賛否両論「ロンドンの神経質なルームメイト」

一昔前に比べると、日本でも増えてきたルームシェア。海外では家賃を少しでも抑えることを目的に学生や社会人がフツーにやってます。もちろん、物価が高いロンドンでも。

そんな同都市のルームシェアに関する話題です。

まずは下の投稿画像をご覧ください。

© rx/Twitter

文字がびっしり。

これはアカウント名@rxdaznさんの友人がロンドンで部屋を探している時に、未来のルームメイト候補から送られてきた条件だそうです。

一部を訳してみましょう。

「午前8時半前と午後11時以降に料理する人はお断り」

「缶詰ばかり食べる人はお断り」

「トイレを15分以上、もしくは1日に15回以上使う人はお断り」

よくあるルームメイト募集の条件は「学生お断り」や「パーティー禁止」程度。それに比べるとはるかに細かい条件です。たしかに夜中に料理されたり、トイレタイムが異常に長いルームメイトはイヤですが、わざわざそんなこと言わなくても……。

この神経質な同居人に対して、Twitterでは3000以上のコメントが。賛否あるものの「こんな条件じゃルームメイトが見つからない」という否定派がやや優勢か。

果たして、ここまで厳しい条件を突きつける人と一緒に住みたいという強者は現れるのでしょうか?

Top image: © 2018 TABI LABO
他の記事を見る
ロンドン市民でさえほとんどの人はその存在を知らないと思います。自分たちの大切な文化だというのに!
旅行雑誌のカバーには決して載らないけれど、マストチェックなロンドンスポット!
Bella Foxwellさんのアカウント「The Doors of London」には、ロンドンにある「ドア」の写真が投稿されています。
ロンドンの企業「BeRightBack(brb)」が、旅のサプスクリプションサービスを展開しています。199ポンド(約2万9000円)を払えば、ロンドンか...
ロンドンにある「Cereal Killer Cafe」は、シリアルをモチーフにしたカフェ。シリアルがトッピングされた可愛いドリンクがたくさん!
ロンドンで最先端のクリエイターが集る場所と聞けば、多くの人はソーホーを思い浮かべるかもしれません。でも、僕ならサウス・ロンドンの郊外にあるペッカムを推します。
ロンドン・ヒースロー空港での食事。制限区域内にある『キャビア ハウス アンド プルニエ シーフード バー』は「イギリスだから料理が不味い」の概念を覆します。
ここで紹介するのは、シティ・オブ・ロンドンの近くにあるブティックホテル「Cuckooz」にある、子宮みたいなカタチをしたベッドルームです。
ロンドンの建築デザイン事務所が、超高層ビル「The Tulip(チューリップ)」のプロジェクトを発表。通称「ガーキン」の隣に建設され、新たな観光名所になる...
このマップは、ロンドン各地にゆかりのあるバンドの名前や曲名、歌詞で表現。ミュージシャンの生まれた場所や暮らしていた場所を知れるだけでなく、レコーディングス...
醸造所が併設されているロンドンのパブ「Long Arm Pub & Brewery」。ここではMillennial Stoutと名付けられたアボカドビール...
ロンドンを拠点に活動するフォトグラファー、Alex Bartschさんのプロジェクト。写真集には40ヶ所以上の「聖地」が収録されている。
セント・ポール大聖堂を、ロンドンの一般的な道に再現しようというプロジェクト「LUCIDA BASILICA」の紹介。
ロンドンで20年間もフィッシュ&チップスを提供してきたレストラン「Sutton and Sons」は、ヴィーガンフードの需要が増えてきたことをいち早く察知...
ロンドンの5つ星ホテルThe Ned。その地下にあるバーのお話。
クイーンズ・パーク・レンジャーズFC(通称QPR)のホームスタジアムがロンドン西部にある「ロフタス・ロード」。
ロンドンのウエスト・エンドに位置するバードストリート。ここに、「歩いて発電する道路」が設置されています。
2019年8月からイギリスのロンドン・ガトウィック空港で試験運用が決まった、ロボットが駐車場にクルマを停めるサービス。クルマの下にアームを入れて、特定の駐...
ロンドンのメーカー「FYB」のハンドバッグは、あちこちを忙しく飛び回る女性のセキュリティ問題を、しっかりとサポートするためにつくられた製品です。
ロンドン市内に、新しいコンセプトのレンタカーが登場しました。なにが新しいって、これ観光専用なんです。もちろんレンタカーだから自分で運転だってできます。けど...