3cafb8e2f

ここは、ペルシャ湾に浮かぶイランのララク島。青白く輝く不思議な光の正体は、なんとプランクトンなのだとか。

02.
ペンギンが
カメラに突撃〜!

Cf1a68e3f30ba82e35b46dc99f1ce52e6b537fa3
南極観測基地のひとつ「ケーシー基地」から約10kmの地点。海氷をGoProで撮影中に捉えたものです。

03.
太陽と氷のコラボレーション

F7d3fdf815d84510815e6bb6db26f0ddbd10b171

氷面(ひも)の隙間から差し込む太陽の光は、Ernie Vater氏が撮影。場所は、アメリカのスペリオル湖畔。

04.
バイカル湖が真っ二つ

4cc1f9fc9ccb6b289b44ea06168e9427c6ef1ad3

シベリアにあるバイカル湖で、驚くような裂け目が捉えられました。急激な気温の変化により熱膨張が生じたことがその原因と言われています。

05.
「これが、海の本来
あるべき姿です」

77063c391553343752ad09f53d202731ed24f09a

と、撮影したJeff Hester氏はコメント。場所は、メキシコのカボ・プルモ国立公園で、“群れ”の大きさが分かるよう、前を泳いでいる奥さんを一緒に撮影。

06.
神秘的すぎる…
月とオーロラ

7527e60197235a22c0bc99b12b0fb100015bde44

アイスランドの夜空に輝く、月とオーロラ。この両者の共演は、なかなかお目にかかれないのでは!?

07.
ぷかぷか〜!
幻想的な“黄金のクラゲ”たち

C8feef494a7a29f4da797819f56bf639c7d1bee9

このジェリーフィッシュレイクは、“奇跡の楽園”と形容されるパラオ共和国、マカラカル島に位置。黄金のクラゲたちは、太陽の動きに合わせて移動を繰り返しているのだそう。

Licensed material used with permission by National Geographic
今回、紹介するのは、ナショジオ主催の「ナショナルジオグラフィック・ネイチャー・フォトグラファー・オブ・ザ・イヤー」からの2017年度の入賞作。今年のグラン...
撮影が行われたのはニュージーランド・ノースアイランドにある「Waitomo Glowworm Caves」。3000万年前からある石灰岩でできた洞窟です。...
海の写真というと水上か水中のどちらかというイメージがありますが、オーストラリアのフォトグラファーMatty Smith氏が捉えたのはそのちょうど真ん中!2...
フォトグラファーにとって「雨」は、天敵とも言えるかもしれません。高価な機材は濡れてしまうし、一般的に撮影自体も難しくなります。でも、「雨の日にしか撮れない...
最初にビルの屋上でマイクロファームを始めたのは、ニューヨークだっただろうか。2010年代に入って、都心における農業が注目された。そして今、世界的に注目を集...
最近見つけたストーブ「Aquaforno Ⅱ」。これ、とっても多機能なんです!肉を焼くのはもちろん、ピザもつくれる焼き窯もあるんですよ。他にも便利な機能が...
2016年のナショナルジオグラフィック・トラベルフォトグラファー・オブ・ザ・イヤーに選ばれた写真がコレ。ここではそれぞれの部門で選ばれた計12枚の作品を紹...
実際に撮影した写真をフォトショップで編集し、自身のインスタグラムに投稿しているJULIUS KÄHKÖNENさん。実際に日本に存在する建造物と彼のイマジネ...
熊本県宇土市にある、御輿来(おこしき)海岸。干潮時に干潟に現れる美しい砂紋が有名ですが、魅力はそれだけではありません。なんとココには、年に数日だけしか見れ...
千葉県君津市の清水渓流公園にある「濃溝の滝」。都心からわずか1時間程度でアクセスできる、隠れ家的パワースポットです。
茹でてクタクタになった素麺が激変!
思わずクスリと笑ってしまう一瞬を捉えた、動物たちのおもしろ写真コンテストの2017年のトップが選出されました。中には「これ、本当に合成ナシ?」と疑ってしま...
ハンガリー出身のフォトグラファーTamas Toth氏。彼がクロアチアで撮影した写真は、この世のものとは思えないほどに神秘的だ。撮影場所は、クロアチア最大...
ふと見た横顔、甘い香り、何気ない仕草。男性だけじゃなく、同性であってもたまらなく惹きつけられることがある。性的なものとは少し違う想像力を刺激する女性ならで...
なんとも貴重な映像が、ドローンによって撮影されました。舞台は北極。驚くべきことに、映っているのは約2,000頭ものシロイルカの群れです。しかもこの撮影、ど...
朝もやのカーテンに包まれたSavinjska Valley(スロベニア)のサンライズ。神秘的な姿を映し出すのはフォトグラファーFlip Eremita。い...
今年もナショナルジオグラフィック(通称:ナショジオ)が主宰するフォトコンテストのファイナリストが発表されました。コンテストは「風景」「環境問題」「アクショ...
養蜂家でありDJでもあるBioni Sampは、シンセサイザーを駆使しながらユニークな音楽制作を行っています。
ガイドブックをどれだけ読んでも見つけられないのは、有名な観光地などで実際に生活をしている人々。10年間、旅を続けたフォトグラファーが魅せられたのは、ありが...
オーストリア・シュタイアーマルク州トラゲスにある湖「Gleenlake」。アルプスを望む自然公園にあるこの湖、冬場は1~2mの水溜まりなのですが、雪解け水...
紹介するのは、ロンドンを拠点に活動をするフォトグラファーChristopher Wilton-Steerさんの写真。それを見た人に、旅をしている気分になっ...
「どこでも走り回れるし、いつでも新しい冒険ができて大好きだった」小さい頃からの牧場生活をそう振り返るのは、学校へは行かずにホームスクーリングで育ってきたと...
美瑛町といえば、近隣の富良野市と並んで北海道を代表する観光地のひとつ。中でも「パッチワークの路」と「パノラマロード」は二大観光コースと言われるほど、多くの...
右目と左目の色が異なる、いわゆる「オッドアイ」のネコはときどき話題になりますが、ロシアに住む「アイリス」と「アビス」は、なんと双子の姉妹で同じ特徴を持って...