これがイギリスの「ハウス・オブ・ザ・イヤー」だ

王立英国建築家協会(RIBA)による、年間で最も優秀な住宅建築を決めるアワード「RIBA House of the Year」。2018年の1位に輝いたのは「Lochside House」でした。

この住宅は、スコットランドにあるウェストハイランドの湖のほとりにあり、オーナーは陶芸家。レンガや木材など、地元で得た素材を多種多様に使用しているから、外観や内観の色味はとてもナチュラル。窓の外に見える木々と調和しているように見えます。

送電線と繋がっていないオフグリッドですが、屋根に取り付けられたソーラーパネルで発電。地下水も汲み上げることができ、湖のほとりでの暮らしを快適なレベルで可能にしました。

周辺環境を利用するサステイナブルな面もありつつ、家の中はモダンなつくりでとても過ごしやすそう。こんな場所で、ゆっくり過ごしてみたいものです。

©Richard Fraser
©Richard Fraser
©Richard Fraser
©Richard Fraser
©Richard Fraser
Top image: © Richard Fraser
「英国生まれ」のモノって、なぜか欲しくなる!
2017年の「fake news(フェイクニュース)」につづき、イギリスのコリンズ英語辞典が選んだ2018年のワード・オブ・ザ・イヤーは「single-u...
2019年も『コリンズ英語辞典』からワード・オブ・ザ・イヤーが発表された。今年選ばれたワードは、人々の環境問題への意識の高まりを表した“あの言葉”......。
寒い季節、イギリスのスムージーに被せられる“ニット帽”。すべて手作りで、帽子、ダイナソー、ユニコーンなど種類は様々。高齢者支援の一環ですが、お土産として買...
イギリスの「ロングウッド・プライマリー・アカデミー」という小学校は、敷地内に瞑想スペースを設置しました。
アメリカ国内だけではなく、世界中で物議を醸している「トランプ大統領」。そんなトランプ大統領にまつわるおもしろエピソードを6つ紹介したいと思います。
「Hemsley Conservation Centre」というイギリスの動物園が手がけた、「1.5ポンド(約200円)を払えばゴキブリに名前をつけられる...
英ガーディアンによると、イギリス政府が9月から女子学生(11歳〜18歳)に対して、生理用品を無料配布する予定だと言いいます。
7月から9月にかけて、イギリスでは風力や太陽光、水力などの「再生可能エネルギー」による発電量が化石燃料による発電量を上回った。
「Kent Fire and Rescue Service」というイギリスの救助隊が公開した事故現場が、インスタレーションみたい!
6月中旬にスコットランドでオープンした「Saorsa 1875」。客室内はもちろんのこと、部屋の掃除の際に使用されるプロダクトもヴィーガン。供給される電気...
2016年の熊本地震から4年。復興の新たな挑戦としてスタートした、創業200年の「浜田醤油」による日本発の「XO醬」。
ハロウィンが終わると、ほとんど日を置かずにクリスマスの気配が漂い始めます。お店にはクリスマスのための新商品が並び、食品陳列棚もクリスマスの食べ物、至るとこ...
イギリスでは小さなカクテル(マイクロカクテル)が流行っているのだとか。つまり、ショットグラスに注がれるカクテルってことです。
7月6日に、イギリスの電力会社Ecotricityの供給する電気がヴィーガン製品として認定されました。
2019年8月からイギリスのロンドン・ガトウィック空港で試験運用が決まった、ロボットが駐車場にクルマを停めるサービス。クルマの下にアームを入れて、特定の駐...
イギリスで、ケロッグがブリュワリーとコラボしました。生まれたのは、「Throw Away IPA」と名付けられたビールです。廃棄されるはずだったコーンフレ...
新世代のラグジュアリーライフスタイルホテル「東京エディション虎ノ門」が今月20日(火)、東京・神谷町の「東京ワールドゲート」に正式オープンした。
“あったらいいな”を実現する、いま話題の最新ガジェットを3つ紹介。
イギリスでは、ストレス解消を求めて、美術館に足を運ぶ人が増えるかもしれません。思いっきり汗を流せる運動でも、心をからっぽにできる瞑想でもありません。美術館...
フィンガーフードとしてテーブルにサーブすれば、クリスマスムードをぐっと盛り上げてくれるであろう、クリスマスツリー味のポテトチップス。原料には松の木のフレー...
「Incredible Edible」はイギリスの田舎町トッドモーデンから始まり、今では同国のいたるところで行われているフードプロジェクトです。
料理教室やウォーキングクラブに行くことを処方箋に書けるようです。
ロンドン・ヒースロー空港での食事。制限区域内にある『キャビア ハウス アンド プルニエ シーフード バー』は「イギリスだから料理が不味い」の概念を覆します。
イギリスのヒースロー空港が乗客の手荷物検査の効率化を検討中。2022年までに、手荷物の中身を3D分析できる新装置を導入する方針を発表しました。