「肉食恐竜」についての新発見は、興味がなくてもワクワクするはず。

ついに、あの「ノドサウルス」から新たな研究結果が発表された!

Royal Tyrrel Museumに展示されてから3ヶ月。史上初の皮膚も装甲も残ったままの化石は、何を明らかにしてくれたのだろうか?存在が世に知れ渡ってからまだ間もないのに、本当にノドサウルスは恐竜好きをワクワクさせてくれる。

背景と同化して
隠れることができた

敵から身を守って生き延びるための手段として、背景と同化する「カウンターシェーディング(光が当たる背中の部分が暗く、影となる部分が明るくなる現象)」と呼ばれる保護色を持った恐竜がいたことは、昨年のプシッタコサウルスの化石によって明らかになっている。

EurekAlert!」によれば、ノドサウルスも同様の皮膚色を持っていたことが判明。つまり、肉食恐竜の危険にさらされていて、身を隠す必要があったということ。

でも、プシッタコサウルスは全長1〜2mで、本当に恐竜としては小さいサイズ。だから危険なのはわかるにしても、ノドサウルスは頭から腰までで約5.5m。中型〜大型とされていて、身体中をこの尖った装甲板で覆われている。まるで戦車のようだとも言われているのだ。

トゲも鎧も、
かまわず食べつくすという証明

20eefebb06af87f2ab5060f74f323b09fed084ae

つまり、これほど攻撃的な鎧を身につけていたとしても、白亜紀を生きてきたティラノサウルスなどの肉食恐竜は、バリバリと骨まで食べつくす顎の力があった可能性が高い。

トリケラトプスと戦っているところは、よく図鑑や映像で見ると思う。でも、彼らは大きなツノは持っていても、トゲの装甲を持っているわけではなく、皮膚はウロコ。ノドサウルスよりも噛み切りやすいにきまっている。

肉食恐竜が、凶暴でパワフルだったことはみんなイメージがあるだろうけれど、それが具体的にどの程度なのかは、こういった事実があってはじめて明らかになっていくのだ。

誰もが知っているティラノサウルスの皮膚の色だって、「全体的に黒ずんだ色合い」と2014年に予想されているものの、正確にはわかっていない。ってことは、ジュラシックパークの彼らの色は人間の想像。これからは<真実の姿>が、もっと明らかになっていくはず!

研究チームはいま、ノドサウルスが最後に何を食べたのか、消化管内容物を調べるなど、生態に関する手がかりを見つけようとしているそう。次の研究結果が今から待ち遠しい。

皮膚やコブをまとったままの恐竜(ノドサウルス)が発見されたというニュースに、目を疑ったのは私だけではないはず。でも興味がなければ、スクロールに消えてしまっ...
これまで「恐竜のタマゴは白い」と言われ続け、多くの研究者も疑うことなくそう思っていたはずなのに、オンライン学術誌「PeerJ」で、まさかの青緑のタマゴが公...
この記事をみているあなたは、世界一可愛いタコ(!)の目撃者になるかもしれません。ふわふわと泳ぐその姿は、まるでおとぎ話の中から飛び出してきたよう。こちらは...
オーストリアのグラーツ大学の研究チームによれば、多少のアルコール摂取が創造性が上がると判明。ただし、過剰摂取だと創造性が上がらないという結果も出たうえで、...
HIV感染から女性を守る。これまでの医療技術とは全く異なる観点から、感染予防を可能にする新たな技術が「Popular Science」で紹介されている。H...
初めて幼稚園へ行く朝、緊張してスクールバスに乗りたがらない娘のMollyちゃんのために、恐竜の着包みをかぶって喜ばせたお母さん。その姿には地元のメディアま...
「アリ」と言えば、働き者の代表格のようなイメージ。自分よりずっと大きな虫やエサを運ぶ、小さな体のすごいヤツ。そんな、童話でも働き者として表現されるアリです...
イギリスの大学が長く寝た方がウエストのサイズが細くなるという研究結果を発表しました。これまでも睡眠の重要性は語られてきたことですが、さらに注目したいところです。
まだ見ぬ未知の生物がうじゃうじゃいる深海で、一輪の花を咲かす奇妙な生き物「ビーナスフライトラップアネモネ」がアメリカ領サモアで発見された。“Flytrap...
喘息(ぜんそく)が完治できるかもしれない。「サウサンプトン大学」の最新の研究調査で喘息の根本的な原因とみられる遺伝子が発見されたからだ。これまでの吸入ステ...
犬を飼っている人は長生きをするという結果が、スウェーデンの研究によって明らかになりました。愛犬家であり、ライターでもあるCaralynn Lippoさんが...
肉食と“菜食”の男性は、どちらが女性に好まれるのか?いくつか研究を見ていると、菜食優勢なのではないかと思える結果が発表されています。モテるという言葉はちょ...
目標を達成しようとするときに、内容を周囲に公表する人もいれば、自身の心の中だけにとどめておく人もいます。これは性格やスタンスの違いですが、ある研究によると...
2015年9月18日。日本人医師、木俣肇氏がイグノーベル賞を受賞した。この賞は「笑える」「考えさせられる」研究が対象に選ばれるノーベル賞のパロディ版。一部...
「はじめに、君たちに言っておきたいことがある。『ギリシャといえば、青い海、白亜の神殿!』なんてイメージは幻想だ。古代ギリシャ人は海をワイン色と表現する。そ...
挽く前に、よく豆を冷やすと、より深いアロマが楽しめるーー。という研究結果が「ネイチャー」に掲載されました。イギリスのバース大学と、地元のコーヒーショップ「...
思春期の頃に狭く深い友だち付き合いをしていた人は、大人になってから、自尊心が高く、鬱のレベルが低かったそう。この結果には「社交スキル」が影響しているようです。
野外フェスが本格的にシーズンインするこれからの季節。ライブ好きのみなさんを「科学のチカラ」が後押ししてくれそうです。Science alertの記事による...
誰にだって心のよりどころとしている音楽や映画がひとつはあるはず。そんな“オール・タイム・フェイバリット”を探る週替り連載企画。今週は話題のバンド、「ねこね...
加齢と慢性疾患の関連性などを研究しているBuck Institute for Research on Agingがワシントン大学との共同研究でとんでもない...