世界最高峰の自然写真コンテストは、想像を超えてヤバかった!

1888年に創刊した「ナショナルジオグラフィック」は、世界の自然や文化を伝える雑誌だ。何と、世界に850万もの読者を持つという。通称、ナショジオ。そこは、当然ながら、素晴らしい写真の宝庫でもある。

今回、紹介するのは、ナショジオ主催の「ナショナルジオグラフィック・ネイチャー・フォトグラファー・オブ・ザ・イヤー」からの2017年度の入賞作。今年のグランプリは、野生動物カテゴリーで第1位に輝いたオラウータン。だが、その他の入賞作も甲乙つけがたい。

では、応募総数11,000枚から選ばれた、世界最高峰の自然写真を堪能しよう。

野生動物カテゴリー

第1位
“Face to Face In A River in Borneo”
Joghee Bojan

D644a07aa4001bf28694358e0326176a906f1a4f

第2位
“Mother’s Love”
Alejandro Prieto
 

026c8f5b7eb8b99ff91cc64b5d1654c5444bae92

第3位
“White Fighters”
Bence Mate
 

Cc30243a936e0e06ea558b98f735275b188619c8

風景カテゴリー

第1位
“Firefall”
Karim Iliya

Ed6397c85acfb58fa2f51644170dbef532cec65d

第2位
“Dushanzi Grand Canyon”
Yuhan Liao

533a5ee3afb9b7b2c1c8d219c80a41c37a83ed1f

第3位
“Illuminate”
Mike Olbinski

1a282967828e91986aaaf7373df89729f25de023

水中カテゴリー

第1位
“Fluorescent Anemone” 
Jim Obester

53124616afaa38ab011e73eca2ddee7c56277851

第2位
“In Your Face”
Shane Gross

41606e85f211397bb519642f746953efe0c64a03

第3位
“Flying Fish In Motion”
Michael O’neill

51baf41deb58b92e0aa82617f70fddb8353079ed

空中カテゴリー

第1位
“Rock Pool” 
Todd Kennedy

28ffb112c494a279047bdd7135b6839cd9a4340a

第2位
“From Above”
Takahiro Bessho

7583ecbffb2eb2c9caafa877b89a425a443c4960

第3位
“Drip”
Greg C.

Bb5e29e55630b7cea25582c0e582121e2b11436b

空中カテゴリーの第2位には、日本人の名前がクレジットされている。それにしても、世界は広い。写真をチェックしていて感じたのは、まだ、目にしていない素晴らしい景色が一杯あるってこと。ヤバい。再び、旅に出たくなった。

Licensed material used with permission by National Geographic
ナショナルジオグラフィックが共同主催する「ドローンスタグラム」は、2014年にスタートした国際コンテスト。第4回目を迎えた本年度も、様々な趣向を凝らした空...
2016年のナショナルジオグラフィック・トラベルフォトグラファー・オブ・ザ・イヤーに選ばれた写真がコレ。ここではそれぞれの部門で選ばれた計12枚の作品を紹...
『National Geographic(ナショナルジオグラフィック)』は、アメリカに本部を置く非営利団体「ナショナルジオグラフィック協会」の公式雑誌とし...
「Amphibio」は、デザイナー亀井潤氏によって開発された人間用のエラ。地球温暖化により、人類が地上に住めなくなったシーンを想定して作られているとのこと。
体の内側からキンキンに冷やしてくれるデトックスウォーターの紹介です。
答えは、都会のカラスの巣。新進気鋭のネイチャーフォトグラファーである柏倉陽介氏が撮影したものだ。
亜熱帯に属する西表島は、自然が猛威を振るい続けたがために、結果として美しい自然を現代に残している。島を巡るための道路は半周しかなく、自然がありのままの姿で...
ドキュメンタリーTVの「ナショナル ジオグラフィック」が“ドキュメンタリーを体験する”をコンセプトに主催する「ナショジオ ツアー」の第1弾「ネイチャーフォ...
そこは、ドローンを使って撮影した作品だけが集まるアカウント。地上にいては、まず見ることができない色やかたちに気づかせてくれる鳥の視点は、いまや撮影手法のひ...
登山家よりも、重い機材を運びながら仕事をするカメラマンのほうが過酷なのではないか…そんな話を1度や2度は聞いたことがあるはず。プロの使う機材は、一眼レフで...
「Nadi X」は、足首と膝、お尻にセンサーが埋め込まれているヨガパンツ。
今年もナショナルジオグラフィック(通称:ナショジオ)が主宰するフォトコンテストのファイナリストが発表されました。コンテストは「風景」「環境問題」「アクショ...
ロンドン自然史博物館が主催する自然写真コンテストの世界最高峰「Wildlife Photographer of the Year」が、2015年の受賞作品...
現在、東京ドームシティのGallery Aamo(ギャラリーアーモ)において開催されているのは、「天野尚 NATURE AQUARIUM展」だ。果たして、...
プロ・アマチュア関係なく、世界中から応募が集まる「INSIGHT ASTRONOMY PHOTOGRAPHER OF THE YEAR」は、世界最大級の天...
1873年にイギリスで創設された由緒正しきケネルクラブ「The Kennel Club」。世界最古の愛犬団体として知られている。犬種管理やドッグショーの運...
日本でも珍しい京都の弁当箱専門店「Bento&Co」が開催した、弁当箱を使った国際コンテスト。「第7回国際BENTOコンテスト2015」の結果をご覧あれ。
夏にピッタリの辛口白ワイン!「ヴィーニョ・ヴェルデ カザルガルシア」はボルトガル特産の微発泡性ワインとして有名な1本。世界中の料理となんでも合ってしまう味...
思わずクスリと笑ってしまう一瞬を捉えた、動物たちのおもしろ写真コンテストの2017年のトップが選出されました。中には「これ、本当に合成ナシ?」と疑ってしま...
世界各国の若者の部屋を6年間にわたり撮影。フランス、スイスなど世界各国で続々出版。「ナショナルジオグラフィック・ポーランド」が絶賛し、いま、全世界で話題沸...
画家ゴーギャンが「古城のよう」と表現したことで知られるポリネシア、モーレア島を拠点に活動する写真家夫婦ヴィルジニさんとサミュエルさんは、10年ものあいだポ...
現在、東京ドームシティのGallery Aamo(ギャラリーアーモ)において開催されているのは、「天野尚 NATURE AQUARIUM展」だ。果たして、...
フォトグラファーPhillip Haumesserさんは、使い古された「Canon EOS Rebel T2i」と「PENTAX 50mm f1.7」を、...
「どこでも走り回れるし、いつでも新しい冒険ができて大好きだった」小さい頃からの牧場生活をそう振り返るのは、学校へは行かずにホームスクーリングで育ってきたと...