「垂直にそびえ立つ森林」が2018年、南京にも!?

夏に非常に暑くなることから、「中国三大ボイラー」とも言われる都市のひとつ、南京。

この南京の暑さを有効活用して造られた、2018年に完成するビルは、まるで森のよう。

都会にそびえ立つ
森のマンション

イタリア人建築士のStefano Boeri氏は、ミラノやスイスに続き、南京にもこの「Vertical Forest(垂直にそびえ立つ森林)」を設計しました。高いほうは約200m、低いほうは約100mの高層ビルで、1,100本の木と2,500本の低木が植えられるそうです。

ビル街に鬱蒼と緑が茂る様子は、まさに都会の森といったところでしょうか。

花や紅葉で
季節に合わせて色を変える建築

夏は緑に覆われていますが、季節が移ろうにつれて木々の色も変わっていきます。色を塗り直したり、はたまたフルカラーLEDを光らせたりすることなく、自然の力で色を変えていくのです。

気になる建物の中身ですが、大きいほうには美術館やオフィス、学校などが入る予定。対して小さいほうにはハイアットホテルに加え、たくさんのショップやレストランが入るそう。

1日60kgの酸素を放出

植物は二酸化炭素を吸って酸素を放出しますが、この建物全体から生み出される酸素の量は、1日に約60kgほど。ビルといえば人工的な空間の代名詞のようなものですが、ここなら森林浴もできそうです。天空の城ラピュタを想像した人も多いかもしれませんね。完成は2018年を予定しているそうです。

Licensed material used with permission by Stefano Boeri Architetti
スリランカ大統領府は6日、森林保護のためチェーンソーの輸入禁止、そして、5年以内にスリランカ国内の製材所を閉鎖する方針を発表しました。
宮崎の日南市にある「猪八重渓谷(いのはえけいこく)」は、森林セラピーの基地としても有名。森林セラピーは、森の中を歩いたり、レクリエーションしたり、ヨガや呼...
中国・南京長江大橋で、一人の女性が橋の上から自殺を試みようとしていた。が、たまたまその場を通りがかったバスの運転手はとっさの判断で緊急停止し救助に向かった...
コペンハーゲンを拠点とする建築事務所・EFFEKTが、高さ600mにもなる遊歩道のコンセプトデザインを発表しました。樹木で作られた螺旋階段を登れば、雄大な...
「森林伐採」をひとまとめにネガティブなこととして考えるのはナンセンスかもしれない。
カナダが使い捨てプラスチックの禁止を発表。早ければ2021年にも実施予定です。まずは、レジ袋やストローなどの禁止から検討。今後、具体案を広げていきます。
2018年になってから、今まで以上に注目されるようになったゴミ問題。インドのスタートアップ「KARMA Tips」は、2016年からユニークな方法で環境改...
日本古来からめでたいもの・縁起のいいものとされている、1年で1番最初の日の出。2018年の初日の出は何時に見れるのだろう?『国立天文台』の情報をもとにご紹介。
2017年から建設がスタートしている上海の「垂直農場」。今も経済がどんどん成長している反面、農地がガクンと減ってしまったのを受けて、縦に長い農場が建てられ...
2018年6月23日(土)から、アップリンク渋谷、新宿シネマカリテほか全国順次ロードショー。
コスタリカという国名を聞いて、みなさんは何を思い浮かべますか。日本の7分の1の国土しかない中米のこの国は、2015年に自然エネルギーを利用して世界初の偉業...
伊勢の源流にたたずむ三重県・大台町。野鳥やシカが住む里山、カジカガエルの鳴き声が響く川、ほかでは見られない風景がここにはあります。 しかし今、近代化の流れ...
「その年の色」が、あるんです。JAFCAが選定した2018年の色は、時代を象徴する3つの理由から選ばれた「ビジョナリーミント」。
中国は2020年までに“人工月”を打ち上げる計画をしているそう。
インターネットが登場して、ジャーナリズムは劇的に変化しました。テレビの時代は情報を受け取るだけだったのが、オンラインのニュース記事にコメントをつけて双方向...
2019年12月、中国東部の江蘇省にオープン予定のシアター「Wuxi Taihu Show Theatre」。同国最大級の竹林をモチーフにしたもの。200...
結論から言うと、「ECOSIA」というドイツ発の検索エンジンを利用すれば、運営会社がアフリカや南米、東南アジアなどの森林伐採や砂漠化が進む地域に植樹をして...
ある日Instagramを見ていたら、カラフルなニューススタンドの写真が目に止まった。なんだか不思議な魅力を感じたのだけれど、一体どうしてニューススタンド...
大人になってから、森林公園に行く機会ってほとんどない。もし、行ったとしても癒しを求めて散歩をしたり、健康を維持するためにランニングしたり、子どもの頃みたい...
気軽に行ける旅行先として人気の台湾。はじめてなら台北や台南がベター?と思いきや、じわじわと台中ブームが来ているみたい。都会の雰囲気もありながら古き良き台湾...