大自然の中にある「巨大トランポリン」は、人と森が恋をするためのアイデア。

大人になってから、森林公園に行く機会ってほとんどない。もし、行ったとしても癒しを求めて散歩をしたり、健康を維持するためにランニングしたり、子どもの頃みたいに無邪気に遊ぶようなことはしないと思う。

でも、今までにない斬新なデザインの「トランポリン」がある公園だったらどうだろう。太陽に照らされた木の葉の輝きを間近で見れるほどの高い場所に設置され、下が透けているのでスリルも味わえる。もし、そんなところで飛び跳ねることができたら、誰もがはしゃいでしまうはず。

木漏れ日の中を
思いっきりジャーンプ!

9c04635323c186835d0a4fd955918c54ad4983e1

このトランポリンは、「Architizer A+Awards」というコンテストに出品された環境デザインの一部。イスタンブールから6マイル(約9.7キロ)北に離れたところに想定した「Parkorman」という架空の公園の遊具としてイメージされたもの。

緑地がほとんどないイスタンブールに住む人々が、自然と触れ合い恋に落ちる場所というコンセプトで建築会社の「Studio Dror」が発表しました。

公園は5つのメインゾーンで構成されているよう。

訪れた人々の交流の場「The Plaza」、森の中をハンモックでくつろげる「The Loop」、トルコのスパイスに見立てられた大きなボールピットで遊べる「The Pool」、木々の周りにある空中回廊がトランポリンへ導いてくれる「The Chords」、様々なアート作品と出会える「The Grove」。

ただ自然の中を歩くのではなく、冒険をしているようにワクワクさせるたくさんの要素が考えられています。

15efe947e9758b288547697dc119e4ae1fc9550dB77cf89b1c990274b81816adf89013685cd6918dB6fc6ef001e5f15f2f9c9101ced341ead6b74957957f71784e0b9b123b7159a943975a12f84d1db078ab0dc9af9aea902087839cd3b2a15c7769b1b822cccb7433837c03bf6dd3e0cf69994107114808A3b42bd1bac6ae319688a5c8bbcf80682d59261366bc6c39284a2a060110ef8b5c25b652e67dd599

あくまでもコンセプトデザイン。だけど、木々の中を思いっきり飛び跳ねることができたら最高の気分になるはず。このアイデアは、ぜひ実現してほしいですね。

Licensed material used with permission by Dror
2016年3月10日(木)に銀座にオープンした「JUMP ONE GINZA.1」は、ヨーロッパ発、トランポリンを使用したジャンピングフィットネス専門スタ...
家の真ん中にシンボルツリーを植樹したデザインハウスを目にしたことがある人でも、このツリーハウスのインパクトは絶大のはず。なぜなら、こちらは自然の木々が生い...
街中に忽然と現れる、巨大な白い布。よく見ると、すべてハンモックになっています。これは、ドバイのとあるエリアで見られる光景。この街が抱える問題を解決するため...
ケース内に収納された真空ガラス管に食材を入れて太陽の熱を集め、火が通るのを待つだけ。アウトドアファンが待ち望んだ自然派クッカー「GoSun」に新シリーズ登場。
お土産としてもおなじみ「油みそ」は、ウチナーンチュの常備菜として愛される家庭の味。これを自宅でかんたんに再現したレシピをどうぞ。
コペンハーゲンを拠点とする建築事務所・EFFEKTが、高さ600mにもなる遊歩道のコンセプトデザインを発表しました。樹木で作られた螺旋階段を登れば、雄大な...
「ValoJump」は、トランポリンの要素とARを融合させたゲーム。遊び方は簡単で、ジャンプをするだけのようです。
富山県船橋村は、3.47平方キロメートルと面積が日本で一番小さな自治体。今は何もない広場を、「日本一楽しい」と自慢できる公園に作り変えたい。そして、遊びに...
庭用のなかでも、巨大なビニールプールがあるというのは知っていました。けれど、本格的に船で引っ張り水場に設置して、そこに小さなウォーターパークを作ってしまお...
モスクワ出身のアーティストevgeny chesさんは、街にあふれるストリートアートを森の中に持ち込みました。しかしそれは、森を汚してしまう「落書き」では...
オーストリアのフォトグラファーStefanと自転車のポートレイト。もうそれ以外よくわからないっ(笑)
オランダの森の中に突如現れた、泡のような不思議な建物。おとぎ話の世界にでも迷い込んだかのようなこの場所、いったい何なのでしょうか。ここ「LOUD SHAD...
メキシコ湾の海底に、氷河期時代に沈んだ森が存在することがわかりました。地元の漁師に「なぜか魚が大量に捕れるスポットがある」という情報を聴いたダイバーが海底...
森の中に入って目をつむると、つぼみが開いていくように、感覚が研ぎ澄まされていくのが分かります。頬を撫でる風、緑のにおい、鳥の声。自然のものに触れると、ほっ...
一風変わったグランピングが楽しめるこの施設は、2017年3月に幕を閉じた少年自然の家(静岡県・沼津)をリノベーションし、10月にオープンしたばかり。大人の...
鮮やかな色の光が、木々のあいだを駆け巡る。森の中に大量のLEDを置いて…?と一瞬思ってしまいますが、これはすべて拡張現実(AR)での世界。森の映像にグラフ...
まるでiPhoneがそのまま車になったかのようなデザイン。Appleでは、密かに自律運転車両の開発が行われている…。と、多くのメディアが報じていましたが、...
煙突のようなこの「かぶりもの」いったいナンダ?
北イタリア、ベネト州に暮らすブルーノ・フェリーニさん。彼は発明家であり、自ら「エコパーク」と名付けた、森の中の遊び場をたったひとりで創りあげた人物です。森...
デザインスタジオ「town.and.concrete」が発案した木を伐採せずに建てられるシリンダー型ハウス。フランスのリヨン近くにある森に建てること考えた...
フレンチ、中華、そしてトルコ、これが俗に言うところの世界三大料理です。その中でトルコ料理だけ、日本人の印象が薄いのはなぜでしょう。ドネルケバブのイメージは...
所狭しと高層ビルが立ち並ぶ摩天楼「NY」。そんな街で暮らすニューヨーカーたちの憩いの場「セントラルパーク」に、仰天のコンセプトデザインが提案されました。「...
照明にとって最も重要なのは光る部分かも。そこがデザインされてないのはもったいない。D-DIGN Lightシリーズは、そんなコンセプトから誕生しました。
コペンハーゲンには2人のアーティストによって作られた「浮いている公園」があります。都市開発と温暖化の2つの問題にアプローチしつつ、イマドキの遊び場として音...