「ノドサウルス発見」のニュースがどれほど衝撃的なのか、について。

皮膚やコブをまとったままの恐竜(ノドサウルス)が発見されたというニュースに、目を疑ったのは私だけではないはず。でも興味がなければ、スクロールに消えてしまったトピックかもしれない。情報公開から2週間近くが経ったけれど、もっと注目されるべきだ…!と思ってしまった私は、あらためて何が奇跡的なのか、「The June issue of National Geographic magazine」をもとに、簡単に紹介していきたい。

これは歴史に残っていくに違いない、人類の快挙とも言える発見なのだ。

「そんな恐竜知らない」と言われ続けた
ノドサウルスに、130年ぶりの転機。

「ノドサウルス発見」

まさにこのニュースの主人公になったのは、ノドサウルス。ティラノサウルスやプテラノドンと同じ白亜紀に生きていた、全長4〜6mの草食恐竜だ。2011年にカナダで発見され、6年の月日をかけて、岩石の中から化石を発掘し、合計約7,000時間の調査を行った末に、ロイヤル・ティレル古生物学博物館でようやく公開が決まった。

恐竜界にとっての人気者といえば、全長が10m以上あって、二足歩行をする肉食。映像にすれば絵になるし、どこからどう見ても格好良いのだから、仕方がないのだけど。

一方、ノドサウルスは、ほとんど同時期に命名されたトリケラトプスに注目を全て持って行かれ、今月までは検索してもロクに情報を得られなかった、脇役リストにも載りそこねるような存在。芸能界の大物カップルと婚約発表が丸かぶりしてしまったような彼らに、ようやく人気者になるチャンスが回ってきたのだ。

【人類史上初の快挙】
皮膚も装甲板も残ったままの発見

「ノドサウルス発見」

皮膚の一部が見つかることや、化石や羽から恐竜の色を特定される研究はこれまでにもあったけれど、今回はほとんど全長。今までとは比べものにならないくらいで、専門家のJakob Vintherによれば、まるで数週間前まで生きていた、と言われても不思議じゃないくらいの保存状態なのだとか。

死亡してからすぐに海底に埋葬され、柔らかい細胞が腐敗する前に、海中のミネラルと入れ替わったことがこの状態に繋がった」と、古生物学者Caleb Brown。海竜ですらこんな姿で発見されていないのだから、本当にまれなのだ。

CTスキャンで内部の研究を試みたものの、体内の石の存在によって綺麗に撮影できず、詳しいことはまだわからないまま。けれど落胆することはない。今すぐにわからなくても、このノドサウルスは必ず、未だ解明されていなかった恐竜の謎を紐解くきっかけとなるだろうから。

Licensed material used with permission by National Geographic
EurekAlert!によれば、ノドサウルスもカウンターシェーディングを持っていたことが明らかになった。それはつまり、捕食する側である肉食恐竜の危険にさら...
これまで「恐竜のタマゴは白い」と言われ続け、多くの研究者も疑うことなくそう思っていたはずなのに、オンライン学術誌「PeerJ」で、まさかの青緑のタマゴが公...
エジプトの古代都市メンフィスの市長だった人物の墓で見つかったのは、なんと約3,300年前のチーズ!世界最古のチーズとみられています。
先月「National Geographic(ナショナルジオグラフィック)」とコラボしたバービー人形「フォトジャーナリスト版」が発売された。大人も集めたく...
「コムサコミューン」が、国内で廃棄される、落ち綿や端切れを集めて作ったリサイクル素材を用いたチェスターコートを展開中。
恐竜好きの私にとって、2006年8月7日に兵庫県丹波市で発見された「丹波竜」は衝撃的でした。だって、大好きなカマラサウルスとすごく似てるから! この丹波竜...
気候変動に伴う異常気象の影響で、古代遺跡や古代碑、歴史的建造物が新たに発見され、注目を集めている。考古学者のなかには、過去の経験から学ぶことで、気候変動へ...
天の川から16万光年離れた矮小(わいしょう)銀河のなかで1987年2月に出現した超新星(SN 1987A)で、中性子星が作られた可能性があるという。
この記事をみているあなたは、世界一可愛いタコ(!)の目撃者になるかもしれません。ふわふわと泳ぐその姿は、まるでおとぎ話の中から飛び出してきたよう。こちらは...
9月2日、「ハワイ地球物理学・惑星科学研究所」が月の高緯度帯で赤鉄鉱を発見したと発表。
「国際障害者デー」にちなんだオンライン映画イベント「True Colors Film Festival」が、12月3日(木)〜13日(日)に開催。“One...
まだ見ぬ未知の生物がうじゃうじゃいる深海で、一輪の花を咲かす奇妙な生き物「ビーナスフライトラップアネモネ」がアメリカ領サモアで発見された。“Flytrap...
AIに過去のデータを解析させたところ、新たに72の信号を発見。地球外生命体からのメッセージの可能性もあります。
先月28日、「海洋研究開発機構(JAMSTEC)」が深い海底地層から採取した約1億年前の微生物が復活したとの論文を、英科学誌『ネイチャー・コミュニケーショ...
8月初旬、Xboxを開発したゲームデザイナーでもある物理学者Seamus Blackley氏がツイートしたパン作りの様子が話題に。そのパンに使われている酵...
『National Geographic(ナショナルジオグラフィック)』は、アメリカに本部を置く非営利団体「ナショナルジオグラフィック協会」の公式雑誌とし...
環境を守るために人を雇用していこうという考え方を意味する言葉「グリーンジョブ」。新型コロナウイルスの流行をきっかけに今、注目を集めています。海外の取り組み...
オフィスでカップ麺を食べる時、デスク周りの小物やPCなどに汁がハネるのを防いでくれる画期的なアイテム「麺ウォール」。通常はB5ノートほどの大きさ、閉じてい...
ボードゲームに関するユニークなレポートがノルウェー「ベルゲン大学」から発表。ノルウェー西部に位置する墓地から、西暦300年ごろに遊ばれていたと推測されるボ...
カナダのニューファンドランド島にあるマウント・パール。何もないというこの町をラップにのせてディスりまくるPR動画が面白いと話題だ。
オーストラリアから驚きのニュースが届きました。茂みの中を散歩していた親子が手のひらサイズの「金の塊」を発見したというもの。しかもその価値、日本円で約265...
「はじめに、君たちに言っておきたいことがある。『ギリシャといえば、青い海、白亜の神殿!』なんてイメージは幻想だ。古代ギリシャ人は海をワイン色と表現する。そ...
YouTubeで受けられる「無料オンラインヨガ」3つを紹介。NIKE、のがちゃんねる、ブスの美ボディメイクのYouTubeアカウントから配信されている無料...
古代マヤ文明を調査している考古学者らがレーザーを用いた遠隔探査技術を利用し、紀元前1000年ごろに建てらたとされるマヤ文明最古にして最大の遺跡を発見。6月...