ビールの「苦み成分」に認知機能とストレス状態の改善効果【研究結果】

ビールの醍醐味ともいえる、独特の苦み

あの風味の正体である「熟成ホップ由来苦味酸」が、注意力とストレス状態の改善効果をもつことが、「キリン中央研究所」「順天堂大学」の共同研究で明らかとなった。

熟成ホップ由来苦味酸(以下、苦味酸)とは、ホップ本来の苦みを抑えて、多様な食品に展開できるように「キリンホールディングス株式会社」が独自開発した「熟成ホップエキス」に含まれる成分を指している。

© キリンホールディングス株式会社

実験の参加者は、45歳〜69歳の“物忘れ”の自覚症状(SCD; Subjective Cognitive Decline)を持つ100名。

手法として、苦味酸を含むサプリメントを摂取する“熟成ホップ群”と、偽薬を摂取する“プラセボ群”にランダムに割り当て、12週間摂取してもらう「二重盲検化試験」が用いられた。

その結果、“プラセボ群”と比較して、“熟成ホップ群”では選択的注意力と記憶力の上昇がみられ、また、唾液中に分泌されたストレス指標の「βエンドルフィン」濃度と不安感スコアは低下したという。

つまり、苦味酸を継続摂取することで、中高齢者の注意機能、ストレス状態や気分状態を改善することが明らかになったというわけだ。

同研究所は、この成果をもとに、熟成ホップエキスを今後さらに活用して、日常生活における認知症予防に貢献していきたいと明かしている。

仕事をやり切ったときはもちろん、物忘れが気になったり、気分が落ち込んだときにも、ビールで自分に乾杯してみるのはいかが?

Top image: © iStock.com/Instants
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

オーストリアのグラーツ大学の研究チームによれば、多少のアルコール摂取が創造性が上がると判明。ただし、過剰摂取だと創造性が上がらないという結果も出たうえで、...
世間のムードはまだまだ重たい。そこで、少しでもポジティブになってもらいたいと思い、「幸福度」に関する研究結果をいくつか紹介。
せわしない現代社会では、不安やストレスを抱えながら生活している人も少なくないだろう。そんな不安やストレスを軽減するためには、かわいい動物の写真や動画を見る...
現生ペンギンの共通祖先は、いつどのようにして地球上に現れたのか──? これまで多くの研究者たちが調査を続けてきたその謎が、ついに解明された。
“今がツラい”みなさまを自由にするための12星座占い。元銀座ホステス・開運アドバイザー 藤島佑雪先生が、今週のアナタが「ツラい」と感じること、悩むことにお...
食品ベンチャー企業「ウェルナス」が、世界で初めて「ナス」の睡眠改善効果を臨床試験で確認した。これは関与成分である「ナス由来コリンエステル」が、自律神経調に...
「資生堂」によると、男性は女性よりも肌のストレス耐性が低いことが研究によって明らかになった。
アメリカの患者支援団体である「米国心臓協会」は「唐辛子」が死亡リスクの減少に関わっているかもしれないとする研究結果を発表した。
CMや雑誌、ネットの特集などでも扱われることの多い腸内細菌。なんと、その細菌が「睡眠」にまで影響を与えていることが、米「ミズーリ大学」の医学部研究チームの...
今月、米「プリンストン大学」の研究者たちは、家庭菜園がサイクリングやウォーキング、外食と同じく「感情の幸福度」の向上に影響するという研究結果を発表。その詳...
自分で焼いてつくる、BBQ専用おせんべい「Baker」
記憶力UP・仕事が捗る・前立腺がんのリスク低下・気持ちがポジティブに。セックスと健康にまつわる意外な研究結果まとめ
重さのある布団をかぶって寝ることで、不眠症やうつ病をはじめとする精神疾患の症状を改善するとの研究結果が報告された。
「マッコーリー大学」と「シドニー大学」の研究チームが、2015年から2017年のオーストラリア・ニューサウスウェールズ州でのTwitter投稿を「We F...
野外フェスが本格的にシーズンインするこれからの季節。ライブ好きのみなさんを「科学のチカラ」が後押ししてくれそうです。Science alertの記事による...
体の酸化を食い止め、病気を予防する。そこにビールが関わってるって!?
60歳以上の普段昼寝をする1534人、しない680人の計2214人を対象に認知症のテストを受けてもらった。すると、昼寝をするグループはある3つの能力におい...
旅行へ行くとスッキリする、行く前に比べて自分の中で変化がある気がする、なんて事を経験したことがある人は多いのでは?この記事では、研究や調査結果を通して「な...
医学雑誌『Nurients』に掲載された研究結果は、コーヒーとパンを朝食にとることは、メタボリックシンドロームを抑制する可能性を明らかにした。
「京都大学」の「こころの未来研究センター」の千島雄太特別研究員らの実験によると、未来の自分を想像して手紙を書くことで、「現在の状態はずっとは続かない」とい...
ストレスを軽減するための6つの方法を紹介。どれも、科学的に証明されているものばかりなので、実践する価値アリです。ガムを噛む、眉と眉の間をマッサージするなど...
厚労省の発表によれば2012年時点での認知症患者数は、全国でおよそ462万人。2025年には65歳以上の高齢者、5人に1人が認知症になるとの予測がある。こ...
働く女子はいかなるときもストレスフル。ふと気づいたら、心も体もヘトヘトになっていませんか?会社員を経て、フリーランス、起業という道を経たライターが伝授する...
ガーデニングなど自宅で植物と触れ合うことによる健康促進、うつ症状・ストレスの低下、肥満防止効果などに着目した国産オーガニックスキンケア会社「ネオナチュラル...
『Elite Daily』のAnnakeara Stinsonさんがまとめてくれたのは、よくある「ストレスを表す夢」。実は胃腸炎になる前に、見た覚えがいく...
真夏にお餅!?って思うでしょうが、これがビールのお供に最高なんです。
今、世界中のクラフトビールファンを熱狂させる「The Veil」が、待望の日本初上陸。
リンゴとホップが織りなす爽やかなアロマにハマるシードルを見つけました。
フードロス問題に関して、アメリカ・コーネル大学が「食料品店を増やすことが、有効なフードロス対策になる」という研究結果を発表。近くに食料品店があれば、消費者...
イェール大学とオックスフォード大学の研究結果によれば「運動はメンタルヘルスに効果的」だと判明。また「運動はお金よりも人を幸せにする効果がある」との事実も。