世界初!「ナス」に「睡眠改善効果」を確認【研究結果】

食品ベンチャー企業「株式会社ウェルナス」が、世界で初めて、「ナス」の睡眠改善効果(睡眠時間延長および睡眠導入改善)を臨床試験で確認した。

これは、関与成分である「ナス由来コリンエステル」が、自律神経調に働きかけた結果生まれたリラックス効果によるもので、それによって睡眠時間の延長と速やかな睡眠導入が実現したと考えられるそうだ。

ちなみにナスの食品機能性としては「血圧改善」、「気分改善」に次いで3例目となる。

ナスは、国内外問わず1,000年以上も食されてきた身近な野菜だ。にも関わらず、近年では需要が低迷し、加工用途の少なさから、廃棄になることも多かったという。

一方厚生労働省試算では、国内の不眠人口は2,064万人にのぼり、その経済的損失は年間2.5兆円を超えると報告されている(厚生労働省、平成28年国民生活基礎調査の概況より)。こうした不眠人口の増加に伴って、睡眠をサポートする機能を持つ健康食品市場も拡大中だ。

今後ウェルナスでも、睡眠改善作用を持つナスの加工食品開発を行うとともに、機能性野菜としての需要喚起と、廃棄ナス低減に向けた取り組みを進めていくという。

現に今、安眠効果を求めてさまざまな食品やアイテムを試している人も少なくないはずだ。まさかナスがその答えになる日が来るとは……。野菜の可能性は無限大である。

Top image: © iStock.com/Pierell, iStock.com/rimglow
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

CMや雑誌、ネットの特集などでも扱われることの多い腸内細菌。なんと、その細菌が「睡眠」にまで影響を与えていることが、米「ミズーリ大学」の医学部研究チームの...
本記事では、睡眠不足が招く健康リスクを専門家にインタビューをし、わかりやすくまとめています。放っておく危険性のほか、睡眠不足の原因や効果的な改善方法につい...
本記事では眠りの専門家が選ぶオススメの睡眠アプリを紹介しています。現在、さまざまな睡眠に関するアプリがリリースされており、いざダウンロードしようにも種類が...
本記事では推奨されている最適な睡眠時間を専門家インタビューを通して紹介しています。最適な睡眠時間を確保できない場合のリスクや自分にとってのベストな時間を探...
本格スパイスブランド「GABAN」とアウトドア料理のパイオニア・田中ケン氏の共同開発で生まれた、アウトドア特化型のミックススパイス。
重さのある布団をかぶって寝ることで、不眠症やうつ病をはじめとする精神疾患の症状を改善するとの研究結果が報告された。
目覚めるタイミングはレム睡眠中が良いとされていますが、それはなぜなのでしょうか?本記事ではそんな疑問を解決できるよう、レム睡眠とノンレム睡眠の仕組みについ...

人気の記事

2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
トヨタ自動車のラグジュアリーブランド「LEXUS」が北米市場向けたゲーマー向け車両「Gamers' IS」を発表した。ゲーム配信プラットフォーム「Twit...
ニューヨークの犬用洋服ブランド「between two naps(2回のお昼寝のあいだ)」の新作は「首元を保温してくれて、いつでもお昼寝できるように」との...
結婚式などのドレススタイルで欠かすことのできないポケットチーフですが、正しい折り方を知らないという人も意外に多いのでは?「Presidential Fol...