「女性器」をテーマにした博物館がロンドンでタブーに挑む!

ロンドンの若者が集まる街、カムデンに「女性器」をテーマにした「Vagina Museum」が11月16日にオープンする。

公式WEBサイトによると「膣および外陰部の健康にかんする教育と啓発ならびに“スティグマ”と戦う」ことを目的としたこのプロジェクトは、2017年3月に始まりイギリス各地で期間限定の企画展を実施。満を持しての常設展示スペースというわけだ。

女性器にまつわるネガティブなイメージを変えるための活動内容は想像以上に多彩で、ミュージアム内では、テーマに沿った美術展ワークショップのほか、演劇も行われるという。来場者により正しい情報を届け、いわば「タブー」とされがちなトピックに挑む。

そもそも「Vagina Museum」のオープンに際しては、クラウドファンディングでは5万ポンドもの支援が集まっており、市民による賛同も少なくはないようだ。

なお、オープンから2020年2月16日までは、企画展「Muff Busters-Vagina Myths and How to Fight Them-」が開催。入場は無料となっている。

Top image: © @vagina_museum
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
世界最大級の大英博物館で、2019年、大規模な日本の漫画展が開催予定!展示内容は、ポケットモンスターやONE PIECE、ボーイズラブまであるとのこと。
ロンドン市民でさえほとんどの人はその存在を知らないと思います。自分たちの大切な文化だというのに!
上海や深センの摩天楼とは異なり、最近は伝統建築のリノベーションが目を引く北京。ここで取り上げる「东四胡同博物馆」という博物館でも、伝統とモダン要素を調和さ...
旅行雑誌のカバーには決して載らないけれど、マストチェックなロンドンスポット!
会社に行きたくない、彼氏や上司とケンカしてイライラ等、「ミレニアルズ」のお悩みを漢方で解決!世代を越え、漢方を広めている神奈川県鎌倉にある「杉本薬局」の三...