光合成するシャンデリア

光が差し込んだときに透けるグリーンカラーが目を引くシャンデリア。一見、海藻を繋ぎ合わせたように見えなくもありませんが、もちろんホンモノというわけもなく……。

でも、ある部分ではホンモノ!この海藻のような姿をしたモジュールの中には、微細藻類が入っているのです。その生物が光合成をすることで、室内の二酸化炭素を吸収。

できる限り環境の負担になることを避け、人間とモノの共生を目指して創られたシャンデリアというわけです。

残念ながら非売品ですが、現在はイギリスの国立博物館「V&A(ヴィクトリア・アンド・アルバート博物館)」の永久収蔵品として保管されています。足を運ぶ機会がある人は、このシャンデリアのある空間で深呼吸してみるとかどうでしょう。

©Julian Melchiorri 2017
©Julian Melchiorri 2017
Reference: designboom
Top image: © Julian Melchiorri 2017
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

約1,000個のプルタブで作ったシャンデリア。明るい場所で見るとプルタブが目立って華やかさに欠けますが、暗闇だと案外シャンデリアっぽい雰囲気を醸し出してい...
北極圏にあるスヴァールバル世界種子貯蔵庫が、完成したのは2008年。農作物が絶滅したときに備えて、現在は約98万の種子サンプルが保存されているんです。
世界最大級の大英博物館で、2019年、大規模な日本の漫画展が開催予定!展示内容は、ポケットモンスターやONE PIECE、ボーイズラブまであるとのこと。
植樹をするのではなく、表面を藻類で覆ってしまおうというコンセプト。中国・杭州市に建設される高層ビルに採用予定です。
オーストラリア発、いま世界が注目する紫色したワイン「パープル・レイン(Purple Reign)」
上海や深センの摩天楼とは異なり、最近は伝統建築のリノベーションが目を引く北京。ここで取り上げる「东四胡同博物馆」という博物館でも、伝統とモダン要素を調和さ...
イギリス人写真家のLloyd Evans。彼の作品が注目される最大の理由は、劇場の照明デザイナーという専門スキルをもつフォトグラファーだからと言えるでしょう。

人気の記事

国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
京都の甘納豆専門店「京・甘納豆処 斗六屋」が、チョコレートにヒントを得た新商品「加加阿甘納豆」を発売。同じく京都のクラフトチョコレートメーカー「Dari ...
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
キノコは干すことで栄養価が格段にUPします。そして香りも!
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...