雨が降ると見られる
「森のシャンデリア」

森に降る雨は、木々を濡らし、落ちた雫はひっそりと土を湿らせていく……。

そんな雨を可視化する作品がイタリアのオープンエアミュージアムにあります。

その名も。「Reservoir」。木の枝にかけられたネットには5000個もの小袋が取り付けられ、雨が降ると小袋に雨水が溜まるようになっています。重ければ思いほど垂れ下がる仕組み。

これ、「森のシャンデリア」とも呼ばれているのですが……うん、わからなくもない。

春のはじめに降る雨って、「うれしい」ものなんです。
イタリアのローマで生まれ育ったAlessio Trerotoliの雨の日の写真。彼にとって、滅多に雨が降らないローマでの雨は、特別な日だったそう。憂鬱な気...
モスクワ出身のアーティストevgeny chesさんは、街にあふれるストリートアートを森の中に持ち込みました。しかしそれは、森を汚してしまう「落書き」では...
オランダで9月16日まで開催されているアートイベント「Into Nature」。そこには、ただ見るだけではなく泊まって楽しめるインスタレーション「Esca...
フォトグラファーのAgus Nonot Supriyantoさんは、水たまりに映る世界をモノクロで撮影しています。そこに広がるのは、晴れの日には決して見る...
持っているから「思い出」なのか? 失ってしまうから「思い出」なのか?
オランダの森の中に突如現れた、泡のような不思議な建物。おとぎ話の世界にでも迷い込んだかのようなこの場所、いったい何なのでしょうか。ここ「LOUD SHAD...
JR埼京線・武蔵野線「武蔵浦和駅」から1分ほど歩くと「イタリア」が見えてきます。イタリア風の建物がある、といった子供だましではありません。ヨーロッパ野菜を...
フィリピンの「Malasimbo Music & Arts Festival」は、音楽にプラスしてアートにも重点を置いたフェス。会場は毎年、光や色を巧みに...
約1,000個のプルタブで作ったシャンデリア。明るい場所で見るとプルタブが目立って華やかさに欠けますが、暗闇だと案外シャンデリアっぽい雰囲気を醸し出してい...
高さ20メートルもあるこの“木”、コットンを手で編んでつくられたもの。ブラジル出身のアーティストErnesto Neto氏によるインスタレーションです。初...
ブラジル・サンパウロにあるミュージアム、その名も「Museum of Me」。ここは、Meが示すとおり「自分」にまつわるミュージアムです。“展示物”もその...
伊勢の源流にたたずむ三重県・大台町。野鳥やシカが住む里山、カジカガエルの鳴き声が響く川、ほかでは見られない風景がここにはあります。 しかし今、近代化の流れ...
ポーランドの西ポモージェ県にある「Krzywy Las(英語名:Crooked Forest)」。直訳すると「歪んだ森」。その名のとおり、そこに生える木々...
このシャンデリア、海藻を模したモジュールの中に微細藻類が入っていて、生物が光合成をし、室内の二酸化炭素を吸収してくれます。イギリスの国立博物館の永久収蔵品...
鮮やかな色の光が、木々のあいだを駆け巡る。森の中に大量のLEDを置いて…?と一瞬思ってしまいますが、これはすべて拡張現実(AR)での世界。森の映像にグラフ...
沖縄旅行をすると決めたとき、きっと頭の中に思い浮かぶのは、エメラルドグリーンの海と、青い空…。でも実は、沖縄って雨が多いんですよね。梅雨の時期や台風もある...
「森林伐採」をひとまとめにネガティブなこととして考えるのはナンセンスかもしれない。
イタリア関連のドキュメンタリーなんかを見ていると、未だあの国のイメージは「食べ物」や「歴史的な建築物」なのだろうと思う。が、壮大な自然も見逃せない。And...
コペンハーゲンを拠点とする建築事務所・EFFEKTが、高さ600mにもなる遊歩道のコンセプトデザインを発表しました。樹木で作られた螺旋階段を登れば、雄大な...