「ノドサウルス発見」のニュースがどれほど衝撃的なのか、について。

皮膚やコブをまとったままの恐竜(ノドサウルス)が発見されたというニュースに、目を疑ったのは私だけではないはず。でも興味がなければ、スクロールに消えてしまったトピックかもしれない。情報公開から2週間近くが経ったけれど、もっと注目されるべきだ…!と思ってしまった私は、あらためて何が奇跡的なのか、「The June issue of National Geographic magazine」をもとに、簡単に紹介していきたい。

これは歴史に残っていくに違いない、人類の快挙とも言える発見なのだ。

「そんな恐竜知らない」と言われ続けた
ノドサウルスに、130年ぶりの転機。

B4aae39f1dd8e9599f87af9cf0491b9571af28e3

まさにこのニュースの主人公になったのは、ノドサウルス。ティラノサウルスやプテラノドンと同じ白亜紀に生きていた、全長4〜6mの草食恐竜だ。2011年にカナダで発見され、6年の月日をかけて、岩石の中から化石を発掘し、合計約7,000時間の調査を行った末に、ロイヤル・ティレル古生物学博物館でようやく公開が決まった。

恐竜界にとっての人気者といえば、全長が10m以上あって、二足歩行をする肉食。映像にすれば絵になるし、どこからどう見ても格好良いのだから、仕方がないのだけど。

一方、ノドサウルスは、ほとんど同時期に命名されたトリケラトプスに注目を全て持って行かれ、今月までは検索してもロクに情報を得られなかった、脇役リストにも載りそこねるような存在。芸能界の大物カップルと婚約発表が丸かぶりしてしまったような彼らに、ようやく人気者になるチャンスが回ってきたのだ。

【人類史上初の快挙】
皮膚も装甲板も残ったままの発見

65d59349d3e1b02f513c0d58aaada51d397848f3

皮膚の一部が見つかることや、化石や羽から恐竜の色を特定される研究はこれまでにもあったけれど、今回はほとんど全長。今までとは比べものにならないくらいで、専門家のJakob Vintherによれば、まるで数週間前まで生きていた、と言われても不思議じゃないくらいの保存状態なのだとか。

死亡してからすぐに海底に埋葬され、柔らかい細胞が腐敗する前に、海中のミネラルと入れ替わったことがこの状態に繋がった」と、古生物学者Caleb Brown。海竜ですらこんな姿で発見されていないのだから、本当にまれなのだ。

CTスキャンで内部の研究を試みたものの、体内の石の存在によって綺麗に撮影できず、詳しいことはまだわからないまま。けれど落胆することはない。今すぐにわからなくても、このノドサウルスは必ず、未だ解明されていなかった恐竜の謎を紐解くきっかけとなるだろうから。

Licensed material used with permission by National Geographic
EurekAlert!によれば、ノドサウルスもカウンターシェーディングを持っていたことが明らかになった。それはつまり、捕食する側である肉食恐竜の危険にさら...
これまで「恐竜のタマゴは白い」と言われ続け、多くの研究者も疑うことなくそう思っていたはずなのに、オンライン学術誌「PeerJ」で、まさかの青緑のタマゴが公...
この記事をみているあなたは、世界一可愛いタコ(!)の目撃者になるかもしれません。ふわふわと泳ぐその姿は、まるでおとぎ話の中から飛び出してきたよう。こちらは...
「FoodSwitch」は、自分が手にとったお菓子のバーコードをスキャンすれば、それよりもヘルシーな製品を教えてくれるアプリ。
アイスランドで有数のトレイルコースに建つ山小屋です。先に言ってしまいますが、オシャレー!
まだ見ぬ未知の生物がうじゃうじゃいる深海で、一輪の花を咲かす奇妙な生き物「ビーナスフライトラップアネモネ」がアメリカ領サモアで発見された。“Flytrap...
『National Geographic(ナショナルジオグラフィック)』は、アメリカに本部を置く非営利団体「ナショナルジオグラフィック協会」の公式雑誌とし...
「はじめに、君たちに言っておきたいことがある。『ギリシャといえば、青い海、白亜の神殿!』なんてイメージは幻想だ。古代ギリシャ人は海をワイン色と表現する。そ...
HIV感染から女性を守る。これまでの医療技術とは全く異なる観点から、感染予防を可能にする新たな技術が「Popular Science」で紹介されている。H...
YouTubeが2017年上半期に日本国内で注目を集めた音楽動画トップ50を発表。これは2016年12月1日以降にYouTubeで公開されたMV(ミュージ...
インド北部ラージャスターンの伝統料理だそうです。さすがはインド、奥が深い。
歴史が覆るかもしれない「古代地図」の存在とは!?ここでは「Collective-Evolution」に紹介された記事を紹介します。記事内で取り上げられてい...
オーストリアにあるPANEUMは、何千年も前から続くと言われているパンの歴史を感じることのできる骨董品を展示する博物館。中に入ると、パンにまつわる珍しいコ...
なんとも不思議な見た目の透明な器ですが、実はこれ「ガン発見器」なんです。2013年のDutch Design Weekにも出展されていたもので、中に息を吹...
喘息(ぜんそく)が完治できるかもしれない。「サウサンプトン大学」の最新の研究調査で喘息の根本的な原因とみられる遺伝子が発見されたからだ。これまでの吸入ステ...
イランのLavasanには、宗教的な意味を持つ彫刻や、一見すると意味のわからないオブジェが並ぶ博物館が。
ヘビーユーザーとしては、ありがたい限りです。
バイオメトリック認証は、MLBの試合が行われる一部の球場でも採用されるようです。
Demon Zhangさんによる「UNKNOWN×UNKNOWN」は、想像上の生物をPhotoshopなどで描く3Dアート。驚きの発想力と精密な描写がIn...
「プラスチックが海の生物にとってどれだけ有害か。そして、ストローがプラスチックを使った製品の中でもどれだけ無駄なものか」テキサスA&M大学で海洋生物学を学...
「昔は良かった…」「それに比べて今は…」「世の中悪くなる一方だ…」とは現代の私たちもよくボヤきますが、2800年前の古代ギリシャ人もまったく同じことを言っ...
アイスバケツチャレンジを覚えているだろうか。ALS(筋萎縮性側索硬化症)の研究支援と、この難病を広く世の中の人に知ってもらう目的で、2014年アメリカから...
2016年のナショナルジオグラフィック・トラベルフォトグラファー・オブ・ザ・イヤーに選ばれた写真がコレ。ここではそれぞれの部門で選ばれた計12枚の作品を紹...
「Butterfly iQ」は、iPhoneを超音波検査機に変えてくれるデバイス。だから、自宅でもガンなどの検査を行うことができるようになるそうです。